楽天銀行の海外送金の方法・送金手数料・為替レート・通貨などの特徴をご説明

楽天銀行の海外送金の特徴と手数料

楽天銀行の海外送金は、安い送金手数料とネットですべて完結する点が大きな特徴です。特に、送金手数料は銀行送金としては最安クラスであり、生活費程度の金額レンジの海外送金を定期的にする状況にあれば、口座をもつことは検討に値するでしょう。

 

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

 

 

楽天銀行による海外送金のメリット

 

  • 楽天銀行はネット銀行なので、海外送金手続きもすべてインターネットで完結します。
  •  

  • 楽天銀行の海外送金では、送金できる通貨がとても多いです。メガバンク等ではインターネットバンキングでの送金は主要通貨に限られていますので、対応している通貨の多い楽天銀行は、マイナー通貨をインターネットで送金したい場合の有力な選択肢になります。
  •  

  • 楽天銀行の海外送金の手数料は、金額にかかわらずに一律750円。銀行の送金手数料としては最安クラスになっています。送金額が100万円までであれば、候補に入れて検討しましょう。

     

    他の送金方法と比較した例として
    海外留学の海外送金(米国へ7,000米ドル送金の例)をご参照

     

     

  • 楽天銀行の海外送金シミュレーターで、送金受取国、送金通貨、送金金額、海外中継銀行手数料区分(送金者が手数料を負担か受取人が手数料を負担か)を入力すると、手数料の明細、為替レート、着金までの所要日数の目安が表示されます。必要となる円貨換算額合計の詳細内訳を確認できるので、とても便利です

 

 

楽天銀行による海外送金の留意点


楽天銀行による海外送金を利用するには、事前の口座開設海外送金申込みの手続きが必要になります。スケジュール的に余裕をもって手続きすることが大切です。

 

送金限度額が1回100万円、1日100万円、1カ月200万円、1年500万円となっています。不動産購入など大きな金額の送金には向いていません。

 

楽天銀行の為替マージンは、主要国通貨でみると三菱UFJ銀行の窓口での為替マージンと近い設定となっているようです。そのため、メガバンクのインターネットで開いた外貨預金での割引の為替マージンよりは割高となる傾向があります。送金する通貨での為替レートがどの程度であるかを、事前に海外送金シュミレーターで確認するようにしましょう。

 

楽天銀行の海外送金は、円普通預金口座のみからの送金です。そのため、外貨預金を持っているとしても、一度円に戻してから外貨へ再両替するといういうプロセスが必要になり、両替のたびに為替手数料がかかるので留意が必要です。

楽天銀行による海外送金の基本的事項

1.  為替マージン(USDの例)

為替マージンとしては公表していないが、海外送金シュミレーターで確認できる
>>楽天銀行の海外送金シミレーター(公式サイト)

 

2.  送金手数料(1件あたり)

750円

3.  リフティングチャージ

外貨送金時: なし
円貨送金時: 3,000円

4.  受取手数料

受取人負担

5.  受取手数料の送金人負担

不可

6.  中継銀行手数料

1,000円(送金人か受取人の選択可能、あとで差額を請求される場合あり)

7.  円送金

8.  取扱い通貨

多数

9.  送金限度額

1回100万円、1日100万円、1カ月200万円、1年500万円

10. 送金可能国

多数

11. 送金日数

1日~3日

12. 窓口送金

不可

13. 電話送金

不可

14. インターネット送金

インターネットのみ、口座開設&海外送金の申込み手続きが必要

 

*上記は、記事掲載・更新時点での個人による海外他行あて電信送金を前提にしています。ご利用に当たっては、必ず最新の詳細情報をご確認ください。

 

>>楽天銀行の海外送金の公式サイトはこちら

まとめ

楽天銀行の海外送金は、送金手数料が一律750円と安い上に、口座を開いて海外送金の申込みをしておけば、いつでもインターネットで送金手続きできる点が魅力です。

 

自分のメインバンクを補完するサブの銀行として、楽天銀行を持っていると安心で便利でしょう。

 

 

2016/8/31  2017/11/26

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

スポンサーリンク


スポンサーリンク

 

 

関連ページ一覧

ゆうちょ銀行の海外送金・国際送金については、2018年1月9日より、従来の窓口での海外送金に加えて、ゆうちょダイレクトでの海外送金が可能になったことにより、いろいろな変更がありました。また、2018年...

