海外送金の方法

セントラル短資FXで両替コスト節約【国際派向けFX口座】

2016-09-16

セントラル短資FXで海外送金の両替コストを抑える方法

海外送金の両替に使うFX口座を選ぶにあたっては、安心して長期で利用できるFX口座であることが第一条件になります。

というのは、大きな金額を日本⇒海外へ送金する場合、将来的には海外⇒日本への再送金をも視野に入れておく必要があるからです。

そのため、「長期にわたり安定経営」「手数料がリーズナブル」という点を踏まえて利用するFX口座を選ぶことが大切です。

このような視点を総合的に考えておすすめなのがセントラル短資FXです。

この記事では、「両替のできるFX口座を検討中」という方を対象に、以下のことをご説明いたします。

本記事の内容

  • 海外送金での両替にセントラル短資FXがおすすめの理由
  • セントラル短資FXがおすすめの状況別シチュエーション

*当記事は、データの日付を個別に明記しているものを除いては、2021年7月時点での情報を参考にしています。各サービスのご利用にあたっては、必ず最新の情報をご確認ください。
当記事では「日本から海外への送金」の場合を説明しています。「海外から日本への送金」時にセントラル短資FXを使って両替をしようと考えている方は、下記の記事を参考にしてください。

セントラル短資FXで外貨を円へ両替
セントラル短資FXで外貨を円へ両替【海外から日本への送金後に両替する】

続きを見る

 

 

FXダイレクトプラス

 

 

セントラル短資FXはFX口座を利用した海外送金の両替におすすめ

海外赴任・留学・移住などでこれから海外へ移り住んだり、あるいは不動産などの海外投資をしたり・・・と、国際的なキャリア国際派ライフスタイルを歩む人には、「日本から海外」あるいは「海外から日本」への海外送金が必要となるタイミングが、長い人生で何度となく訪れます。

海外送金時の両替で利用するFX口座を選ぶ際には、安心して長期的に利用できるFX口座としてセントラル短資FXが有力な選択肢になります。

国際的のお金周りの準備のひとつとして、セントラル短資FXをおすすめするする理由は、以下のとおりです。

セントラル短資FXの両替をおすすめする理由

  • 信用力と安心:セントラル短資FXは、日本のFX専業会社で唯一長期信用格付けを取得しています。Quality FXを企業理念としており、大切な資金を託せる会社として選ぶことができます。(セントラル短資グループは、インターバンク市場で資金為替の仲介業務を主に行なう金融グループで、金融界で100年以上の歴史をもつ会社です。)
  • わかりやすい「両替」サービスを提供:多額の両替では取引の理解が必須となりますが、セントラル短資FXでは通常の外貨両替の概念で理解できる「両替」サービスを提供しています。「両替」は、FX口座に特有の建玉や証拠金といった用語を理解する必要がある「受渡し」とは異なり、わかりやすい取引です。
    (両替と受渡の違いに関しては、FX口座で「両替」あるいは「現受」を利用を参考にしてください。)
  • リーズナブルな手数料設定:セントラル短資FXの両替手数料は、とてもリーズナブルに設定されています(下記の比較を参照)。
  • 8通貨の通貨ペアにてサービスを提供*:セントラル短資FXの両替・受渡では、日本円・米ドル・ユーロ・英ポンド・豪ドル・ニュージーランドドル・カナダドル・スイスフランの8通貨について、サービスを提供しています*。日本からアジアへの送金はUSドルで行なわれる場合も多いことを考慮すると、赴任・留学・移住・投資などでの大きな海外送金のほとんどのケースに対応できます。
    *:両替では日本円と外貨の組合せのみ可、受渡しでは、外貨同士の組み合わせも可能。

 

以下は、1,000万円を米ドルへ両替して海外へ送金する際の、以下のケースにおける参考計算例です。
・FX会社の両替機能で両替⇒出金⇒SMBC信託銀行を使って海外へ送金
・三菱UFJ銀行で、両替&海外送金

通貨や両替&送金する金額によって結果は違って来る場合があるので、傾向を知るための一つの参考例として捉えてください。

【1000万円をFX口座を利用して米ドルへ両替⇒米国へ送金する場合の比較例】*

  セントラル短資FX
(両替)
+SMBC信託銀行(窓口)
マネーパートナーズ
(両替)
+SMBC信託銀行

三菱UFJ銀行(窓口)
参考比較として掲載

両替額 10,000,000円 10,000,000円 10,000,000円
スプレッド片道 *1 0.001円 0.0015円 1円
1通貨当たり手数料 0.1円 0.2円 -
両替レート 110.101円 110.2015円 111.0000円
両替後の外貨 USD 90,826 USD 90,743 USD 90,090円
為替手数料 9,130円 *2 18,260円 *3 90,090円 *4
両替・受渡手数料 0円 0円 -
出金の手数料 1,500円 2,500円 -
海外への送金手数料  7,000円 *5 7,000円 *5 7,500円 *6
手数料合計 17,630円 27,760円 97,590円

