海外送金の方法

【SMBC信託銀行プレスティアの海外送金】理解しておくべき手数料と留意点

2016-08-31

「プレスティアの海外送金」の画像

SMBC信託銀行の銀行口座プレスティア(以下、記事中では「SMBC信託銀行プレスティア」)は、海外でも使えるさまざまなサービスを提供しており、国際的なライフスタイルを送ろうという方におすすめの口座です。

本記事の内容

  • SMBC信託銀行プレスティアの海外送金サービスの特徴
  • SMBC信託銀行プレスティアの海外送金サービスを利用する際の留意点
  • SMBC信託銀行プレスティアの海外送金サービスの基本的事項の整理

本記事を書いた人

  • 海外永住ビザを取得しての海外移住経験あり
  • 移住や投資を通じて「日本⇒海外」の海外送金を経験
  • 帰国後は「海外⇒日本」の海外送金を経験
  • 仕事上も小さな会社のCFOとして多様な海外送金を経験

この記事を書いているマリーは、海外送金歴かれこれ20年。いろいろな海外送金を体験してきました。

当サイトでは、海外送金・外貨両替・国際派のマネーに関する情報を、わかりやすくご紹介しています。

本記事では、SMBC信託銀行プレスティアの海外送金を利用するうえで理解しておきたい点をご紹介しますから、ぜひじっくり読んでみてください。

 

*当記事は、データの日付を個別に明記しているものを除いては、2020年7月時点での情報を参考にしています。各サービスのご利用にあたっては、必ず最新の情報をご確認ください。

 

 

スポンサーリンク

 

 

SMBC信託銀行プレスティアによる海外送金のメリット

幅広いサービスを提供

SMBC信託銀行プレスティアでは、窓口、電話、インターネットと、幅広く海外送金サービスを提供しています。

特に、インターネットでの送金限度額を超える外送金する場合には、SMBC信託銀行の窓口での手続きが選択肢となってくるでしょう。

口座を持っている個人にはリフティングチャージがかからない

口座があれば、個人はリフティングチャージがかかりません。すでに外貨へ両替済みの資金を海外へ送金する場合におすすめです。

外貨資金を海外送金するときにおすすめ

 

送金手数料の割引がある

口座残高や取引状況に応じて送金手数料に割引があります。早めに口座をつくって準備をしておくことで、手数料を節約することができます。

中継銀行の手数料が明確

中継銀行の手数料を送金人負担とすることができて、その場合の金額が1,500円と決まっています。

非居住者となっても利用継続できる

非居住者口座のサービスもあり、海外へ転居しても利用可能です。海外へ渡ってからもプレスティア オンライン(オンライン口座)を利用して、自身で海外送金の手続きが可能です。


合計の送金コストを理解する

SMBC信託銀行プレスティアの海外送金では、表面的な送金手数料に加えて、上乗せレートからくる為替手数料がかかっています。

そのため、表面的な送金手数料だけでなく、総額の送金コストをきちんと理解する必要があります。送金コストをおさえて送金したいと考える方は、為替手数料を含めた合計の送金コストを理解&別の選択肢も検討して、総合的に判断をするようにしましょう。

ここでは、別の選択肢のひとつとして、為替手数料がかからないトランスファーワイズとの比較例を掲載しますので、参考にしてください。

下の表は、30万円をオーストラリアへ豪ドルで送金しようという場合の、SMBC信託銀行プレスティアとトランスファーワイズを利用した比較シミュレーションです。(シミュレーションなので、細かい金額ではなく、全般的な傾向を知るための参考として捉えてください。)

【SMBC信託銀行プレスティアとトランスファーワイズの比較例:30万円を円⇒豪ドルでオーストラリアへ送金】*

 SMBC信託銀行プレスティアトランスファーワイズ
送金額300,000円300,000円
送金手数料3,500円 *11,940円 *2
送金できる金額(両替額)296,500円298,060円
上乗せレート1円0円
両替レート81.00円 80.00円
受取人の受取額3,660豪ドル3,726豪ドル
為替手数料3,680円 *30円
手数料合計7,180円1,940円
送金にかかる日数おおむね1週間 0-2営業日
公式サイトSMBC信託銀行プレスティアの海外送金トランスファーワイズの海外送金

*:仲値で1豪ドル=80円の場合の比較例。振込手数料、中継銀行手数料・受取手数料を無視。四捨五入して計算。
*1: 手数料割引ではない通常の場合のインターネットでの送金手数料
*2: トランスファーワイズの送金手数料計算ツールより
*3: (296,500/81 - 296,500/80) x 80 = (3,660 - 3,706) x 80 = -3,680円

