【FX口座を利用した海外送金】~プロセスと手数料比較 | 海外送金ラボ

FX口座を利用した海外送金~プロセスと手数料を理解してお得に両替しよう

fxのイメージ写真

 

FX会社が提供する為替レートには高い上乗せレートがのっていないので、銀行送金、各種の海外送金・国際送金サービスと比較して、かなり有利な為替レートとなっています。

 

FX口座を利用した海外送金では、この有利なレートを使って円を外貨へ替えて、トータルでみたときの送金コストを抑えようというものです。

 

ここでは、FX口座を利用した海外送金のしくみ、FX会社ごとの手数料比較、金額や状況に応じたおすすめのFX口座について詳しくみていきましょう。

 

細かい計算例はともかく、おすすめのFX口座について早く知りたいという場合には、FX口座を利用した海外送金でおすすめのFX口座2選を直接ご参照ください。

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

 

 


FX口座を利用した海外送金のプロセス

 

状況に合ったベストなFX会社を選ぶために、まずはFX口座を利用した海外送金の全体像を把握しておきましょう。下記は、FX口座を利用して海外送金するときのプロセスを示した図です。

 

FX口座を利用した海外送金の仕組みの図

 

①円資金をFX口座へ送金

自分の銀行にある円資金を、FX会社のFX口座へ送金します。このとき通常の国内銀行間の送金手数料がかかりますが、多くのFX会社では提携銀行からの入金であれば無料となるサービスを提供しています。そのため、以下の手数料比較ではこの部分の手数料は考慮していません。

 

②FX口座において円貨⇒外貨へ両替

FX口座において、現受けまたは通貨両替というプロセスによって、円を外貨へ替えます。この際に、FX会社による手数料がかかります。

 

③FX口座から外貨を出金

FX口座からそのまま海外送金できないので、FX口座にある外貨を出金して海外送金の手続きをする銀行へ送金します。
この際に、FX会社による出金手数料・送金手数料がかかります。

 

④外貨を海外へ向けて送金

入金した外貨を外貨のまま海外へ送金します。この際に、海外送金の送金手数料がかかります。また、銀行によっては入金時のリフティングチャージ、送金時のリフティングチャージがかかります。

 

上記の②③の各手数料はFX会社によって違っていますので、どのFX口座を利用するかはこれらの手数料を考慮して決めることになります。また④の送金手数料、リフティングチャージを考慮して、海外送金の手続きをおこなう銀行口座を決めることになります。

 

 

次のコーナーでは、②の円貨⇒外貨へ両替するプロセスについて、どのような種類があるか見ていきましょう。

 

 

「通貨両替(外貨両替)」あるいは「現受け」を利用

 

FX口座を利用して円貨⇒外貨へと替えるには、通貨両替(外貨両替)と現受けという2種類の方法があります。

 

どちらもFX口座を利用しますが、取引の性質に違いがあります。

 

FX口座での通貨両替(外貨両替)と現受けの違い

 

  • 通貨両替は、FX会社によるリアルタイムの為替レートを使って円を外貨へ両替するものです。FX取引の建玉をもつ必要がありません。
  •  

  • 現受けは、FX取引(外国為替証拠金取引)の建玉をもって、決済時に外貨の現物を受け取る取引です。

 

詳しくは、下記の記事で詳しく説明をしていますので、よろしければ参考にしてください。

 

 

あわせて読みませんか?

通貨表示ボードの写真

あわせて読みませんか?

通貨表示ボードの写真

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

 

通貨両替を提供しているFX会社の手数料

 

通貨両替に対応している代表的なFX3社、セントラル短資FX、マネーパートナーズ、マネックスFXについて、その手数料を比較してみます。

 

FX会社

対象通貨

手数料・取引単位

外貨出金手数料・送金手数料

セントラル短資FX
(通貨両替)

日本円、米ドル、ユーロ、英ポンド、豪ドル、NZドル、カナダドル、スイスフラン

スプレッド片道+0.1円

0.01通貨~

三井住友銀行:無料

みずほ銀行:無料

三菱UFJ本店:無料

三菱UFJ他支店:1,000円

その他:1,500円

マネーパートナーズ
(通貨両替)