*: 1米ドル=110円の場合の計算例。簡便のため四捨五入。
*1: 通常時のスプレッドを利用。
*2: (10,000,000/110.101 - 10,000,000/110) x 110 = (90,826 - 90,909) x 110 = -9,130円
*3: (10,000,000/110.2015 - 10,000,000/110) x 110 = (90,743 - 90,909) x 110 = -18,260円
*4: (10,000,000/110.2015 - 10,000,000/110) x 110 = (90,090 - 90,909) x 110 = -90,090円
*5: SMBC信託銀行の窓口での優遇なしでの海外送金手数料
*6: 三菱UFJ銀行の窓口での海外他行宛て送金手数料

・上記例でのセントラル短資FXでは、ダイレクトプラスの両替機能を使っています。
・FX会社の両替後の資金を海外へ送金するのには、SMBC信託銀行プレスティアを使っています。両替後の外貨を外貨のまま送金する際のおすすめ銀行については、以下の記事を参考にしてください。

 

セントラル短資FXがおすすめの状況別シチュエーション

海外赴任・留学・移住における多額の海外送金における両替

海外勤務や留学、さらには海外移住となると、数百万円から数千万円という大きな金額の海外送金となります。

上記の比較例でみたように、両替においては為替レートの差によるコスト差は大きく、最終的に円から外貨へ両替する金額が大きければ大きいほど、その影響は大きくなります。

そのため、(1)「為替レートかかる手数料が安い両替方法」を選ぶと同時に、(2)「為替レートの動向が有利なタイミングで両替できる方法」を選ぶことが、総額コストの節約につながります。

このような視点でみると、セントラル短資FXは、下記のとおりに特筆すべき特徴を持っています。

  1. 両替」と「受渡」の両方を提供:通貨、金額、FX取引への理解度などに応じて、状況に合う方法を選べる
  2. わかりやすい「両替」機能を提供:「両替」機能を使えば、特別にFX取引の用語を理解する必要がなく安心して取引できる。
  3. 多額の両替には「受渡」機能を使える:「受渡」機能では、1回の数量上限1,000,000通貨まで対応している。
  4. 両替にかかる為替手数料が安い:「銀行など他の一般的な両替方法と比較して各段に手数料が安い。
  5. 両替のタイミングを選べる:為替レートの動向が有利なタイミングで両替をしておくことができる。

 

セントラル短資FXには、スタンダードなFX取引のFXダイレクトプラスと、システムトレードのセントラルミラートレーダーがあります。通貨の両替を想定している場合には、FXイレクトプラスの口座開設になります。

時期によって開催されているキャンペーンを利用すると、お得に口座開設できます。

 

《 FX口座を利用した両替で為替手数料を節約!》

セントラル短資FXの公式サイト

※海外へ行ってもつかる貴重なFX口座

 

海外投資における海外送金の両替

海外投資、不動産購入などにおいては、数千万円以上の海外送金になるケースが多くあります。

そのような場合には、投資開始時点で円⇒外貨への両替にFX口座を用いて為替手数料を抑えることに加えて、最終的に投資終了時に外貨⇒円へ戻す方法を考えておく必要があります。

つまり、「円⇒外貨」での両替における手数料節約だけでなく、「外貨⇒円」の両方における手数料節約も考慮する必要があります。

セントラル短資FXでは、セントラル短資FXで外貨を円へ両替で説明しているように、外貨を円へ戻す際にも両替機能を使うことが可能です。この方法は、両替のタイミングを為替レートが有利な時期を選んで行うことができるという点も、コストの節約につながります。

  1. 海外から日本の銀行へ外貨のまま送金
  2. 日本の銀行から外貨をセントラル短資FXへ送金
  3. セントラル短資FXの両替機能を使って外貨⇒日本円へ両替
  4. 両替された日本円を日本の銀行へ出金

2021年7月に変更があり、セントラル短資FXでは「海外在住の場合は口座解約となる」「海外在住者の口座開設は認められない」「海外口座からの送金は証拠金として認められない」ことになりました。
したがって、セントラル短資FXでの両替にあたっては、「国内に住所がある」「国内の銀行からの入金」が前提となる点に留意しましょう。

 

セントラル短資FXの両替機能を利用するには、以下のリンクからFXダイレクトプラスの口座開設へ進むことで可能となります。

口座開設にあたってのキャンペーンが実施されているときもありますから、キャンペーンをうまく利用してお得に口座開設するとよいですね。

《 FX口座を利用した両替で為替手数料を節約!》

セントラル短資FXの公式サイト

※国際派に必携の金融ツール!

 

まとめ:セントラル短資FXは国際派におすすめの貴重な金融ツール

セントラル短資FXのFX口座をもっておけば、いろいろな視点で長期的な両替コストの節約に役立ちますね。

海外送金はもちろん、赴任・留学・移住・投資などの人生の大きな節目が想定されるのであれば、早めに口座開設をして、両替の準備をスタートさせましょう。

セントラル短資FXはこんな方におすすめ

  • まとまった金額の海外送金で両替コストを節約したい
  • 海外投資で国際的な資産形成を考えている
  • わかりやすい「両替」機能を使いたい

 

-海外送金の方法
-, ,

© 2021 海外マネーラボ