SMBC信託銀行プレスティアの海外送金の特徴と手数料 | 海外送金ラボ

SMBC信託銀行プレスティアの海外送金の特徴と手数料

SMBC信託銀行は、旧シティバンク銀行のリテールバンク事業からの流れを受けて、海外送金では頭ひとつ抜きんでて頼りになるサービスを提供しています。

 

銀行口座プレスティア(以下、記事中では「SMBC信託プレスティア」)は、海外でも使える様々なサービスを提供しており、国際的なライフスタイルを送ろうという方にはおすすめの口座です。

 

 

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

 

 

SMBC信託プレスティアによる海外送金のメリット

 

  • SMBC信託プレスティアでは、窓口、電話、インターネットと、幅広く海外送金サービスを提供しています。
  •  

  • 口座があれば、個人はリフティングチャージがかかりません。メガバンクをはじめとして邦銀の多くはリフティングチャージがかかることを考えると、SBMC信託プレスティア利用の大きなメリットです。特に、FX利用の海外送金で使う銀行口座を選ぶポイントで説明しているように、すでに外貨へ両替済みの資金を海外送金する際に、SMBC信託プレスティアはおすすめの銀行のひとつです。
  •  

  • 為替マージンは、米ドル、ユーロ、英ポンド、豪ドル、NZドル、カナダドル、スイスフランの7通貨に関して、窓口・電話・インターネットにかかわらずに片道1円の設定になっています。そのため、窓口の送金に関しては、多くの場合、米ドル・スイスフランを除いては、ゆうちょ銀行・メガバンクよりも有利な為替手数料となります。急ぎの海外送金で銀行窓口から送金手続きをする場合に、ユーロ、英ポンド、豪ドル、NZドル、カナダドルの場合には、選択肢として検討しましょう。

     

  • 口座所有、口座残高に応じて送金手数料に割引があります。特に、前月の月間平均総取引残高が100万円相当額以上の場合に、プレスティア オンライン(オンライン口座)利用による海外送金で、手数料総額が通常4,000円かかるものが2,000円へ割引となっています。100万円以上の送金を予定している場合には、早めに口座をつくって準備をしておくことで、手数料を節約することができます。
  •  

  • 海外送金の着金までの所要日数の目安を、国別にインターネットに掲載しています。送金までの日数目安を事前に確認したい場合に安心です。
  •  

  • 中継銀行の手数料を送金人負担とすることができて、その場合の金額が1,500円と決まっています。多くの銀行では、中継銀行の手数料の扱いがはっきりしていなくて、後から追加請求される場合がありますが、SMBC信託プレスティアの場合には、あとで追加請求を受けるリスクがありません。
  •  

  • 非居住者口座のサービスもあり、海外でも利用可能です。海外へ渡ってからもプレスティア オンライン(オンライン口座)を利用して、自身で海外送金の手続きが可能です。日本と海外を行ったり来たりというライフスタイルの方には特におすすめです。

 

SMBC信託銀行による海外送金の留意点

 

残高等の条件を満たさないと口座維持管理料が毎月2,000円かかってきます。口座維持管理料がかからないように、計画的に口座残高や取引状況を管理する必要があります。

 

口座維持管理手数料が無料になるには、前月の月間平均総取引残高(外貨部分が20万円以上、または50万円以上)等を満たす要件があります。このほか、SMBC信託銀行の提携クレジットカードや、プリペイドカードであるVisa TravelMoney Gonna (SMBC信託銀行専用)の会員であれば、口座維持管理料が無料になりますので、クレジットカードやプリペイドカードを組み合わせて利用する方法もあります。

 

プレスティア ホンバンキング、プレスティア オンラインによる海外送金の場合、送金先の事前登録が必要です。日程的に余裕をもって準備する必要があります。

 

また、SMBC信託銀行の支店は関東・関西を中心に大都市のみです。そのため、窓口を利用したい場合には、利用できる場所がかなり限られてきますので、留意が必要です。

 

 

さらにコストを抑えるならばFX口座で両替してから送金

 

円から外貨への両替をFX口座で済まして、外貨をプレスティア口座で受け入れて、外貨のまま海外送金するという方法もあります。

 

FX口座で両替することで、円から外貨へ両替する際の為替手数料を抑えられるので、ある程度まとまった送金ではメリットがより大きくなります。

 

 

外貨両替に使えるFX口座の比較はこちらへ

fxのイメージ写真

外貨両替に使えるFX口座の比較はこちらへ

fxのイメージ写真

 

 

SMBC信託銀行プレスティアによる海外送金の基本的事項

1.  為替マージン(USDの例)

1ドルにつき1円
(2017年12月29日まで円から外貨 手数料無料のキャンペーン
>>SMBC信託プレスティアの為替レート一覧表(公式サイト)

 

2.  送金手数料(1件あたり)

窓口・郵送: 4,000円
プレスティア ホンバンキング: 4,000円(前月の月間平均総取引残高が100万円以上の場合、2,500円)
プレスティア オンライン: 3,500円(前月の月間平均総取引残高が100万円以上の場合、2,000円)
プレスティアゴールドの場合には無料となる

 

>>SMBC信託プレスティアの手数料一覧(公式サイト)

 

3.  リフティングチャージ

口座をもっている場合、無料

4.  受取手数料

受取人負担

5.  受取手数料の送金人負担

不可

6.  中継銀行手数料

1,500円

7.  円送金

8.  取扱い通貨

11通貨 (JPY, USD, EUR, GBP, CAD, AUD, NZD, HKD, SGD, ZAR, NOK)