米ドル、ユーロ、英ポンド、豪ドル、NZドル、カナダドル、スイスフラン、香港ドル、シンガポールドル

スプレッド片道+0.2円
0.01通貨~

空港受取:500円

マネパカードへ振替:無料

銀行送金:2,500円(1回で2万通貨以上は無料)

マネックスFX
(通貨両替)

日本円、米ドル、ユーロ

スプレッド片道+0.2円

0.01通貨~

1回あたり2,000円

FX会社

セントラル短資FX
(通貨両替)

対象通貨 日本円、米ドル、ユーロ、英ポンド、豪ドル、NZドル、カナダドル、スイスフラン

手数料・
取引単位

スプレッド片道 + 0.1円
0.01通貨~

外貨出金手数料・
送金手数料

三井住友銀行:無料
みずほ銀行:無料
三菱UFJ本店:無料
三菱UFJ他支店:1,000円
その他:1,500円

FX会社

マネーパートナーズ
(通貨両替)

対象通貨 米ドル、ユーロ、英ポンド、豪ドル、NZドル、カナダドル、スイスフラン、香港ドル、シンガポールドル

手数料・
取引単位

スプレッド片道+0.2円

0.01通貨~

外貨出金手数料・
送金手数料

1回あたり2,500円
1回で2万通貨以上は無料
空港受取は1回500円

FX会社

マネックスFX
(通貨両替)

対象通貨 日本円、米ドル、ユーロ

手数料・
取引単位

スプレッド片道+0.2円

0.01通貨~

外貨出金手数料・
送金手数料

1回あたり2,000円

 

 

現受けを提供しているFX会社の手数料

 

次に、現受けに対応している代表的なFX4社、YJFX!、セントラル短資FX、マネーパートナーズ、上田ハーローについて、その手数料を比較してみます。

 

FX会社

対象通貨

手数料・取引単位

外貨出金手数料・送金手数料

YJFX!
(現受け)

日本円、米ドル、ユーロ、英ポンド、豪ドル、NZドル、カナダドル、スイスフラン、香港ドル

スプレッド片道

1,000通貨~

香港ドルのみ10,000通貨~

1回あたり1,500円

セントラル短資FX
(現受け)

日本円、米ドル、ユーロ、英ポンド、豪ドル、NZドル、カナダドル、スイスフラン

スプレッド片道

手数料:10,000通貨あたり500円

10,000通貨~

三井住友銀行:、無料

みずほ銀行:無料

東京三菱UFJ本店:無料

東京三菱UFJ他支店:1,000円

その他:1,500円

マネーパートナーズ
(現受け)

 

米ドル、ユーロ、英ポンド、豪ドル、NZドル、カナダドル、スイスフラン、香港ドル、シンガポールドル

スプレッド片道+0.1円

100通貨~

空港受取:500円

マネパカードへ振替:無料

銀行送金:2,500円(1回で2万通貨以上は無料)

上田ハーロー
(現受け)

米ドル、ユーロ、英ポンド、豪ドル、NZドル、カナダドル、スイスフラン、香港ドル、シンガポールドル

スプレッド片道+0.1円

1,000通貨~

香港ドルのみ10,000通貨~

三菱UFJ本店:無料

三菱銀行UFJ他支店:1,000円

三井住友銀行日本橋支店:無料

三井住友銀行他支店:1,500円

その他:3,000円

FX会社

YJFX!
(現受け)

対象通貨 日本円、米ドル、ユーロ、英ポンド、豪ドル、NZドル、カナダドル、スイスフラン、香港ドル

手数料・
取引単位

スプレッド片道

1,000通貨~

香港ドルのみ10,000通貨~

外貨出金手数料・
送金手数料

1回あたり1,500円
FX会社

セントラル短資FX
(現受け)

対象通貨 日本円、米ドル、ユーロ、英ポンド、豪ドル、NZドル、カナダドル、スイスフラン

手数料・
取引単位

スプレッド片道
手数料:10,000通貨あたり500円

10,000通貨~

外貨出金手数料・
送金手数料

三井住友銀行:無料
みずほ銀行:無料
三菱UFJ本店:無料
三菱UFJ他支店:1,000円
その他:1,500円

FX会社

マネーパートナーズ
(現受け)

