トランスファーワイズの法人口座海外送金 | 海外送金ラボ

トランスファーワイズの法人向け海外送金サービス

トランスファーワイズ法人口座での海外送金サービスを扱うようになり、一層に利便性が増しています。

 

個人向けと同様に、「隠れコストのない透明な料金体系」「送金にかかる日数が短い」点が好評です。

 

ここでは、トランスファーワイズの法人向け海外送金サービスの特徴を見ていきましょう。

 

 

 

尚、当記事は、法人の海外送金を対象としています。トランスファーワイズを利用した個人の海外送金については、以下の記事をご参照ください。
トランスファーワイズの海外送金>>

 

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

 

トランスファーワイズの法人口座海外送金のメリットと特徴

 

トランスファーワイズの海外送金は、個人による海外送金と同様に、とても使いやすいサービス内容となっています。

 

わかりやすい手数料体系

トランスファーワイズの最大の特長は、わかりやすく透明な手数料体系です。送金にかかる手数料が明瞭で隠れコストがないので、安心して利用することができます。
送金にかかるコストは、トランスファーワイズの送金手数料計算ツールで、簡単に確認することができます。

 

トータルの送金コストが安い

トランスファーワイズでは、両替レートに為替手数料としての上乗せレートがありません
そのため、他の多くの海外送金方法と比較した際に、トータルでの送金コストは安くなっています。

 

たとえば、主要通貨の送金コストの比較シミュレーションにおいて、主要通貨について代表的な送金方法の送金コストを比較していますが、トランスファーワイズの送金コストは、比較した方法のなかでは最も安くなっていました。

 

送金にかかる日数・時間が短い

トランスファーワイズでは、扱っている送金の9割以上の送金が24時間以内に完了しており、従来からの銀行送金などと比較して、格段に速いプロセスとなっています。

 

海外送金にかかる日数の比較においても、銀行口座宛ての海外送金では、トランスファーワイズは最も速いカテゴリと言える結果となっています。

 

受取額を指定できる

トランスファーワイズの海外送金では、「受取人の受取金額」を指定できる機能があります。
その他の海外送金方法が、為替レートの変動や中継銀行の手数料などが理由で受取人が最終的に受け取る金額を指定できずに不便を感じている人にとっては、とても便利な機能です。

 

多くの国へ送金可能

トランスファーワイズは世界中で利用されているサービスなので、非常に多くの通貨&宛先国を扱っています。

 

日本語でのサービス

元々は海外発のサービスですが、日本の資金移動業者 しての免許をとり、日本語でのサービスを提供しています。

 

グローバルに認められた世界標準のサービス

トランスファーワイズは、EconomistやFinancial Timesなどに高い評価にて取り上げられています。多くの利用者によって5/5の最高評価を受けています。
公式ページには、世界でのメディア記事掲載が紹介されています。

 

 

 

トランスファーワイズの公式ページ

 

 

トランスファーワイズの法人口座海外送金の留意点

 

とても便利なトランスファーワイズの法人口座海外送金ですが、利用にあたってはいくつか留意しておくべき点があります。

 

個人プロフィールと法人プロフィールの設定が必要

法人として送金するには、会社代表者の本人確認手続きが必要になります。
スケジュールに余裕を持って、口座開設や本人確認等の手続きを進めましょう。

 

送金金額は1回100万円まで

資金決済法の規定により、1回につき送金金額は100万円までとなっています。
留意点として、「日本円(JPY)から送金する」ヘルプページにある説明によると、「1日の送金限度額はありませんが、複数の送金を分割したと見なされる場合には、送金手続きを一時停止してご連絡させて頂きます」とある点です。あくまで1回の送金は100万円である点に留意する必要があります。

 

尚、現時点(2019年2月)において、法人(中小企業)がトランスファーワイズでは送金できない多額の海外送金をする必要がある場合には、楽天銀行の海外送金が選択肢となってきます。詳しくは、下記の記事をご参照ください。
楽天銀行の法人向け海外送金>>

 

 

管理人画像

 

法人でもトランスファーワイズが利用できるようになって、送金コストを節約できる選択肢が増えました。

 

2019年2月18日付けの日経新聞記事「100万円超す送金、銀行以外でも 認可制で参入可能に 」によると、銀行以外でも100万円を超える送金ができるようになる可能性があるようです。

 

1回100万円までという限度額の制限が緩和されれば、ますますトランスファーワイズの利便性が増えますね。


 

 

 

海外送金ラボ的まとめ

 

トランスファーワイズの法人口座からの海外送金は、銀行送金や他の送金サービスのような上乗せレートがないので、実質のコストが抑えられます。

 

中小企業が法人として海外送金する場合、1回100万円までの海外送金であれば、多くの場合でお得な送金方法となるでしょう。

 

 

トランスファーワイズの公式ページ

 

 

 

 

 

外貨現金が必要ならば、お得な方法で両替!

 

社員の海外出張や、海外への社員研修旅行などで、法人として外貨現金が必要になる場合があります。

 

銀行や空港で両替をすると、為替手数料が高く割高な両替レートになってしまいますので、お得な両替方法を利用しましょう。
下記の記事でご紹介している外貨両替ドルユーロは、法人の利用や高額の外貨両替にも対応しています。(法人の場合でも、割引クーポン利用可能です。)

 

 

2019/2/24

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

スポンサーリンク


スポンサーリンク

 

 

関連ページ一覧

トランスファーワイズが法人口座での海外送金サービスを扱うようになり、一層に利便性が増しています。個人向けと同様に、「隠れコストのない透明な料金体系」「送金にかかる日数が短い」点が好評です。ここでは、ト...

トランスファーワイズが法人口座での海外送金サービスを扱うようになり、一層に利便性が増しています。個人向けと同様に、「隠れコストのない透明な料金体系」「送金にかか...

楽天銀行 は、法人向けにも海外送金サービスを提供しています。個人向けと同様に、ネットですべて手続きが完結するので、中小企業・スモールビジネスの海外送金にとても便利なサービスです。ここでは、楽天銀行の法...

楽天銀行 は、法人向けにも海外送金サービスを提供しています。個人向けと同様に、ネットですべて手続きが完結するので、中小企業・スモールビジネスの海外送金にとても便...

SBIレミットの海外送金サービスは、個人だけでなく法人も利用することができます。銀行口座宛に送金が可能な中国、フィリピンなどへの送金に便利です。また、海外からの送金受取りについても、受取手数料がかから...

SBIレミットの海外送金サービスは、個人だけでなく法人も利用することができます。銀行口座宛に送金が可能な中国、フィリピンなどへの送金に便利です。また、海外からの...