海外送金の方法

【みずほ銀行の海外送金】理解しておくべき手数料と留意点

2016-08-15

「みずほ銀行の海外送金」の画像

みずほ銀行を利用しての海外送金は、ここ数年で「手数料の値上げ」「テレホンバンキングでの海外送金サービス廃止」などの変更が生じています。

本記事の内容

  • みずほ銀行の海外送金サービスの特徴
  • みずほ銀行の海外送金サービスを利用する際の留意点
  • みずほ銀行の海外送金サービスの基本的事項の整理

本記事を書いた人

  • 海外永住ビザを取得しての海外移住経験あり
  • 移住や投資を通じて「日本⇒海外」の海外送金を経験
  • 帰国後は「海外⇒日本」の海外送金を経験
  • 仕事上も小さな会社のCFOとして多様な海外送金を経験

この記事を書いているマリーは、海外送金歴かれこれ20年。いろいろな海外送金を体験してきました。

当サイトでは、海外送金・外貨両替・国際派のマネーに関する情報を、わかりやすくご紹介しています。

本記事では、みずほ銀行の海外送金を利用するうえで理解しておきたい点をご紹介しますから、ぜひじっくり読んでみてください。

*当記事は、データの日付を個別に明記しているものを除いては、2020年7月時点での情報を参考にしています。各サービスのご利用にあたっては、必ず最新の情報をご確認ください。

 

 

スポンサーリンク

 

 

みずほ銀行による海外送金のメリット

個人の場合にリフティングチャージ設定がない

円貨を円貨のまま、あるいは外貨を外貨のまま送金する際には、多くの銀行でリフティングチャージという手数料がかかってきますが、みずほ銀行で個人が海外へ送金する場合には、このリフティングチャージの設定がありません。

そのため、円貨を円貨のまま、あるいは外貨を外貨のまま送金する際には、他のメガバンク2行(三菱UFJ銀行、三井住友銀行)と比較して、(送金額や通貨によるものの)総額の送金コストで安くなるケースが想定されます。

わかりやすい説明

みずほ銀行のウェブサイトの外国送金のページに、ご用意いただくもの に詳しく説明されています。海外送金に慣れていない場合の準備に、わかりやすい内容となっています。

主要6通貨で優遇レート

みずほダイレクトまたはATM外貨預金振替サービスを利用することで、米ドル、ユーロ、豪ドル、NZドル、英ポンド、スイスフランの6通貨について割引された為替マージンのレートで外貨両替できる外貨預金為替手数料割引プラン があります。

これらの通貨の送金であれば、事前にこのサービスを利用して外貨へ両替し、その後に送金手続き(窓口での手続き)をすることで、為替手数料を節約することが可能となります。

いろいろな手数料に注意

他の送金方法との比較には、下記で詳しく見るように、合計の送金コストで判断する必要があります。


合計の送金コストを理解する

みずほの海外送金では、上乗せレートからくる為替手数料がかかっています。

送金コストをおさえて送金したいと考える方は、為替手数料を含めた合計の送金コストを理解&別の選択肢も合わせて検討して、総合的に判断をするようにしましょう。

ここでは、別の選択肢のひとつとして、為替手数料がかからないトランスファーワイズとの比較例を掲載しますので、参考にしてください。

下の表は、30万円をオーストラリアへ豪ドルで送金しようという場合の、みずほ銀行(窓口と外貨預金)とトランスファーワイズを利用した比較シミュレーションです。(シミュレーションなので、細かい金額ではなく、全般的な傾向を知るための参考として捉えてください。)

【みずほ銀行とトランスファーワイズの比較例:30万円を円⇒豪ドルでオーストラリアへ送金の場合】*

 みずほ銀行
窓口
トランスファーワイズ
送金額300,000円300,000円
送金手数料8,500円 *11,940円 *2
送金できる金額(両替額)291,500円298,060円
上乗せレート2.5円 0円 *4
両替レート82.5円 80円
受取人の受取額3,533豪ドル3,726豪ドル
為替手数料8,880円 *40円
リフティングチャージ0円0円
手数料合計17,380円1,940円
送金にかかる日数公式発表見当たらず0-2営業日
公式サイトみずほ銀行の外国送金トランスファーワイズの海外送金

*:仲値で1豪ドル=80円の場合の比較例。振込手数料、中継銀行手数料・受取手数料を無視。四捨五入して計算。
*1: 他行宛ての場合
*2: トランスファーワイズの送金手数料計算ツールより
*3: 外貨預金為替手数料割引プラン利用の上乗せレート1.0として計算
*4: (291,500/82.5 - 291,500/80) x 80 = (3,533 - 3,644) x 80 = -8,880円

総額の送金コストの把握には、両替レートの上乗せレートからくる為替手数料の理解が重要であることがわかります。

大切な資金を賢く使うためには、手数料合計で比較するという視点をもつようにしたいですね。

 