9.  送金限度額

特になし
インターネットより事前に登録済みの口座へ海外送金をする場合、一度に送金可能な金額は1万円相当額以上、300万円相当額
海外送金は1日に2回まで(300万円相当額を超える海外送金はプレスティアホン バンキングへ相談)

10. 送金可能国

多数

11. 送金日数

送金先による(1日から2週間)
>>SMBC信託プレスティアの海外送金先の国別の着金所要日数の目安(公式サイト)

 

12. 窓口送金

13. 電話送金

プレスティア ホンバンキングにて可(送金先の事前登録が必要)

14. インターネット送金

プレスティア オンラインにて可(送金先の事前登録が必要)

 

*上記は、記事掲載・更新時点での個人による海外他行あて電信送金を前提にしています。ご利用に当たっては、必ず最新の詳細情報をご確認ください。

 

>>SMBC信託プレスティアの海外送金の公式サイトはこちら

まとめ

SMBC信託銀行プレスティアの海外関連サービスは、とても充実しています。

 

海外留学・海外赴任・海外移住など、長期的に海外に滞在したり、日本と海外を行ったり来たりする予定の方向いている銀行口座です。

 

海外からの口座開設はできませんので、海外へ行く予定があるならば、日本にいる間に余裕をもって口座開設しておきましょう。

 

 

2016/8/31  2017/7/19

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

スポンサーリンク


スポンサーリンク

 

 

関連ページ一覧

ゆうちょ銀行の海外送金・国際送金については、2018年1月9日より、従来の窓口での海外送金に加えて、ゆうちょダイレクトでの海外送金が可能になったことにより、いろいろな変更がありました。また、2018年...

ゆうちょ銀行の海外送金・国際送金については、2018年1月9日より、従来の窓口での海外送金に加えて、ゆうちょダイレクトでの海外送金が可能になったことにより、いろ...

三菱UFJ銀行は、インターネット、テレビ窓口、Webサポート、店頭窓口など、さまざまな方法で海外送金サービスを提供しています。外国為替専門銀行であった旧東京銀行時代からの歴史的は背景もあって、メガバン...

三菱UFJ銀行は、インターネット、テレビ窓口、Webサポート、店頭窓口など、さまざまな方法で海外送金サービスを提供しています。外国為替専門銀行であった旧東京銀行...

みずほ銀行を利用しての海外送金は、送金手数料も為替手数料も比較的高めの設定になっていますが、みずほ銀行をメインバンクに為ている人にとっては、急ぎの海外送金時の選択肢になってきます。外貨預金を利用して為...

みずほ銀行を利用しての海外送金は、送金手数料も為替手数料も比較的高めの設定になっていますが、みずほ銀行をメインバンクに為ている人にとっては、急ぎの海外送金時の選...

三井住友銀行を利用しての海外送金は、すでに三井住友銀行に口座を持っていらっしゃる方にとっては、急ぎのときに海外送金方法を選ぶにあたり便利な選択肢となります。SMBCダイレクトを利用して為替手数料を節約...

三井住友銀行を利用しての海外送金は、すでに三井住友銀行に口座を持っていらっしゃる方にとっては、急ぎのときに海外送金方法を選ぶにあたり便利な選択肢となります。SM...

ソニー銀行の海外送金は、メガバンク等と比較して為替マージンが小さい(為替手数料が小さい)ことが大きな特徴です。さらにネットで取引が完結する点、リフティングチャージの設定がない点など、まとまった金額を銀...

ソニー銀行の海外送金は、メガバンク等と比較して為替マージンが小さい(為替手数料が小さい)ことが大きな特徴です。さらにネットで取引が完結する点、リフティングチャー...

SMBC信託銀行は、旧シティバンク銀行のリテールバンク事業からの流れを受けて、海外送金では頭ひとつ抜きんでて頼りになるサービスを提供しています。銀行口座プレスティア(以下、記事中では「SMBC信託プレ...

SMBC信託銀行は、旧シティバンク銀行のリテールバンク事業からの流れを受けて、海外送金では頭ひとつ抜きんでて頼りになるサービスを提供しています。銀行口座プレステ...

楽天銀行の海外送金は、安い送金手数料とネットですべて完結する点が大きな特徴です。特に、送金手数料は銀行送金としては最安クラスであり、生活費程度の金額レンジの海外送金を定期的にする状況にあれば、口座をも...

楽天銀行の海外送金は、安い送金手数料とネットですべて完結する点が大きな特徴です。特に、送金手数料は銀行送金としては最安クラスであり、生活費程度の金額レンジの海外...

セブン銀行は、フィリピンのBDO Unibankと提携したセブン銀行フィリピン送金サービスと、国際送金大手のウェスタンユニオンと提携したセブン銀行海外送金サービを提供しています。フィリピン・中国への送...

セブン銀行は、フィリピンのBDO Unibankと提携したセブン銀行フィリピン送金サービスと、国際送金大手のウェスタンユニオンと提携したセブン銀行海外送金サービ...

新生銀行の総合口座パワーフレックス(以下、記事中では「新生パワーフレックス」)は、他の銀行送金と比べて為替マージンが小さい(為替手数料が安い)こと、リフティングサービスがないことなどから、ある程度まと...

新生銀行の総合口座パワーフレックス(以下、記事中では「新生パワーフレックス」)は、他の銀行送金と比べて為替マージンが小さい(為替手数料が安い)こと、リフティング...