海外送金の基本

【具体例】海外送金手数料を異なる方法で比較【50万円送金の場合】

2018-09-30

【具体例】海外送金手数料を異なる方法で比較【50万円送金の場合】

海外送金の方法を探そうというとき、事前知識として「選ぶ方法によって手数料の総コストがどのくらい違ってくるのか?」の目安を理解して具体的なリサーチに進むのが近道です。

この記事では、「これから海外送金方法を具体的に決める」という方を対象に、以下のことをご説明します。

本記事の内容

  • 50万円を特徴の異なる4つの方法で海外送金するときの総額の送金コストのシミュレーション
  • このシミュレーションを主要通貨(米ドル、ユーロ、英ポンド、カナダドル、豪ドル、NZドル)での具体的計算例

本記事を書いた人

  • 海外永住ビザを取得しての海外移住経験あり
  • 移住や投資を通じて「日本⇒海外」の海外送金を経験
  • 帰国後は「海外⇒日本」の海外送金を経験
  • 仕事上も小さな会社のCFOとして多様な海外送金を経験

この記事を書いているマリーは、海外送金歴かれこれ20年。いろいろな海外送金を体験してきました。

当サイトでは、海外送金・外貨両替・国際派のマネーに関する情報を、わかりやすくご紹介しています。

実際の送金コストは、送金額・通貨・為替レートによって変わってきますが、このシミュレーションを通じて、送金コストの大小の全体的傾向を把握することはできます。海外送金の方法を検討する際のファーストステップとして参考にしてください。

*当記事は、データの日付を個別に明記しているものを除いては、2020年8月時点での情報を参考にしています。各サービスのご利用にあたっては、必ず最新の情報をご確認ください。

 

主要通貨の送金コストの比較シミュレーション

ここでは、特徴の異なる以下の4つの方法で50万円を主要6通貨で海外送金をする際の送金コストを比較してみます。

  • トランスファーワイズ:為替手数料がかからないので、手数料がわかりやすい送金方法です。
  • 三菱UFJ銀行:メガバンクのなかで海外送金に強いと言われています。窓口でもインターネットでも手続き可能ですが、ここでは窓口送金を比較対象として選びました。
  • ゆうちょ銀行:ゆうちょダイレクト(インターネット)での送金を選びました。手数料は高くなりますが、窓口送金も可能です。
  • ソニー銀行:ネット銀行の代表としてソニー銀行を選びました。他のネット銀行よりも総額の送金コストが安い傾向にあります。

 

当ページでのシミュレーションは傾向を把握する目的のため概算ですので、細かい金額ではなく、全般的な傾向を知るための参考として捉えてください。

また、実際には送金方法によって振込手数料、中継銀行手数料などが別途かかりますし、通貨の種類や金額によって結果が違ってくる場合もあります。

そのため、あくまで一定の条件&情報をもとにシュミレーションした一例に過ぎない点を了解したうえで、ご参照ください。

各サービスをご利用の際には、必ず最新の情報を確認するようにお願いします。

 

米ドル送金の手数料比較例

米国へ50万円を米ドル送金する場合の手数料計算例

   ←スマホの方は横スクロールできます→
 トランスファーワイズ (インターネット)三菱UFJ銀行 (窓口の場合)ゆうちょ銀行 (インターネットの場合)ソニー銀行 (インターネット)
送金額500,000円500,000円500,000円500,000円
送金手数料3,261円7,500円 (窓口&口座引き落とし)3,000円 (ゆうちょダイレクト)3,000円 (優遇なし)
送金できる金額(両替額)496,739円492,500円497,000円497,000円
両替レート *1110円 111円111円110.15円 (優遇なし)
受取人の受取額4,516米ドル4,437米ドル4,477米ドル4,512米ドル
為替手数料0円4,400円 *24,510円 *3660円 *4
手数料合計 *13,261円【最安】11,900円7,510円3,660円
詳細ページトランスファーワイズの海外送金三菱UFJ銀行の海外送金ゆうちょ銀行の海外送金ソニー銀行の海外送金

*1: 仲値で1USドル=110円の場合の比較例。振込手数料、中継銀行手数料、受取手数料を無視。四捨五入して計算。
*2: (492,500/111 - 492,500/110) x 110 = (4,437 - 4,477) x 110 = -4,400円
*3: (497,000/111- 497,000/110) x 110 = (4,477 - 4,518) x 110 = -4,510円
*4: (497,000/110.15 - 497,000/110) x 110 = (4,512 - 4,518) x 110 = -660円

 

上記の比較例から、上乗せレートがあるとその分だけ両替レートが高くなっていることがわかります。そのため、表面的な送金手数料に大きな差はなくても、上乗せレートからくる為替手数料を考慮した総額の送金コストでは大きな差が生じるのです。


【トランスファーワイズについて】

上記の計算例からわかるとおり、トランスファーワイズには両替時の上乗せレートがありません。そのため、一般的な海外送金で隠れコストと言われる為替手数料がないので、手数料がわかりやすいという特徴を持っています。 送金にかかる日数についても、海外送金にかかる日数の比較にあるとおり、銀行宛ての送金であれば、一番速いカテゴリに属しています。「安くて速い」海外送金方法を探している場合には、おすすめの選択肢のひとつです。

トランスファーワイズの特徴については、下記の記事も参考にしてくださいね。

オススメ!
「トランスファーワイズ海外送金」の画像
【トランスファーワイズの海外送金】隠れ手数料なしが安心!