トランスファーワイズについて

上記の計算例からわかるとおり、トランスファーワイズには両替時の上乗せレートがありません。

そのため、一般的な海外送金で隠れコストと言われる為替手数料がないので、手数料がわかりやすいという特徴を持っています。

送金にかかる日数についても、海外送金にかかる日数・時間で詳しく見たとおり、銀行宛ての送金であれば、一番速いカテゴリに属しています。「安くて速い」海外送金方法を探している場合には、おすすめの選択肢のひとつです。

トランスファーワイズの特徴については、下記の記事も参考にしてくださいね。

オススメ!
「トランスファーワイズ海外送金」の画像
【トランスファーワイズの海外送金】隠れ手数料なしが安心!

続きを見る

 

みずほ銀行による海外送金の留意点

みずほ銀行の海外送金を利用するにあたっては、いくつか留意しておきたい点があります。

みずほ銀行の海外送金利用時の留意点
・インターネットで海外送金手続きはできない
 みずほ銀行では、他のメガバンク(三菱UFJ銀行・三井住友銀行)と異なり、インターネットで海外送金手続きをすることができません。
  参考: みずほダイレクトで外国送金はできますか?

テレホンバンキングでの海外送金手続きも廃止
 以前には可能だったテレホンバンキングでの海外送金手続きが、2020年4月に廃止になりました。
  参考: みずほダイレクト[テレホンバンキング]オペレーターサービス廃止について

・送金手数料(狭義)が高めの設定
 海外他行あての海外送金の1回あたりの手数料は8,500円。メガバンクのなかでも最も高い設定です。

・為替手数料も高めの設定
 上記の比較シミュレーションでみたように、みずほ銀行の海外送金では、上乗せレートが高めであるので、為替手数料が他の方法と比較したときにかなり高くなります。

 

みずほ銀行での海外送金は、窓口での手続きになるので、「ネットで手続きを完結したい」「できるだけ安い手数料で海外送金したい」と考える人には向きません。

海外送金の手数料が高いことは承知のうえで、

  • 他の銀行等に口座開設する時間がない
  • 自分のメインバンクで手続きしたい
  • 窓口での手続きのほうが安心と感じる
  • インターネットバンキングは利用しない

という方にとっての選択肢といえるかと思います。

 

多額の送金にはFX口座を利用した海外送金が選択肢

多額の海外送金の場合には、円⇒外貨への両替についてはセントラル短資FXなどのFX口座を利用した海外送金で説明した方法を利用することで、為替手数料をぐっと抑えることができます。

FX口座開設などの多少の手間はかかってきますが、節約できる金額がとても大きいので、検討に値します。詳しくは、下記の記事を参考にしてください。

 

オススメ!
【FX口座での両替】多額の海外送金で手数料を節約する方法

続きを見る

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

みずほ銀行による海外送金の基本的事項

1.  為替マージン(USDの例)

1ドルにつき1円
みずほ銀行の外国為替公示相場
みずほダイレクトまたはATM外貨預金振替サービス利用の外貨預金為替手数料割引プラン:1ドルにつき0.4円(6通貨USD, EUR, GBP, CHF, AUD, NZについて割引の為替マージンが設定)
外貨預金為替手数料割引プラン

2.  送金手数料(1件あたり)

8,500円
外国為替関係主要手数料一覧表(個人用)

3.  リフティングチャージ

0円 (個人の送金の場合は送金手数料に含んでいると考えられる)

4.  受取手数料

送金人負担とした場合2,500円(後日に差額請求の場合あり)

5.  受取手数料の送金人負担

6.  中継銀行手数料

要確認

7.  円送金

8.  取扱い通貨

要確認

9.  送金限度額

要確認

10. 送金可能国

多数

11. 送金日数

送金先による

12. 窓口送金

13. 電話送金

不可

14. インターネット送金

不可


*上記は、記事掲載・更新時点での個人による海外他行あて電信送金を前提にしています。ご利用に当たっては、必ず最新の詳細情報をご確認ください。

 

まとめ:他のアカウント開設の時間がないときの急ぎの選択肢

みずほ銀行の海外送金は、「窓口での手続き」「高めの手数料」ではあっても、すでにみずほ銀行に口座をもっている方が「急ぎで海外送金したい」という場合に貴重な選択肢となってくるでしょう。

ただし、「合計の送金コストが高い点」「多額の送金であればあるほど手数料が比例して大きくなる点」を理解して、総合的に判断したいところです。

一般的な状況においては、より安い方法(トランスファーワイズFX口座を利用した海外送金など)を賢く利用して、大切な資金を有効に使うようにしましょう。

 

スポンサーリンク

-海外送金の方法
-

© 2020 海外送金ラボ