海外で手配する「日本から海外への海外送金」 | 海外送金ラボ

「日本から海外への送金」を海外で手続きする方法

パスポートの写真

 

すでに海外に滞在・居住していて、「日本から海外への送金」を海外から手続きしなくてはならない場合、送金方法の選択肢が限られてきます。

 

というのは、海外在住であると日本の銀行口座や海外送金サービスの新規の口座開設が難しいケースが多いからです。

 

ここでは、海外滞在・海外居住の場合に、どのような方法で海外から海外送金・国際送金を手配&手続きできるかを考えてみましょう。

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク


銀行送金を利用する

日本から海外への送金を、海外から手続きする場合の一般的な方法は銀行送金です。日本の非居住者となっているかどうかで、利用できる銀行や銀行サービスに違いが生じます。

 

非居住者となっている場合

 

海外赴任や海外移住等で、日本の非居住者となっている場合には、原則として銀行の非居住者向けのサービスを利用することになります。

 

非居住者向けの銀行口座を持っていない場合

 

海外から新たに日本の銀行口座を開設することは難しいですが、すでに持っている銀行口座に関して、海外から非居住者口座へ変更手続きができるかどうかは、銀行によって違ってきます。すでに海外居住となっている場合には、自分の銀行口座の状況やサービス内容を確認しましょう。

 

非居住者向けの銀行サービスを利用できない状況であれば、次項で説明するトランスファーワイズなどを検討しましょう。

 

非居住者向けの銀行口座を持っている場合

 

銀行によって、非居住者向けの口座のサービス内容が違いますので、まずは自分の持っている非居住者口座で海外送金が可能であるかを確認しましょう。

 

海外へ行ってからも使える銀行口座4選にてご紹介した4つの銀行口座でも、海外送金サービスの扱いには違いがあります。

 

  • 三菱UFJ銀行三井住友銀行SMBC信託銀行プレスティアでは、非居住者向けの口座やサービスを利用することで、「日本から海外への送金」を海外で手配することが可能です。それぞれ条件や国内との手続きの違いはありますので、利用にあたっては詳細を確認をしましょう。
  •  

  • ソニー銀行の非居住者向けの口座では、海外送金サービスを利用できません。

 

 

尚、銀行送金を海外で手配する場合の留意点として、下記を考慮しておくとよいでしょう。

 

  • 海外に住んでいて、たとえば結婚や移住などで不動産を購入することになったなど、大きな金額を日本から海外へ移すケースもあるかと思います。そのような場合には、銀行で両替も行なうと為替手数料がとても大きな金額になるので注意が必要です。
  •  

  • 海外に居住していても、条件を満たせばFX口座を利用して為替手数料をできるだけ抑えての両替が可能です。送金額が大きければ、節約できる金額もかなり大きくなります。送金に使える銀行口座を持っていることが前提条件になりますが、時間的・状況的に可能であるならば、ぜひ検討するとよいでしょう。
  •  

    詳しくは、海外へ行ってからも同じFX口座で賢く両替しようをご参照

     

     

  • 海外から送金手配をする場合、マイナンバーに関して留意しておく必要があります。住民票を抜いていてマイナンバーが付与されていない場合や、2018年末までの経過措置に該当する場合には、マイナンバーなしでも手続きをできる場合もありますが、自分が利用する銀行での扱いを確認する必要があるでしょう。
  •  

    詳しくは、海外送金とマイナンバーをご参照

 

 

法令違反をしないよう留意しよう

 

住所が変更となっているのに、住所変更をしないままに海外送金手続きをしようとすると、銀行の規約や関連の法規に違反となる可能性があるので注意しましょう。最悪の場合には、口座解約や口座凍結というリスクもあるので、留意が必要です。

 

また、自分のお金の両替や送金などの取引は、原則として自分の名義で行なうことになります。税務的なリスクや責任の理解なしに家族の名義で取引を行なうと、思わぬトラブルやリスクの可能性もあります。法令に違反することのないように留意し、事前に非居住者でも利用できる銀行口座を準備しておくなど、できる限りの準備をしておくようにしましょう。

 

 

 

一時的に海外に滞在している場合

 

長期の旅行や1年未満の留学など、海外滞在が一時的なもので税務的に日本の居住者のままである場合には、多くの銀行でそのまま銀行口座を使うことができます。

 

そのような場合には、日本にいるときと同様に、インターネットバンキングで海外送金の手続きをすることができます。

 

ただし、銀行によっては、海外からの利用を制限している場合、あるいは海外ではパスワードの利用方法が異なる場合などがありますので、海外からのインターネットバンキングの利用方法を確認しておきましょう。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

トランスファーワイズを利用する

トランスファーワイズでは、日本円からの送金の場合、原則として本人確認の手続きが必要となり、「本人確認書類、マイナンバー確認及び住所確認等の認証」が必要となります。

 

海外居住の場合には、日本居住の場合と扱いが違う場合があり、住民票を抜いた非居住者の場合を含めて、ヘルプページにて詳しく説明がされています。

 

本人確認書類の住所で書留を受け取れることが必要

 

海外居住の場合には、大きく分けて、
(1)マイナンバーカード(個人番号カード)を持っている場合
(2)マイナンバーカード(個人番号カード)を持っていない場合
で、手続きが異なってきます。

 

詳しい手続きの流れについては、トランスファーワイズのヘルプページをご参照いただくとして、ここでは、留意点すべき点を整理してみました。

 

