【海外送金にかかる日数】の比較 | 海外送金ラボ

海外送金にかかる日数の比較

送金にかかる日数のイメージ写真

 

海外送金をする場合に、送金にかかる日数(受取人に資金が着金するまでの日数)は、送金方法を選ぶ場合の重要なポイントになってきます。特に、送金期限が迫っているときには、これが一番重要な選択理由にもなってきます。

 

銀行送金については、海外送金のしくみで見たように、多くの場合は中継銀行が入ってくることもあって送金日数をはっきり提示しない場合も多いです。しかし、送金先の国別に送金にかかる目安の日数をきちんと示している銀行もあり、これらの情報から大体の傾向を知ることができます。

 

ここでは、代表的な送金方法で主要通貨の海外送金にかかる日数を比較することで、おおまかな目安と傾向を確認し、どのような送金方法があるか検討してみましょう。

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

 

 

 

尚、当記事では、既に口座やアカウントを持っている状況での送金手続きをしてから着金までの日数・時間を検討しています。口座やアカウントを開いている日数がないという急ぎ・緊急の海外送金については、急ぎの海外送金方法をご参照ください。

 


海外送金にかかる日数の例(主要通貨について)

 

海外送金をする場合、多くは受取人の銀行口座へ送金することになります。

 

そこで、まずは銀行口座宛ての送金について、送金日数の目安をウェブサイトに明示している銀行・送金サービスの情報から、主要通貨の海外送金にかかる日数を把握してみましょう。

 

主要通貨の海外送金にかかる日数の目安(銀行口座宛て送金の場合)

 

米国へ

米ドル

イギリスへ

英ポンド

ドイツへ

ユーロ

オーストラリアへ

豪ドル

ニュージーランドへ

NZドル

カナダへ

カナダドル

トランスファー
ワイズ
*1

1~2営業日 同営業日 1~2営業日 0~2営業日 1営業日 24営業時間
Goレミット 1~3営業日
ドコモ海外送金 送金日当日~最大6営業日程度

ウェスタン
ユニオン

1~3営業日(銀行口座宛)
ゆうちょ銀行 *2

申込日+2~4日
程度

申込日+2~4日
程度

申込日+2~4日
程度

申込日+2~4日
程度

申込日+2~4日
程度

申込日+2~4日
程度

SMBC信託
プレスティア
*3

おおむね1週間
楽天銀行 *4

1~3
営業日

1~3
営業日

1~3
営業日

1~3
営業日

1~3
営業日

1~3
営業日

 

 

*1: トランスファーワイズのヘルプページより。それぞれトランスファーワイズからの送金後の日数。トランスファーワイズでの両替に最大2日間かかることに注意。
*2: ゆうちょ銀行の国際送金取扱国一覧の各国ページの送金日数の目安より。
*3: 海外に送金をした場合、相手先に資金が届くまでにどのくらいかかるのですか?より
*4: 楽天銀行の海外送金シミレーターより

 

銀行口座宛ての送金日数について

 

上記の例から、銀行や送金サービスを利用した銀行口座宛ての海外送金の場合には、主要通貨については数日から5日程度と捉えることができるでしょう。

 

メガバンク3行(三菱UFJ銀行、みずほ銀行、三井住友銀行)については、個別の送金先国によって違うからなのか、海外送金にかかる日数を正式なアナウンスとしてウェブサイトには公表していないようです。

 

 

個別の宛先国についての送金日数を開示している銀行・送金サービスが少ないなかで、トランスファーワイズゆうちょ銀行楽天銀行については、それぞれのサイトの送金先国の情報や送金シミュレーションにおいて、具体的な送金日数目安を出しています。送金にかかる日数の目安を知って手続きしたい場合には、これらから選ぶと安心でしょう。

 

ただし、どの方法においても、あくまで目安としての情報であってもっと長くかかる可能性もあるので、余裕を持っての準備することが大切です。

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

 

受取り人が現金で受け取る場合は最短数分

銀行口座への送金ではなく、現地で受取り人が現金で受け取ることが可能であれば、最短で数分で受け取りが可能という送金サービがあります。受取り人が現地取扱い店で現金で受け取れるケースは限られるかもしれませんが、状況が合えばとても便利で速い方法です。

 

例えば、自分自身が現地入りしてすぐに受け取る場合や、現地にいる家族への緊急の送金の場合などに利用できる方法です。また、これらの送金サービスは、1回の送金が100万円までになっています。

 