対象通貨 米ドル、ユーロ、英ポンド、豪ドル、NZドル、カナダドル、スイスフラン、香港ドル、シンガポールドル

手数料・
取引単位

スプレッド片道+0.1円
100通貨~ (ただし、FX Nanoでの取扱いが一時的に中止中のため、実質的には1万通貨以上(2017年8月現在)

外貨出金手数料・
送金手数料

1回あたり2,500円
1回で2万通貨以上は無料

FX会社

上田ハーロー
(現受け)

対象通貨 米ドル、ユーロ、英ポンド、豪ドル、NZドル、カナダドル、スイスフラン、香港ドル、シンガポールドル

手数料・
取引単位

スプレッド片道+0.1円

1,000通貨~

香港ドルのみ10,000通貨~

外貨出金手数料・
送金手数料

三菱UFJ本店:無料
三菱UJF他支店:1,000円
三井住友銀行日本橋支店:無料
三井住友銀行他支店:1,500円
その他:3,000円

 

100万円をFX口座を使って両替するときの手数料比較

 

FX口座を使って、100万円を米ドルへ両替するときの手数料を比較してみます。

 

 

手数料

出金手数料

送金手数料

合計

YJFX!(現受け)

0 1,500円 1,500円;<最安2>

セントラル短資FX

(通貨両替)

818円

三菱UFJ本店・三井住友・みずほ:無料

三菱UFJ他支店:1,000円

その他:1,500円

三菱UFJ本店・三井住友・みずほ:818円<最安1>

三菱UFJ他支店:1,818円

その他:2,318円

セントラル短資FX

(現受け)

最低単位以下のため取引対象外

マネーパートナーズ

(通貨両替)

1,814円 銀行:2,500円

マネパカードへ:1,841円
銀行送金:4,341円

マネーパートナーズ

(現受け)

最低単位以下のため取引対象外
(2017年8月現在、FX Nanoでの現受けの取扱いを中止しているため)

マネックスFX

(通貨両替)

1,814円 2,000円 3,814円

上田ハーロー(現受け)

最低単位以下のため取引対象外

 

上記は、1米ドル=110円のときの計算例です。
スプレッドは桁が2桁小さいので無視しています。
・100万円を@110円で両替したときに得られる米ドル額 1,000,000 / 110 = 9,090.09米ドル

 

・100万円を@110.2円で両替したときに得られる米ドル額 1,00,000 / 110.2 = 9,074.41米ドル
・手数料が1通貨あたり0.2円のときの手数料額 9,090.09 - 9,074.41 = 16.49(= 1,814円)

 

・100万円を@110.1円で両替したときに得られる米ドル額 1,000,000 / 110.1 = 9,082.65米ドル
・手数料が1通貨あたり0.1円のときの手数料額 9,090.09 - 9,082.65 =7.44米ドル(= 818円)

300万円をFX口座を使って両替するときの手数料比較

 

次に、FX口座を使って、300万円を米ドルへ両替するときの手数料を比較してみましょう。

 

 

手数料

出金手数料

送金手数料

合計

YJFX!(現受け)

0 1,500円 1,500円<最安>

セントラル短資FX

(通貨両替)

2,725円

三菱UFJ本店・三井住友・みずほ:無料

三菱UFJ他支店:1,000円

その他:1,500円

三菱UFJ本店・三井住友・みずほ:2,725円

三菱UFJ他支店:3,725円

その他:4.225円

セントラル短資FX

(現受け)

1,500円

三菱UFJ本店・三井住友・みずほ:無料

その他:1,500円

三菱UFJ本店・三井住友・みずほ:1,500円<最安>

三菱UFJ他支店:2,500円

その他:3,000円

マネーパートナーズ

(通貨両替)

5,445円 2,500円 7,945円

マネーパートナーズ

(現受け)

2,725円

2,500円

5,225円

マネックスFX

(通貨両替)