続きを見る

 

ユーロ送金の手数料比較例

ユーロ圏へ50万円をユーロ送金する場合の手数料計算例

   ←スマホの方は横スクロールできます→
 トランスファーワイズ (インターネット)三菱UFJ銀行 (窓口の場合)ゆうちょ銀行 (インターネットの場合)ソニー銀行 (インターネット)
送金額500,000円500,000円500,000円500,000円
送金手数料3,189円7,500円   (窓口&口座引き落とし)3,000円 (ゆうちょダイレクト)3,000円 (優遇なし)
送金できる金額(両替額)496,811円492,500円497,000円497,000円
両替レート *1130円 131.5円131.5円130.15円 (優遇なし)
受取人の受取額3,822ユーロ3,745ユーロ3,779ユーロ3,819ユーロ
為替手数料0円5,590円 *25,720円 *3520円 *4
手数料合計 *13,189円【最安】13,090円8,720円3,520円
詳細ページトランスファーワイズの海外送金三菱UFJ銀行の海外送金ゆうちょ銀行の海外送金ソニー銀行の海外送金

*1: 仲値で1ユーロ=130円の場合の比較例。振込手数料、中継銀行手数料、受取手数料を無視。四捨五入して計算。
*2: (492,500/131.5 - 492,500/130) x 130 = (3,745 - 3,788) x 130 = -5,590円
*3: (497,000/131.5 - 497,000/130) x 130 = (3,779 - 3,823) x 130 = -5,720円
*4: (497,000/130.15 - 497,000/130) x 130 = (3,819 - 3,823) x 130 = -520円

 

英ポンド送金の手数料比較例

イギリスへ50万円を英ポンド送金する場合の手数料計算例

   ←スマホの方は横スクロールできます→   ←スマホの方は横スクロールできます→
 トランスファーワイズ (インターネット)三菱UFJ銀行 (窓口の場合)ゆうちょ銀行 (インターネットの場合)ソニー銀行 (インターネット)
送金額500,000円500,000円500,000円500,000円
送金手数料3,192円7,500円   (窓口&口座引き落とし)3,000円 (ゆうちょダイレクト)3,000円 (優遇なし)
送金できる金額(両替額)496,808円492,500円497,000円497,000円
両替レート *1145円 149円149円145.45円 (優遇なし)
受取人の受取額3,426英ポンド3,305英ポンド3,336英ポンド3,416.98英ポンド
為替手数料0円13,340円 *213,340円 *31,595円 *4
手数料合計 *13,192円【最安】20,840円16,340円4,595円
詳細ページトランスファーワイズの海外送金三菱UFJ銀行の海外送金ゆうちょ銀行の海外送金ソニー銀行の海外送金

*1: 仲値で1英ポンド=145円の場合の比較例。振込手数料、中継銀行手数料、受取手数料を無視。四捨五入して計算。
*2: (492,500/149 - 492,500/145) x 145 = (3,305 - 3,397) x 145 = -13,340円
*3: (497,000/149 - 497,000/145) x 145 = (3,336 - 3,428) x 145 = -13,340円
*4: (497,000/145.45 - 497,000/145) x 145 = (3,417 - 3,428) x 145 = -1,595

英ポンドになると、米ドル・ユーロ以上に、上乗せレートが大きくなっており、それからくる為替手数料がぐっと高くなります。表面的な送金手数料だけの比較と、手数料合計の比較では、まったく順位が違っているのがわかりますね。 

 

カナダドル送金の手数料比較例

カナダへ50万円をカナダドル送金する場合の手数料計算例

   ←スマホの方は横スクロールできます→
 トランスファーワイズ (インターネット)三菱UFJ銀行 (窓口の場合)ゆうちょ銀行 (インターネットの場合)ソニー銀行 (インターネット)
送金額500,000円500,000円500,000円500,000円
送金手数料3,395円7,500円   (窓口&口座引き落とし)3,000円 (ゆうちょダイレクト)3,000円 (優遇なし)
送金できる金額(両替額)496,605円492,500円497,000円497,000円
両替レート *180円 81.6円81.6円81.45円 (優遇なし)
受取人の受取額6,208カナダドル6,036カナダドル6,091カナダドル6,178カナダドル
為替手数料0円9,600円 *29,760円 *32,800円 *4
手数料合計 *13,395円【最安】17,100円12,760円5,800円
詳細ページトランスファーワイズの海外送金三菱UFJ銀行の海外送金ゆうちょ銀行の海外送金ソニー銀行の海外送金

