米ドル利用に便利&お得な住信SBIネット銀行デビットカード | 海外送金ラボ

米ドル利用なら住信SBIネット銀行のVisaデビット付キャッシュカードがおすすめ~アメリカ・ハワイ・グアムへ行くなら準備しよう

住信SBIネット銀行デビットカード

 

海外でのカード利用は、便利な反面、海外利用の事務手数料がかかってきます。口座から引き落とされた手数料分を含めた円額が、思ったより高かったという体験をお持ちの方も多いのではないでしょうか?

 

そこで「どのカードを海外で使うか?」ということが重要になりますが、米ドルでショッピング&米ドルで決済の場合には、住信SBIネット銀行のVisaデビット付キャッシュカードが、お得な選択肢になります。さらに、年間30回まで海外事務手数料分がポイントバックされるので、事実上その分の海外事務手数料がかからないことになります。カード類で海外事務手数料がかからないものはほとんど見当たらないので、アメリカ・ハワイ・グアムなど米ドル地域へ行くのであれば、ぜひ1枚用意しておきたいカードです。

 

ここでは、住信SBIネット銀行のVisaデビット付キャッシュカードの特徴と留意ポイントについて詳しく見ていきましょう。

 

 

 


 


住信SBIネット銀行のVisaデビット付キャッシュカードのメリット

 

住信SBIネット銀行 デビットカードは、住信SBIネット銀行のキャッシュカードVisaデビット機能Visa payWave機能が付いたものです。

 

デビットカード機能

通常のキャッシュカード機能に加えて、デビットカードとして世界中のVisa加盟店でショッピングすることができます。利用代金は、即座に口座から引き落としになるので、クレジットカードのような使いすぎの心配がありません。

 

非接触IC型決済のVisa payWave(ビザペイウェーブ)に対応

Visa payWaveマークのあるお店で、支払い時に専用の端末に「ピッ」とかざすだけのスピーディな支払いが可能です。Visaペイウェーブは海外で広く普及しているので、海外での少額決済に便利です。特に、クレジットカードを使うまでもない少額支払い時に心強い存在です。

 

米ドル預金口座からの引き落としが可能

事前に設定しておくことで、米ドルによるショッピングまたは海外ATM利用の際に、外貨普通預金口座(米ドル)から支払うことが可能です。

 

米ドル決済の場合に年間30回まで海外事務手数料分のポイントがバック

米ドルでのショッピングの際に、米ドル口座からの引き落とし指定の場合に、海外事務手数料(2.5%)分のポイントが、年間30回までポイントバックされます。年間30回までは、事実上、海外事務手数料がかからないことになるので、とてもお得です。

 

ショッピングポイント0.6%

国内での海外でもショッピング利用額の0.6%のポイントが付きます。普段の買い物で1,000円ごとに6ポイントがたまることになるので便利です。

 

海外ATMからの引出しも可能

海外で現地通貨が必要になった際には、海外ATMを通じて現地通貨として引出しが可能です。外貨現金として持って行く量を減らすことができます。

 

年会費は無料

収入などによる審査もなく、15歳以上であれば誰でも持つことが可能です。

 

支出管理が簡単

利用明細は、ウェブ上で簡単に確認ができます。

 

取引通知メールの配信

利用の都度、お知らせメールが送信されます。

 

不正利用に対する補償

万が一不正利用されたときには、連絡を受けた日から30日前までさかのぼり年間100万円まで補償があります。

 

 

管理人画像

 

米ドルでの海外ショッピング&米ドル決済での海外事務手数料分のポイントバック(年間30回まで)は、他には見られないサービスですね。

 

さらに、住信SBIネット銀行の場合、外貨普通預金の外貨買付の為替手数料も、他の銀行と比較して有利な設定となっていて、米ドルで片道4銭ですよ~。


 

住信SBIネット銀行のVisaデビット付キャッシュカード利用の留意点

 

  • デビットカードには、一部使えない取引(航空機の機内販売や高速道路料金など)があるので、留意が必要です。

 