5,445円

2,000円 7,445円

上田ハーロー

(現受け)

2,725円

三菱銀行UFJ他支店:1,000円

三井住友銀行日本橋支店:無料

三井住友銀行他支店:1,500円

その他:3,000円

三菱UFJ本店:2,725円

三菱銀行UFJ他支店:3,725円

三井住友銀行日本橋支店:2,725円

三井住友銀行他支店:4,225円

その他:5,725円

 

上記は、1米ドル=110円のときの計算例です。
スプレッドは桁が2桁小さいので無視しています。
・300万円を@110円で両替したときに得られる米ドル額 3,000,000 / 110 = 27,272.73米ドル

 

・300万円を@110.2円で両替したときに得られる米ドル額 3,00,000 / 110.2 = 27,223.23米ドル
・手数料が1通貨あたり0.2円のときの手数料額 27,272,73 - 27,223,23 = 49.5米ドル(= 5,445円)

 

・300万円を@110.1円で両替したときに得られる米ドル額 3,000,000 / 110.1 = 27,247.96米ドル
・手数料が1通貨あたり0.1円のときの手数料額27,272,73 - 27,247.96 = 24.77米ドル(= 2,725円)

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

 

FX口座を利用した海外送金でおすすめのFX口座2選

 

総合的な「両替コスト」&「わかりやすさ」ならセントラル短資FX

 

セントラル短資FXでは、日本国内だけでなく、海外へ転居してからも口座を継続できます。そのため、一度に両替をするのではなくて、日本・海外という場所を問わずに、長い期間にわたって両替をしていきたいケースにも向いています。

 

たとえば、海外移住や海外ロングステイのほか国際結婚などで、向こう数年間にわたって海外にも滞在しつつ資金を円から外貨へ替えていくという場合に最適です。

 

  • 海外に滞在したり、海外へ転居してからも利用できるので、出国前に慌てて両替をする必要がありません。国内にいても海外にいても、為替の動きを見て円高のときに両替をすることができるので、総合的にコストを抑えることにつながります。
  •  

  • 通貨両替と現受けの両方に対応しています。FX取引にあたる現受けを理解しづらい場合には、わかりやすい通貨両替を利用できます。
  •  

  • 海外からの外貨での入金が可能なので、将来的に外貨から日本円への両替にも利用可能です。「日本への帰国時」「海外不動産を売却後の日本への送金時」の両替にも利用できます。海外勤務や海外ロングステイで、将来的には海外から日本へ資金を移す可能性があるという場合にも、セントラル短資FXの口座は役にたつでしょう。
  •  

  • 両替はもちろん、通常のFX取引を海外から日本語サイトで利用したいという場合にも使えます。滞在国の法令に留意する必要はありますが、海外赴任や海外移住の際にも口座をもっていると便利でしょう。
  •  

  • グローバルに資産運用していきたい方、日本と海外を行ったり来たりのライフスタイルを考えている方にもおすすめです。

 

 

海外に長く滞在する場合や海外へ渡ってから不動産購入を予定している場合には、長期に渡って円から外貨へ移す総額も大きくなります。円から外貨へ移す総額が大きいほど、セントラル短資FXの両替の日本でも海外でも利用できるというメリットは大きくなります。

 

海外へ転居してからもお得に両替できる方法があることで、日本を出発する前に焦って両替したり送金したりしないで済むという点も、結果として資金を有効に使うことにつながりそうですね。

 

詳細は公式ページへ

FXダイレクトプラス

 

 

 

一括の両替であればYJFX!