以下に、現地で現金受け取りが可能となるまでの時間がはやい3つの海外送金サービスを表にまとめました。

 

受取り人が現地取扱店で現金で受け取る場合(送金サービス)

海外送金サービス

受取人が現地取扱店で現金を受け取れるまでの時間

SBIレミット

(注意:2018年5月15日より、現在システム障害によりウェブサイトからの送金サービス休止中。)
マネーグラム社の取扱店で、最短10分程度から受け取り可能。
取扱通貨・送金可能国ともに多数。

ウェスタンユニオン

ウェスタンユニオンの取扱店で、最短数分から受け取り可能。
取扱通貨・送金可能国ともに多数。

FSA国際送金

現地の取扱店で、トレーサー番号発行後すぐに受け取り可能。
アジア9ヵ国(マレーシア、シンガポール、フィリピン、タイ、ベトナム、バングラディッシュ、カンボジア、インドネシア、ミャンマー)

 

 

金額レンジ別のおすすめの海外送金方法(銀行口座宛ての送金)

海外送金する金額が数百万円程度までの場合

 

海外送金・国際送金サービスは、銀行送金と比較して、一般的に送金にかかる時間・日数が短い傾向があり、総額の手数料も安い場合が多くなっています。1回あたりの送金限度額は100万円となっていますが、別々の送金として複数回の送金が可能な場合もあるので、送金したい金額が数百万円程度までの場合の、有力な選択肢といえます。

 

いずれの方法を選ぶにしても、【送金にかかる日数】と【送金にかかる総額コスト】の2つの点からサービスを比較する視点が大切です。ここでは、この2つの点がすぐれている送金サービスとして、トランスファーワイズをご紹介します。

 

トランスファーワイズ

  • トランスファーワイズは、銀行口座宛ての送金であれば、多くの場合で最も速いカテゴリに入ります。
  •  

  • 最も速いカテゴリに入ると同時に、多くの場合で最も安いカテゴリにも入ります。というのは、上乗せレートがない為替レートで両替されるので、為替手数料という隠れコストがないからです。(海外送金の比較で主要通貨に関して、トランスファーワイズを含めた4つの送金方法での総額の送金コストを比較していますので、参考にしてください。)

     

  • 送金先の国・通貨ごとの送金日数などの詳細については、トランスファーワイズのヘルプページを下へ進んで詳しく出てます。

     

  • 日本から海外へ送金できる金額は、1回最大100万円までですが、1日の送金の限度額設定はありません。ただし、「日本円(JPY)から送金する」ヘルプページにある説明によると、「複数の送金を分割したと見なされる場合には、送金手続きを一時停止してご連絡させていただきます」とあるので、あくまで1回の送金としては限度額が100万円である点に留意する必要があります。

     

    基本的に送金額をベースにした手数料設定となっているので、多くの場合で、数百万円までの送金であれば、第一の候補として検討するとよいでしょう。

 

 

詳細は日本語公式ページへ

トランスファーワイズの公式ページ

 

 

トランスファーワイズの特徴については、以下の記事も参考にしてくださいね。

隠れコストがないから安くて安心の海外送金

送金サービス比較のイメージ画像

隠れコストがないから安くて安心の海外送金

送金サービス比較のイメージ画像

 

海外送金する金額が数百万円を超える場合

海外送金をしたい金額が数百万円を超えてくると、(2018年時点においては)実務&安全の点から銀行送金がメインの選択肢となってきます。

 

送金額が大きくなるほど、見かけの送金手数料よりも上乗せレートからくる為替手数料の影響が大きくなります。比較がしやすい送金手数料の安さで判断しないで、総額のコストで比較をする視点が一層大切になってきます。

 

新たに口座を開いているスケジュール的な余裕がない場合には、急ぎの海外送金方法でご紹介したように、三菱UFJ銀行、SMBC信託銀行などの窓口での手続きが選択肢になってきます。

 

新たに口座を開くスケジュール的余裕があるならば、上乗せレートが他の銀行よりも比較的低く設定されている以下の2つの銀行がおすすめです。

 

 

ソニー銀行

ソニー銀行は、他の銀行と比較したときに、比較的に上乗せレートが低い設定になっており、まとまった金額の送金で総額コストを抑えることができます。

 

海外送金の手続きをネット完結できるので、窓口へ行っている時間がないという忙しい方にもおすすめです。原則として、送金限度額は1回あたり500万円相当額です。

 

 

管理人画像

 