  • (米ドルショッピング&米ドル決済の場合の事務手数料相当分は、年間30回までポイントバックされますが)海外での利用には、海外事務手数料として、2.5%を上乗せした為替レートで換算されます。海外ショッピングの場合には0.6%のポイントがつきますので、事実上の事務手数料負担は1.9%となります。(これは一般的なデビットカードの手数料率(3%前後)よりもかなり低いものです。)

 

  • ショッピングの利用限度額が、1回および1日200万円まで、1ヵ月1,000万円までとなっています。また、海外ATM引出しの限度額は、1回10万円、1日100万円、1ヵ月300万円までとなっています。

 

 

管理人画像

 

国内でデビットカードとして利用、海外でビザペイウェーブを利用という使い方が便利そうですね。

 

申し込みは、すべてネットでの手続きで完了しますよ~


 

公式ページはこちら

 

 

海外送金ラボ的まとめ

 

管理人画像

 

海外ショッピングでの米ドル利用&米ドル決済ならば、住信SBIネット銀行 デビットカードはとてもお得になりますね!

 

Visa payWave搭載なので、支払いもスピーディ&スマートにできますから、アメリカ・ハワイ・グアム旅行には、ぜひとも持っていきたい1枚です。


 

 

2018/3/29  2018/4/1

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

スポンサーリンク


スポンサーリンク

 

 

関連ページ一覧

シドニーの写真

海外赴任が決まったら、できるだけ早く海外生活のお金周りの準備にとりかかる必要があります。海外送金という視点では、海外駐在期間中に日本の住民票を抜いて日本の所得税法・住民税での非居住者になる場合、下記の...

海外赴任が決まったら、できるだけ早く海外生活のお金周りの準備にとりかかる必要があります。海外送金という視点では、海外駐在期間中に日本の住民票を抜いて日本の所得税...

パスポートの写真

すでに海外に滞在・居住していて、「日本から海外への送金」を海外から手続きしなくてはならない場合、送金方法の選択肢が限られてきます。というのは、海外在住であると日本の銀行口座や海外送金サービスの新規の口...

すでに海外に滞在・居住していて、「日本から海外への送金」を海外から手続きしなくてはならない場合、送金方法の選択肢が限られてきます。というのは、海外在住であると日...

住信SBIネット銀行デビットカード

海外でのカード利用は、便利な反面、海外利用の事務手数料がかかってきます。口座から引き落とされた手数料分を含めた円額が、思ったより高かったという体験をお持ちの方も多いのではないでしょうか?そこで「どのカ...

海外でのカード利用は、便利な反面、海外利用の事務手数料がかかってきます。口座から引き落とされた手数料分を含めた円額が、思ったより高かったという体験をお持ちの方も...

ワーキングホリデーのイメージ画像

ワーキングホリデーでは、海外に滞在しながら自分自身で日本にあるお金を管理することになります。滞在中に国内で住む場所を移動したり、複数の国を旅行したりするケースも多いので、手元の現金が少なくなったときに...

ワーキングホリデーでは、海外に滞在しながら自分自身で日本にあるお金を管理することになります。滞在中に国内で住む場所を移動したり、複数の国を旅行したりするケースも...

urgentのイメージ写真

「すぐに海外送金をしなくてはならない」「送金期限が迫っている」という場合には、銀行口座や送金サービスのアカウントを開設している時間の余裕は、ほとんどないでしょう。急ぎの海外送金、緊急の海外送金の選択肢...

「すぐに海外送金をしなくてはならない」「送金期限が迫っている」という場合には、銀行口座や送金サービスのアカウントを開設している時間の余裕は、ほとんどないでしょう...

海外留学のイメージ画像

海外留学の入学出願時の送金は、多くの場合、まとまった金額の送金になります。入学許可を得るまでのプロセスのうち、最終段階の大切な手続きであり、すみやかに&確実に送金することが必要となります。ここでは、留...

海外留学の入学出願時の送金は、多くの場合、まとまった金額の送金になります。入学許可を得るまでのプロセスのうち、最終段階の大切な手続きであり、すみやかに&確実に送...