SMBC信託銀行プレスティアの海外送金の特徴と手数料 | 海外送金ラボ

SMBC信託銀行プレスティアの海外送金の特徴と手数料

SMBC信託銀行の銀行口座プレスティア(以下、記事中では「SMBC信託銀行プレスティア」)は、海外でも使えるさまざまなサービスを提供しており、国際的なライフスタイルを送ろうという方におすすめの口座です。

 

海外送金に関しては、「個人はリフティングチャージがかからない」「海外へ行っても利用できる」という点で、他の多くの銀行とは異なるメリットが特筆されます。

 

ここでは、SMBC信託銀行プレスティアの海外送金について、その特徴を詳しく見ていきましょう。

 

 

 

*当記事は、データの日付を個別に明記しているものを除いては、2019年11月時点での情報を参考にしています。

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

 

 

SMBC信託銀行プレスティアによる海外送金のメリット

 

幅広いサービスを提供

SMBC信託銀行プレスティアでは、窓口、電話、インターネットと、幅広く海外送金サービスを提供しています。特に、まとまった金額を海外送金する場合には、SMBC信託銀行の窓口での手続きが選択肢となってくるでしょう。

 

口座を持っている個人にはリフティングチャージがかからない

口座があれば、個人はリフティングチャージがかかりません。すでに外貨へ両替済みの資金を海外へ送金する場合におすすめです。

 

外貨へ両替済みの資金を海外送金するときにおすすめ

 

FX利用の海外送金でおすすめの銀行口座3選でご紹介しているように、SMBC信託銀行プレスティアは、外貨へ両替済みの資金を海外送金するときに、おすすめの銀行のひとつです。

 

送金手数料の割引がある

口座残高や取引状況に応じて送金手数料に割引があります。早めに口座をつくって準備をしておくことで、手数料を節約することができます。

 

中継銀行の手数料が明確

中継銀行の手数料を送金人負担とすることができて、その場合の金額が1,500円と決まっています。

 

非居住者となっても利用継続できる

非居住者口座のサービスもあり、海外へ転居しても利用可能です。海外へ渡ってからもプレスティア オンライン(オンライン口座)を利用して、自身で海外送金の手続きが可能です。

 

参考サイト:
海外へ行ってからも使える銀行口座4選>>

 

SMBC信託銀行プレスティアによる海外送金の留意点

 

メガバンク等と比べて利便性の高いSMBC信託銀行のプレスティア口座の海外送金ですが、いくつか留意しておきたい点があります。

 

口座管理手数料がかかる

残高等の条件を満たさないと口座維持管理料が毎月2,000円かかってきます。

 

送金先の事前登録が必要

プレスティア ホンバンキング、プレスティア オンライン・プレスティアモバイルによる海外送金の場合、送金先の事前登録が必要です。

 

為替手数料に注意

プレスティアでのの海外送金での両替においては、上乗せレートからくる為替手数料がかかってきます。送金コストを比較する際には為替手数料も含めた手数料合計で比べる視点が大切です。

 

受取手数料を送金人負担にはできない

受取手数料を送金人負担にはできないので、状況によっては受け取り側との調整が必要です。

 

 

【多額の送金にはFX口座を利用した海外送金が選択肢】

 

海外不動産の購入や海外移住などで、数百万円~数千万円のまとまった金額の海外送金の場合には、銀行送金で両替をすると、トータルの送金コストが非常に大きくなってしまいます。

 

多額の海外送金の場合には、円⇒外貨への両替についてはセントラル短資FXなどのFX口座を利用した海外送金で説明した方法を利用することで、為替手数料をぐっと抑えることができます。

 

その後に、外貨となった資金をSMBC信託銀行プレスティアを利用して送金することができます。(プレスティアオンライン・プレスティアモバイルの送金限度額を超える場合には窓口を利用することになります。)

 

FX口座開設などの多少の手間はかかってきますが、節約できる金額がとても大きいので、検討に値します。詳しくは、下記の記事を参考にしてください。

 

 

SMBC信託銀行プレスティアによる海外送金の基本的事項

 

1.  為替マージン(USDの例)

1ドルにつき1円
SMBC信託プレスティアの為替レート一覧表>>

 

2..  送金手数料(1件あたり)

窓口・郵送: 4,000円
プレスティア ホンバンキング: 4,000円(前々月の月間平均総取引残高が100万円相当額以上の場合、2,500円)
プレスティア オンライン: 3,500円(前々月の月間平均総取引残高が100万円以上の場合、2,000円)
プレスティアゴールドの場合には無料となる

 

SMBC信託プレスティアの手数料(送金・振込)一覧>>

 

3.  リフティングチャージ

口座をもっている場合は無料(個人の場合)

4.  受取手数料

受取人負担

5.  受取手数料の送金人負担

不可

6.  中継銀行手数料

1,500円

7.  円送金

8.  取扱い通貨

要確認

9.  送金限度額

窓口:要確認
インターネット:一度に送金可能な金額は1,000円相当額以上、300万円相当額以下(1日あたり海外送金の通算の取引可能回数は2回まで)

10. 送金可能国

多数

11. 送金日数

おおむね1週間(送金先による)

 

12. 窓口送金

13. 電話送金

プレスティア ホンバンキングにて可(送金先の事前登録が必要)