ソニー銀行の海外送金の限度額は、1回あたり500万円相当額となっていますが、カストマーセンターへ連絡することで、一時的に1回あたりの上限額を変更することが可能な場合があります。金額が大きい送金の場合には、事前にカストマーセンターへ相談してみることをおすすめします。


 

詳しくはこちらをご参照:
ソニー銀行の海外送金の特徴と手数料>>

 

 

新生銀行(パワーフレックス口座)

海外への着金は1週間前後とやや長めの設定になっていますが、比較的に上乗せレートが低く設定されています。

 

ただし、インターネットでの海外送金には対応していないこと、初回登録は必ず窓口で手続きする必要があることから、新生銀行の店舗が近くにある場合の選択肢になるでしょう。

 

詳しくはこちらをご参照:
新生パワーフレックスの海外送金の特徴と手数料>>

 

 

【多額の送金にはFX口座を利用した海外送金が選択肢】

 

海外不動産の購入や海外移住などで、数百万円~数千万円のまとまった金額の海外送金となってくると、上記の比較的に上乗せレートが低めの銀行送金であっても、トータルの送金コストが非常に大きくなってしまいます。(特に米ドル・ユーロ以外の通貨では、合計で驚くくらいの送金コストになってしまいます。)

 

このような多額の海外送金の場合には、FX口座を利用した海外送金でご紹介したように、セントラル短資FXなどのFX口座を利用した両替をすることで、手数料をぐっと抑えることができます。FX口座開設などの多少の手間はかかってきますが、節約できる金額がとても大きいので、検討に値します。

 

FX口座を利用した両替・海外送金については、下記の記事を参考にしてくださいね。

 

 

海外送金ラボ的まとめ

 

送金にかかる日数は違えども、どの海外送金方法でも事前準備をしておくことで送金にかかるコストを抑えられますね。直前に焦っての送金手続きでは、選択肢が限られて結局は送金コストが高くついてしまいます。

 

最近は、本人確認の手続きに時間がかかるケースもあるので、海外送金を予定しているのであれば、遅くとも1ヵ月前には口座・アカウント開設の準備をはじめておきましょう。

 

費用的な節約はもちろん、ギリギリになって精神的に焦ってしまうと気持ちが落ち着きませんから、スケジュールの余裕をもって進めましょう!

 

 

慌てずに必要な情報と書類を準備しよう

情報のイメージ写真

慌てずに必要な情報と書類を準備しよう

情報のイメージ写真

 

あわせて読みませんか?~口座開設している時間がないとき

urgentのイメージ写真

あわせて読みませんか?~口座開設している時間がないとき

urgentのイメージ写真

 

2017/7/24  2018/9/24

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

スポンサーリンク


スポンサーリンク

 

 

関連ページ一覧

送金にかかる日数のイメージ写真

海外送金をする場合に、送金にかかる日数(受取人に資金が着金するまでの日数)は、送金方法を選ぶ場合の重要なポイントになってきます。特に、送金期限が迫っているときには、これが一番重要な選択理由にもなってき...

海外送金をする場合に、送金にかかる日数(受取人に資金が着金するまでの日数)は、送金方法を選ぶ場合の重要なポイントになってきます。特に、送金期限が迫っているときに...

銀行のイメージ画像

銀行を利用して海外送金する場合、支店窓口の多さと海外業務への対応内容から、メガバンク3行(三菱UFJ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行)とゆうちょ銀行を検討するケースも多いでしょう。特に、「まとまった金額...

銀行を利用して海外送金する場合、支店窓口の多さと海外業務への対応内容から、メガバンク3行(三菱UFJ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行)とゆうちょ銀行を検討するケー...

送金サービス比較のイメージ画像

少額の海外送金では、手数料が占める割合が相対的に大きくなるので、送金方法の選択が重要です。各種の海外送金サービスは、送金手数料の設定が銀行よりも低いので、少額の海外送金での有力な選択肢となってきます。...

少額の海外送金では、手数料が占める割合が相対的に大きくなるので、送金方法の選択が重要です。各種の海外送金サービスは、送金手数料の設定が銀行よりも低いので、少額の...

shinsei-comp

新生銀行では、新生総合口座パワーフレックスとGoレミット新生海外送金サービスの2種類の海外送金サービスを提供しています。どちらも送金通貨は12通貨ですが、12通貨の種類は微妙に違っていますし、手続きの...

新生銀行では、新生総合口座パワーフレックスとGoレミット新生海外送金サービスの2種類の海外送金サービスを提供しています。どちらも送金通貨は12通貨ですが、12通...