  • 返納されたマイナンバーカードでは手続きができないので、その場合には(2)番のマイナンバーカードを持っていない場合の手続きに従うことになります。
  •  

  • いずれの場合でも、顔写真のついた有効期限内&日本で発行された本人確認書類(運転免許証、パスポートなど)が必要になります。
  •  

  • いずれの場合でも、本人確認書留に記載された日本国内住所へ転送不要・簡易書留にてアクティベーションコードが送付されるものを受け取れることが必要になります。

 

気を付けなくてはいけないのは、運転免許証に記載されている住所から転居してしまって書留を受け取れない場合には、運転免許証を本人確認書類としては利用できないことになる点です。

 

その場合には、たとえば本人確認書類としてはパスポートを利用して、パスポートの所持人記入欄を日本語で記載するなど、口座開設に有効な顔写真付きの本人確認書類をきちんと準備する必要がありますね。

 

 

100万円までの送金方法として準備しておくと便利

 

トランスファーワイズは、非居住者でも、多くの場合で「パスポートを本人確認書類として利用」「そこに記載の日本の住所で転送不要・簡易書留の郵便物を受け取れる」状況であれば、口座を開設できる点が魅力です。

 

すでに非居住者となっていて利用できる日本の銀行口座を持っていない場合に、トランスファーワイズは頼りになる選択肢といえます。

 

手続きにある程度の日にちがかかるので、送金の予定があるのであればトランスファーワイズのアカウントを設定しておくと安心でしょう。

 

 

詳細は日本語公式ページへ

トランスファーワイズの公式ページ

 

 

まとめ

いかがでしょうか?

 

すでに非居住者となって海外に住んでいる場合にも、トランスファーワイズなどの選択肢があるのは心強いですね。

 

関連法規の変更などによって、海外からの口座開設が影響を受ける可能性もあるかもしれませんので、海外から口座開設が可能なものについては、多少の手間はかかっても口座を作っておけば、海外送金はもちろん国内送金にも利用できるので、心強いですね。

 

 

 

 

外貨現金(紙幣)を日本円へ戻すお得な方法

 

帰国の際に空港で外貨を円へ換金すると、手数料が差し引かれた両替レートが利用されるため、手にできる円の金額がぐっと目減りします。外貨から円への両替(外貨売却)は、外貨両替ドルユーロが有利なレートになっていておすすめです。お得なクーポン情報もあります。

 

 

 

 

 

帰国が近づいているならばWIFIレンタル手配を忘れずに♪

 

一時帰国、あるいは海外滞在を終えて日本への帰国の場合には、まずはしばらくの間インターネット環境を安心&確実に確保できるように、WIFIルーターのレンタルが便利です。空港や滞在先のホテルで受け取りができます。海外から手配しておけば、帰国直後の動きに起動力が増すでしょう。下記の記事も参考にしてくださいね。

 

日本への帰国時にはWIFIルーターのレンタルが便利

wifi

日本への帰国時にはWIFIルーターのレンタルが便利

wifi

 

2017/11/15 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

スポンサーリンク


スポンサーリンク

 

 

関連ページ一覧

urgentのイメージ写真

「すぐに海外送金をしなくてはならない」「送金期限が迫っている」という場合には、銀行口座や送金サービスのアカウントを開設している時間の余裕は、ほとんどないでしょう。急ぎの海外送金、緊急の海外送金の選択肢...

「すぐに海外送金をしなくてはならない」「送金期限が迫っている」という場合には、銀行口座や送金サービスのアカウントを開設している時間の余裕は、ほとんどないでしょう...

シドニーの写真

海外赴任が決まったら、できるだけ早く海外生活のお金周りの準備にとりかかる必要があります。海外送金という視点では、海外駐在期間中に日本の住民票を抜いて日本の所得税法・住民税での非居住者になる場合、下記の...

海外赴任が決まったら、できるだけ早く海外生活のお金周りの準備にとりかかる必要があります。海外送金という視点では、海外駐在期間中に日本の住民票を抜いて日本の所得税...

ワーキングホリデーのイメージ画像

ワーキングホリデー制度では、対象国が21ヵ国にのぼり(2018年10月現在)、多くの方が海外生活へと旅立っています。日本からの渡航数では、多い順(概算)で、オーストラリア(年間約10,000人)、カナ...

ワーキングホリデー制度では、対象国が21ヵ国にのぼり(2018年10月現在)、多くの方が海外生活へと旅立っています。日本からの渡航数では、多い順(概算)で、オー...

海外留学のイメージ画像

海外留学の入学出願時の送金は、多くの場合、まとまった金額の送金になります。入学許可を得るまでのプロセスのうち、最終段階の大切な手続きであり、すみやかに&確実に送金することが必要となります。出願先の学校...

海外留学の入学出願時の送金は、多くの場合、まとまった金額の送金になります。入学許可を得るまでのプロセスのうち、最終段階の大切な手続きであり、すみやかに&確実に送...

パスポートの写真

すでに海外に滞在・居住していて、「日本から海外への送金」を海外から手続きしなくてはならない場合、送金方法の選択肢が限られてきます。というのは、海外在住であると日本の銀行口座や海外送金サービスの新規の口...

すでに海外に滞在・居住していて、「日本から海外への送金」を海外から手続きしなくてはならない場合、送金方法の選択肢が限られてきます。というのは、海外在住であると日...

住信SBIネット銀行デビットカード

海外でのカード利用は、便利な反面、海外利用の事務手数料がかかってきます。口座から引き落とされた手数料分を含めた円額が、思ったより高かったという体験をお持ちの方も多いのではないでしょうか?そこで「どのカ...

海外でのカード利用は、便利な反面、海外利用の事務手数料がかかってきます。口座から引き落とされた手数料分を含めた円額が、思ったより高かったという体験をお持ちの方も...