表面的な送金手数料だけでなく、為替手数料を加えて手数料合計を比較すると、両者の差が開きます。 大切な資金を賢く使うためには、手数料合計で比較するという視点をもつようにしたいですね。

トランスファーワイズについて

上記の計算例からわかるとおり、トランスファーワイズには両替時の上乗せレートがありません。

そのため、一般的な海外送金で隠れコストと言われる為替手数料がないので、手数料がわかりやすいという特徴を持っています。

送金にかかる日数についても、海外送金にかかる日数・時間にあるとおり、銀行宛ての送金であれば、一番速いカテゴリに属しています。「安くて速い」海外送金方法を探している場合には、おすすめの選択肢のひとつです。

トランスファーワイズの特徴については、下記の記事も参考にしてくださいね。

オススメ!
「トランスファーワイズ海外送金」の画像
【トランスファーワイズの海外送金】隠れ手数料なしが安心!

続きを見る

 

SMBC信託銀行プレスティアによる海外送金の留意点

メガバンク等と比べて利便性の高いSMBC信託銀行のプレスティア口座の海外送金ですが、いくつか留意しておきたい点があります。

SMBC信託銀行プレスティアの海外送金利用時の留意点

口座管理手数料がかかる
 残高等の条件を満たさないと口座維持管理料が毎月2,000円かかってきます。

送金先の事前登録が必要 
プレスティア ホンバンキング、プレスティア オンライン・プレスティアモバイルによる海外送金の場合、送金先の事前登録が必要です。

為替手数料に注意 
 プレスティアでのの海外送金での両替においては、上乗せレートからくる為替手数料がかかってきます。送金コストを比較する際には為替手数料も含めた手数料合計で比べる視点が大切です。

受取手数料を送金人負担にはできない
受取手数料を送金人負担にはできないので、状況によっては受け取り側との調整が必要です。

 

多額の送金にはFX口座を利用した海外送金が選択肢

多額の海外送金の場合には、円⇒外貨への両替についてはセントラル短資FXなどのFX口座を利用した海外送金で説明した方法を利用することで、為替手数料をぐっと抑えることができます。
その後に、外貨となった資金をSMBC信託銀行プレスティアを利用して海外送金することができます。

FX口座開設などの多少の手間はかかってきますが、節約できる金額がとても大きいので、検討に値します。詳しくは、下記の記事を参考にしてください。

 

オススメ!
【FX口座での両替】多額の海外送金で手数料を節約する方法

続きを見る

 

 

スポンサーリンク

 

 

SMBC信託銀行プレスティアによる海外送金の基本的事項

1.  為替マージン(USDの例)

1ドルにつき1円
SMBC信託プレスティアの為替レート一覧表

2..  送金手数料(1件あたり)

窓口・郵送: 7,000円
プレスティア ホンバンキング: 7,000円(前々月の月間平均総取引残高が100万円相当額以上の場合、2,500円)
プレスティア オンライン: 3,500円(前々月の月間平均総取引残高が100万円以上の場合、2,000円)
プレスティアゴールドの場合には無料となる
SMBC信託プレスティアの手数料(送金・振込)一覧

3.  リフティングチャージ

口座をもっている場合は無料(個人の場合)

4.  受取手数料

受取人負担

5.  受取手数料の送金人負担

不可

6.  中継銀行手数料

1,500円(依頼人負担の場合)

7.  円送金

8.  取扱い通貨

要確認

9.  送金限度額

窓口:要確認
インターネット:一度に送金可能な金額は1,000円相当額以上、300万円相当額以下
(1日あたり海外送金の通算の取引可能回数は2回まで)

10. 送金可能国

多数

11. 送金日数

おおむね1週間(送金先による)

12. 窓口送金

13. 電話送金

プレスティア ホンバンキングにて可(送金先の事前登録が必要)

14. インターネット送金

プレスティア オンラインにて可(送金先の事前登録が必要)


*上記は、記事掲載・更新時点での個人による海外他行あて電信送金を前提にしています。ご利用に当たっては、必ず最新の詳細情報をご確認ください。

 

まとめ:海外から「日本⇒海外」への送金する場合の貴重な選択肢

SMBC信託銀行プレスティアの海外関連サービスは、他行のサービスと比較してとても充実しています。

特に、海外へ行ってからも(利用サービスに制限はあっても)口座を継続利用できるので、海外赴任・海外留学中に海外から口座を利用する場合の貴重な選択肢となります。

「国際的なキャリアを歩む」「グローバルな資産形成を考える」方にとっても、多くの点で利便性の高い口座と言えるでしょう。

ただし、海外送金については、為替手数料を含めた合計のコストを把握して、その時々の状況に応じた総合的な判断をするようにしましょう。

 

スポンサーリンク

-海外送金の方法
-,

© 2020 海外送金ラボ