状況別の海外送金

トランスファーワイズの法人向け海外送金【中小企業におすすめ】

2019-02-24

トランスファーワイズの法人向け海外送金【中小企業におすすめ】

トランスファーワイズは個人向けのリーズナブルな海外送金方法として広く知られてきましたが、法人向けのサービスも提供しています。

個人向けと同様に、「隠れコストのない透明な料金体系」が大きなメリットであるのに加えて、法人ならでは便利なサービスも提供しています。

ここでは、トランスファーワイズの法人向け海外送金サービスの特徴を見ていきましょう。

本記事の内容

  • トランスファーワイズの海外送金(法人向け)の特徴
  • トランスファーワイズ(法人向け)を利用する際の留意点

本記事を書いた人

  • 海外永住ビザを取得しての海外移住経験あり
  • 移住や投資を通じて「日本⇒海外」の海外送金を経験
  • 帰国後は「海外⇒日本」の海外送金を経験
  • 仕事上も小さな会社のCFOとして多様な海外送金を経験

この記事を書いているマリーは、海外送金歴かれこれ20年。いろいろな海外送金を体験してきました。

当サイトでは、海外送金・外貨両替・国際派のマネーに関する情報を、わかりやすくご紹介しています。

本記事では、法人(特に中小企業)がトランスファーワイズの海外送金を利用するうえで理解しておきたい点をご紹介しますから、ぜひじっくり読んでみてください。

*当記事は、データの日付を個別に明記しているものを除いては、2020年8月時点での情報を参考にしています。各サービスのご利用にあたっては、必ず最新の情報をご確認ください。
*当記事は、
法人による海外送金・海外からの送金受取りを対象としています。トランスファーワイズの個人向けの海外送金サービスについては、以下の記事を参考にしてください。

参考記事
「トランスファーワイズ海外送金」の画像
【トランスファーワイズの海外送金】隠れ手数料なしが安心!

続きを見る

 

 

トランスファーワイズの法人口座海外送金のメリットと特徴

トランスファーワイズの法人向けの海外送金は、個人による海外送金と同様に、とても使いやすいサービス内容となっています。

固定でかかってくる費用はなく、無料で利用登録することができます。

 

わかりやすい手数料体系

トランスファーワイズの最大の特長は、わかりやすく透明な手数料体系です。送金にかかる手数料が明瞭で隠れコストがないので、安心して利用することができます。

送金にかかるコストは、会員登録をする前でも、以下リンクにある送金手数料計算ツールで簡単に確認することができます。

 

トータルの送金コストが安い

銀行や他の送金サービスでは、両替レートに上乗せレートが反映されており、表面的な(狭義の)送金手数料は一見安くても、送金コストのなかに見えづらい為替手数料が含まれています。

しかし、トランスファーワイズでは、両替レートに為替手数料としての上乗せレートがありません

そのため、他の多くの海外送金方法と比較した際に、合計での送金コストは安くなっています。

たとえば、【具体例】海外送金手数料を異なる方法で比較【50万円送金の場合】において、主要通貨について代表的な送金方法の送金コストを比較していますが、トランスファーワイズの送金コストは、比較した方法のなかでは最も安くなっています。

 

受取額を指定できる

銀行送金や他の送金サービスでは、ほとんどの場合で「為替レートの変動」「中継銀行の手数料」「受取銀行の手数料」などの理由で、最終的に受取人が受け取る金額を指定することができずに、実務的にとても不便な場合があります。

しかし、トランスファーワイズの海外送金では、「受取人の受取金額」を指定できる機能があります。これにより、ビジネスでの契約などで決められた「受取人の受取額」を指定して送金手続きできるので、海外送金の実務においては、とても便利で必須のサービスともいえます。

受取金額の固定については、以下のヘルプページに詳しい説明があります。

 

法人ならではの便利な一括送金サービス

銀行での総合振込サービスのように、複数の送金を一括に送金することができます。

ビジネスがグローバルするなかで、海外の従業員や業務委託先に一括して送金ができるので、支払いにかかる実務を効率化することができます。

一括送金のプロセスについては、以下のヘルプページで説明されています。

 

送金にかかる日数・時間が短い

トランスファーワイズでは、扱っている送金の9割以上の送金が24時間以内に完了しており、従来からの銀行送金などと比較して、格段に速いプロセスとなっています。

【海外送金にかかる日数・時間】で詳しくみたとおり、銀行口座宛ての海外送金では、トランスファーワイズは最もはやいカテゴリに属しています。

 

多くの国へ送金可能

トランスファーワイズは世界中で利用されているサービスなので、非常に多くの通貨&宛先国を扱っています。

 

日本語でのサービス

日本の資金移動業者 しての免許をとり、日本語でのサービスを提供しています。

 

グローバルに認められた世界標準のサービス

トランスファーワイズは、EconomistやFinancial Timesなどに高い評価にて取り上げられています。多くの利用者によって5/5の最高評価を受けています。
公式ページのトップページの下の方へ進むと、メディア掲載の情報を確認することができます。

公式ページ:トランスファーワイズ

 

トランスファーワイズの法人口座海外送金の留意点

とても便利なトランスファーワイズの法人口座海外送金ですが、利用にあたってはいくつか留意しておくべき点があります。

 

個人プロフィールと法人プロフィールの設定が必要

法人として送金するには、会社代表者の本人確認手続きが必要になります。
スケジュールに余裕を持って、口座開設や本人確認等の手続きを進めましょう。

法人アカウントの登録に必要となる書類については、以下のヘルプページで説明されています。

 

送金額は1回100万円まで

資金決済法の規定により、海外への送金額は1回につき100万円までとなっています。

「日本からの送金」「日本への送金」については、以下のヘルプページが参考になります。


法人(中小企業)が、1回100万円以上の海外送金をする必要がある場合には、手数料が比較的に抑えられている選択肢としては、楽天銀行の海外送金が選択肢となってきます。

楽天銀行の法人向け海外送金については、以下の記事に詳しく説明していますので、合わせて参考にしてください。

【楽天銀行の海外送金(法人向け】理解しておきたい特徴と手数料【留意点つき】
【楽天銀行の海外送金(法人向け】理解しておくべき手数料と留意点

続きを見る

 

まとめ:法人でもトランスファーワイズで手数料節約しよう

上記でみたとおり、トランスファーワイズの法人口座からの海外送金は、銀行送金や他の送金サービスのような上乗せレートがないので、実質のコストが抑えられます。

中小企業が法人として海外送金する場合、1回100万円までの海外送金であれば、多くの場合でお得な送金方法となるでしょう。

《 隠れコストがないから安心!》

トランスファーワイズの公式サイト

※法人でも手数料を節約しよう

 

-状況別の海外送金
-,

© 2020 海外送金ラボ