*1: 仲値で1カナダドル=80円の場合の比較例。振込手数料、中継銀行手数料、受取手数料を無視。四捨五入して計算。
*2: (492,500/81.6 - 492,500/80) x 80 = (6,036 - 6,156) x 80 = -9,600円
*3: (497,000/81.6 - 497,000/80) x 80 = (6,091 - 6,213) x 80 = -9,760円
*4: (497,000/80.45 - 497,000/80) x 80 = (6,178 - 6,213) x 80 = -2,800円

カナダドルになってくると、米ドル・ユーロで上乗せレートの影響が比較的に小さかったソニー銀行であっても為替手数料が大きくなっているのがわかります。

 

オーストラリアドル送金の手数料比較例

オーストラリアへ50万円を豪ドル送金する場合の手数料計算例

   ←スマホの方は横スクロールできます→
 トランスファーワイズ (インターネット)三菱UFJ銀行 (窓口の場合)ゆうちょ銀行 (インターネットの場合)ソニー銀行 (インターネット)
送金額500,000円500,000円500,000円500,000円
送金手数料3,1917,500円   (窓口&口座引き落とし)3,000円 (ゆうちょダイレクト)3,000円 (優遇なし)
送金できる金額(両替額)496,809円492,500円497,000円497,000円
両替レート *180円 82円82円80.45円 (優遇なし)
受取人の受取額6,210豪ドル6,006豪ドル6,061豪ドル6,177.75豪ドル
為替手数料0円12,000円 *212,160円 *32,800円 *4
手数料合計 *13,191円【最安】19,500円15,160円5,800円
詳細ページトランスファーワイズの海外送金三菱UFJ銀行の海外送金ゆうちょ銀行の海外送金ソニー銀行の海外送金

*1: 仲値で1豪ドル=80円の場合の比較例。振込手数料、中継銀行手数料、受取手数料を無視。四捨五入して計算。
*2: (492,500/82 - 492,500/80) x 80 = (6,006 - 6,156) x 80 = -12,000円
*3: (497,000/82 - 497,000/80) x 80 = (6,061 - 6,213) x 80 = -12,160円
*4: (497,000/80.45 - 497,000/80) x 80 = (6,178 - 6,213) x 80 = -2,800円

豪ドルとなってくると、三菱UFJ銀行やゆうちょ銀行を使った場合、50万円送金でもかなりの送金コストになってきます。

為替手数料は、基本的に送金額に比例するので、金額が大きくなるほどに、その利用にあたっては送金コストを留意しておく必要があります。

 

ニュージーランドドル送金の手数料比較例

ニュージーランドへ50万円をNZドル送金する場合の手数料計算例*1

   ←スマホの方は横スクロールできます→
 トランスファーワイズ (インターネット)三菱UFJ銀行 (窓口の場合)ゆうちょ銀行 (インターネットの場合)ソニー銀行 (インターネット)
送金額500,000円500,000円500,000円500,000円
送金手数料3,516円 7,500円   (窓口&口座引き落とし)3,000円 (ゆうちょダイレクト)3,000円 (優遇なし)
送金できる金額(両替額)496,484円492,500円497,000円497,000円
両替レート *173円 75円75円73.45円 (優遇なし)
受取人の受取額6,801NZドル6,567NZドル6,627NZドル6,767NZドル
為替手数料0円13,140円 *213,213円 *32,993円 *4
手数料合計 *13,516円【最安】20,640円16,213円5,993円
詳細ページトランスファーワイズの海外送金三菱UFJ銀行の海外送金ゆうちょ銀行の海外送金ソニー銀行の海外送金

*1: 仲値で1NZドル=73円の場合の比較例。振込手数料、中継銀行手数料、受取手数料を無視。四捨五入して計算。
*2: (492,500/75- 492,500/73) x 73 = (6,567 - 6,747) x 73 = -13,140円
*3: (497,000/75 - 497,000/73) x 73 = (6,627 - 6,808) x 73 = -13,213円
*4: (497,000/73.45 - 497,000/73) x 73 = (6,767 - 6,808) x 73 = -2,993円

 

まとめ:トータルの送金コストで比べよう

上記でみたとおり、具体的な計算例で比較してみると、一般的に「送金手数料」と呼ばれている「狭義の送金手数料」が安く見えても(例えばゆうちょダイレクトの場合)、上乗せレートからくる為替手数料を加えたトータルの送金コストで見ると高く場合が多い点に注意が必要です。

上記のシミュレーションは主要通貨の場合ですが、アジア通貨などマイナー通貨になってくるほど、上乗せレートの影響が大きい傾向にあるので、両替レートに反映された為替手数料のせいで、受取り額が想像以上に目減りしてしまします。(つまり、同じ受取額を送るために、より多くの送金資金が必要になります。)

大切な資金を有効に使うためにも、トータルの送金コストで比べて海外送金方法を選ぶようにしましょう。

1回の送金が100万円以下であれば、為替手数料のかからない送金方法として、上記の比較例にもあるトランスファーワイズを検討してみてくださいね。

 

-海外送金の基本
-

© 2020 海外送金ラボ