14. インターネット送金

プレスティア オンラインにて可(送金先の事前登録が必要)

 

*上記は、記事掲載・更新時点での個人による海外他行あて電信送金を前提にしています。ご利用に当たっては、必ず最新の詳細情報をご確認ください。

 

SMBC信託プレスティアの海外送金の公式サイト>>

 

海外送金ラボ的まとめ

 

SMBC信託銀行プレスティアの海外関連サービスは、他行のサービスと比較してとても充実しています。

 

海外へ行ってからも(利用サービスに制限はあっても)口座を継続利用できるので、海外赴任・海外留学中に海外から口座を利用する場合の貴重な選択肢となります。国際的なキャリアを歩む・グローバルな資産形成を考える方にとっても、メガバンク等と比較すると多くの点で利便性の高い口座と言えるでしょう。

 

ただし、海外送金については、為替手数料がかかることをしっかり理解して、総合的な判断をするようにしましょう。

 

 

 

 

海外へ行くならば、外貨現金の準備も忘れずに・・・

 

多くの現金は必要ないですが、海外渡航が近くなったら、外貨現金の準備も忘れないようにしましょう。ある程度の外貨が手元にあれば安心です。

 

 

 

2016/8/31  2019/11/3

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

スポンサーリンク


スポンサーリンク

 

 

関連ページ一覧

ゆうちょ銀行の海外送金・国際送金については、2019年に数回の大きな変更があり、結果として金額的にも内容的にもサービスの制限が厳しくなりました。これにより、ゆうちょ銀行の海外送金サービスは、インターネ...

ゆうちょ銀行の海外送金・国際送金については、2019年に数回の大きな変更があり、結果として金額的にも内容的にもサービスの制限が厳しくなりました。これにより、ゆう...

三菱UFJ銀行は、インターネット、テレビ窓口、店頭窓口など、さまざまな方法で海外送金サービスを提供しています。外国為替専門銀行であった旧東京銀行時代からの歴史的は背景もあって、メガバンクのなかでは、海...

三菱UFJ銀行は、インターネット、テレビ窓口、店頭窓口など、さまざまな方法で海外送金サービスを提供しています。外国為替専門銀行であった旧東京銀行時代からの歴史的...

みずほ銀行を利用しての海外送金は、すでにみずほ銀行に口座を持っていらっしゃる方にとっては、急ぎのときに海外送金方法を選ぶにあたり便利な選択肢となります。外貨預金を利用して為替手数料を節約する方法もあり...

みずほ銀行を利用しての海外送金は、すでにみずほ銀行に口座を持っていらっしゃる方にとっては、急ぎのときに海外送金方法を選ぶにあたり便利な選択肢となります。外貨預金...

三井住友銀行を利用しての海外送金は、すでに三井住友銀行に口座を持っていらっしゃる方にとっては、急ぎのときに海外送金方法を選ぶにあたり便利な選択肢となります。SMBCダイレクトを利用して為替手数料を節約...

三井住友銀行を利用しての海外送金は、すでに三井住友銀行に口座を持っていらっしゃる方にとっては、急ぎのときに海外送金方法を選ぶにあたり便利な選択肢となります。SM...

ソニー銀行の海外送金は、メガバンク等と比較した場合、両替時の上乗せレートが小さい(為替手数料が小さい)ことが大きな特徴ですさらに「リフティングチャージの設定がない」「ネットで取引が完結する」などが特筆...

ソニー銀行の海外送金は、メガバンク等と比較した場合、両替時の上乗せレートが小さい(為替手数料が小さい)ことが大きな特徴ですさらに「リフティングチャージの設定がな...

SMBC信託銀行の銀行口座プレスティア(以下、記事中では「SMBC信託銀行プレスティア」)は、海外でも使えるさまざまなサービスを提供しており、国際的なライフスタイルを送ろうという方におすすめの口座です...

SMBC信託銀行の銀行口座プレスティア(以下、記事中では「SMBC信託銀行プレスティア」)は、海外でも使えるさまざまなサービスを提供しており、国際的なライフスタ...

セブン銀行では、フィリピンのBDO Unibankと提携したセブン銀行フィリピン送金サービスと、国際送金大手のウェスタンユニオンと提携したセブン銀行海外送金サービスを提供しています。いずれの場合も、利...

セブン銀行では、フィリピンのBDO Unibankと提携したセブン銀行フィリピン送金サービスと、国際送金大手のウェスタンユニオンと提携したセブン銀行海外送金サー...

楽天銀行の海外送金は、一律750円の送金手数料(個人の場合)とネットですべて完結する点が大きな特徴です。送金手数料は銀行送金としては最安クラスであり、少額の海外送金を定期的にする状況にあれば、ぜひ検討...

楽天銀行の海外送金は、一律750円の送金手数料(個人の場合)とネットですべて完結する点が大きな特徴です。送金手数料は銀行送金としては最安クラスであり、少額の海外...

新生銀行は、国際派のライフスタイルの方であれば、メインの銀行口座として利用を検討したい口座です。海外送金に関しては、メガバンク等と比較した場合、両替時の上乗せレートが小さい(為替手数料が小さい)ことが...

新生銀行は、国際派のライフスタイルの方であれば、メインの銀行口座として利用を検討したい口座です。海外送金に関しては、メガバンク等と比較した場合、両替時の上乗せレ...