ゆうちょ銀行の海外送金・国際送金については、2018年1月9日より、従来の窓口での海外送金に加えて、ゆうちょダイレクトでの海外送金が可能になったことにより、いろ...

三菱UFJ銀行は、インターネット、テレビ窓口、Webサポート、店頭窓口など、さまざまな方法で海外送金サービスを提供しています。外国為替専門銀行であった旧東京銀行時代からの歴史的は背景もあって、メガバン...

三菱UFJ銀行は、インターネット、テレビ窓口、Webサポート、店頭窓口など、さまざまな方法で海外送金サービスを提供しています。外国為替専門銀行であった旧東京銀行...

みずほ銀行を利用しての海外送金は、送金手数料も為替手数料も比較的高めの設定になっていますが、みずほ銀行をメインバンクに為ている人にとっては、急ぎの海外送金時の選択肢になってきます。外貨預金を利用して為...

みずほ銀行を利用しての海外送金は、送金手数料も為替手数料も比較的高めの設定になっていますが、みずほ銀行をメインバンクに為ている人にとっては、急ぎの海外送金時の選...

三井住友銀行を利用しての海外送金は、すでに三井住友銀行に口座を持っていらっしゃる方にとっては、急ぎのときに海外送金方法を選ぶにあたり便利な選択肢となります。SMBCダイレクトを利用して為替手数料を節約...

三井住友銀行を利用しての海外送金は、すでに三井住友銀行に口座を持っていらっしゃる方にとっては、急ぎのときに海外送金方法を選ぶにあたり便利な選択肢となります。SM...

ソニー銀行の海外送金は、メガバンク等と比較して為替マージンが小さい(為替手数料が小さい)ことが大きな特徴です。さらにネットで取引が完結する点、リフティングチャージの設定がない点など、まとまった金額を銀...

ソニー銀行の海外送金は、メガバンク等と比較して為替マージンが小さい(為替手数料が小さい)ことが大きな特徴です。さらにネットで取引が完結する点、リフティングチャー...

SMBC信託銀行は、旧シティバンク銀行のリテールバンク事業からの流れを受けて、海外送金では頭ひとつ抜きんでて頼りになるサービスを提供しています。銀行口座プレスティア(以下、記事中では「SMBC信託プレ...

SMBC信託銀行は、旧シティバンク銀行のリテールバンク事業からの流れを受けて、海外送金では頭ひとつ抜きんでて頼りになるサービスを提供しています。銀行口座プレステ...

楽天銀行の海外送金は、安い送金手数料とネットですべて完結する点が大きな特徴です。特に、送金手数料は銀行送金としては最安クラスであり、生活費程度の金額レンジの海外送金を定期的にする状況にあれば、口座をも...

楽天銀行の海外送金は、安い送金手数料とネットですべて完結する点が大きな特徴です。特に、送金手数料は銀行送金としては最安クラスであり、生活費程度の金額レンジの海外...

セブン銀行は、フィリピンのBDO Unibankと提携したセブン銀行フィリピン送金サービスと、国際送金大手のウェスタンユニオンと提携したセブン銀行海外送金サービを提供しています。フィリピン・中国への送...

セブン銀行は、フィリピンのBDO Unibankと提携したセブン銀行フィリピン送金サービスと、国際送金大手のウェスタンユニオンと提携したセブン銀行海外送金サービ...

新生銀行の総合口座パワーフレックス(以下、記事中では「新生パワーフレックス」)は、他の銀行送金と比べて為替マージンが小さい(為替手数料が安い)こと、リフティングサービスがないことなどから、ある程度まと...

新生銀行の総合口座パワーフレックス(以下、記事中では「新生パワーフレックス」)は、他の銀行送金と比べて為替マージンが小さい(為替手数料が安い)こと、リフティング...