 

YJFX!は、手数料が1回あたり1,500円という設定です。

 

  • 手数料が送金額に比例しないので、金額が大きくなっても手数料が安く済みます。(ただし、海外へ行く予定の場合には、一度に両替する必要がなくても出国前に両替することとなり、為替レートの動きによっては、結果として総額で必要となるコストで割高になってしまう可能性がある点には留意しましょう。)
  •  

  • 通貨両替には対応していないので、現受けを使って円を外貨へ替えることになります。この場合、建玉をもつことになりますので、FX取引の仕組みをきちんと理解する必要があります。
  •  

  • 海外では利用できません。海外在住、一時的な海外滞在での海外からの取引も不可となっています。一括して両替する、海外転居の予定はない、という場合におすすめです。
  •  

  • 海外からの入金ができないので、将来的に帰国時や海外から外貨を円へお金を戻す方法として、直接には利用できません。

 

2つのFX口座を賢く使い分ける

どちらの口座にするかを迷ったら、2つのFX口座をもって、状況に応じて使い分けるという方法もおすすめです。

特に、日本と海外を行ったり来たりするという国際的なライフスタイルの方であれば、為替が自分が望む方向へ動いたときにタイムリーに両替・取引できるように、日本と海外で使えるFX口座を準備しておくのがポイントです。アカウントの開設には費用はかかりません。

 

どちらを選んでも、あるいは両方の口座を利用しても、他の方法より節約できる為替手数料はぐっと大きくなります。

 

口座開設にはある程度の日数がかかりますので、余裕をもって準備をしましょう。

 

FX口座で両替後には銀行へ出金して海外送金

 

FX口座での両替が終わったら、FX口座を利用した海外送金のプロセスでの③にあたるFX口座から外貨への出金、④にあたる外貨を海外へ向けて送金のプロセスとなります。

 

FX口座を使って為替手数料を節約して両替できた外貨資金ですから、ここで使う銀行についても、FX会社⇒銀行⇒海外銀行という外貨の流れにかかる手数料合計ができるだけ小さくなる銀行を選ぶようにしましょう。

 

詳細については、下記の記事に整理をしていますので、参考になさってください。

 

 

海外送金ラボ的まとめ

 

FX口座を利用しての両替のメリットは、なんといっても為替コストの節約です。FX口座での上乗せレートは、銀行のものよりも桁違いに小さいので、節約できる金額も大きいです。

 

特に、海外留学の学費の送金、海外投資や海外不動産購入のための送金のように大きな金額の送金であれば、FX口座を使って両替することで送金コストが大きく抑えられます。

 

自分の状況にあったFX口座で外貨両替をおこない、賢く有効に資金を使いたいものですね。

 

 

2016/9/16  2018/8/7

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

スポンサーリンク


スポンサーリンク

 

 

関連ページ一覧

fxのイメージ写真

FX会社が提供する為替レートには高い上乗せレートがのっていないので、銀行送金、各種の海外送金・国際送金サービスと比較して、かなり有利な為替レートとなっています。FX口座を利用した海外送金では、この有利...

FX会社が提供する為替レートには高い上乗せレートがのっていないので、銀行送金、各種の海外送金・国際送金サービスと比較して、かなり有利な為替レートとなっています。...

FX口座のイメージ画像

当サイトの読者の方には、海外就職や海外勤務で海外に長期に住む方、海外移住やロングステイで海外に人生の拠点を移す方がいらっしゃいます。そのような場合、ある程度まとまった金額の海外送金では、当サイトでもご...

当サイトの読者の方には、海外就職や海外勤務で海外に長期に住む方、海外移住やロングステイで海外に人生の拠点を移す方がいらっしゃいます。そのような場合、ある程度まと...

FX取引を利用した海外送金のイメージ写真

FX口座を利用した海外送金では、FX口座にある外貨を銀行口座へ出金し、その銀行口座から海外へ銀行送金をすることになります。どの銀行を選ぶかによって、外貨を海外へ向けて送金にかかる費用が変わってきます。...

FX口座を利用した海外送金では、FX口座にある外貨を銀行口座へ出金し、その銀行口座から海外へ銀行送金をすることになります。どの銀行を選ぶかによって、外貨を海外へ...

通貨表示ボードの写真

FX口座を利用して円⇒外貨へ替えるときには、FX会社が提供する「両替」あるいは「現受け」というプロセスによりおこなうことになります。FX会社が提供する有利な為替レートを使って外貨を円へ替えるという点で...

FX口座を利用して円⇒外貨へ替えるときには、FX会社が提供する「両替」あるいは「現受け」というプロセスによりおこなうことになります。FX会社が提供する有利な為替...