SBIレミットの海外送金(法人の場合)

SBIレミット の海外送金サービスは、個人だけでなく法人も利用することができます。

 

銀行口座宛に送金が可能な中国、フィリピンなどへの送金に、個人のと同様に、送金コストをトータルでみたときの安さが魅力のサービスです。

 

また、海外からの送金受取りについても、受取手数料がかからないので、中小企業が海外から送金を受ける場合にも便利です。

 

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

 

SBIレミットの海外送金(法人の場合)のメリットと特徴

  • 送金にかかるコストをトータルでみたときに業界最低レベルです。アカウントの開設・維持に利用料はかからないので、海外と取引のある中小企業にとって利用しやすいサービスです。
  •  

  • 米国送金大手のマネーグラム社のネットワークを利用しているので、送金可能国と取扱通貨がとても多いという特徴があります。
  •  

  • 銀行口座宛に送金できる、フィリピン、中国、スリランカ、ブラジルの場合、海外の商品・サービス代金の支払いや現地事務所の賃料などに、口座宛送金を利用することができて便利です。
  •  

  • 受取り人が銀行口座をもっていなくても、現地のマネーグラム社の取扱店で受取りができます。最短10分からでの着金が可能です。

 

SBIレミットの海外送金(法人の場合)の留意点

  • 法人のアカウント開設にあたっては、法人としての確認書類と、取引担当者(原則として代表者)の本人確認書類が必要になります。
  •  

  • 法人名義のアカウントでは、個人の利用目的での送金はできません。
  •  

  • 法人の取引担当者を会社の代理人として手続きすることになります。そのため、海外の受取り人には、Reference Number(リファレンスナンバー)とあわせて、取引担当者の個人名を知らせる必要があります。

     

  • 原則として1回あたりの送金限度額は、個人の場合と同様で1万米ドル相当まで(100万円を超えることはない)となっています。限度額を超える送金の場合には所定の申請手続きが必要になります。

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

 

 

SBIレミットで法人が海外からの送金を受け取る場合

 

  • 海外の送金人は、マネーグラム社を利用して送金することになります。送金人が直接に法人の銀行口座宛てへ送金するわけではないので留意が必要です。
  •  

  • 法人の取引担当者を会社の代理人として手続きすることになります。取引担当者を受取り人として伝えておく必要があります。
  •  

  • 受取り手数料はかかりません
  •  

  • 出金には銀行口座へ送る出金手数料がかかります。
  •  - 住信SBIネット銀行: 51円(消費税込み)
     - その他の銀行: 3万円未満165円、3万円以上258円(消費税込み)

     

  • 出金用の銀行口座として、法人名義の日本国内の銀行口座の登録が必要になります。出金手数料が差し引かれて、口座へ振り込みがされます。

 

受取手数料がかからないので、少額の送金を受け取る場合には特に便利なサービスです。

 

送金人がマネーグラム社を利用して送金してくれる場合には、検討してみるとよいでしょう。

まとめ

いかがでしょうか?

 

法人がSBIレミットを利用する場合、送金や受取の条件が合っていれば、送金にかかるコストを節約できます。

 

特に、送金の場合には中国やフィリピンへの口座宛て送金、受取りの場合には少額の受取りのケースにおいておすすめです。

 

詳しくは公式ページへ
(会員登録申込ページの左上の「法人のお客さま」へ進んでください。)

 

 

 

 

2017/11/29

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

スポンサーリンク


スポンサーリンク

 

 

関連ページ一覧

楽天銀行 は、法人向けにも海外送金サービスを提供しています。個人向けと同様に、ネットですべて手続きが完結するので、中小企業・スモールビジネスの海外送金にとても便利なサービスです。ここでは、楽天銀行の法...

楽天銀行 は、法人向けにも海外送金サービスを提供しています。個人向けと同様に、ネットですべて手続きが完結するので、中小企業・スモールビジネスの海外送金にとても便...

SBIレミット の海外送金サービスは、個人だけでなく法人も利用することができます。銀行口座宛に送金が可能な中国、フィリピンなどへの送金に、個人のと同様に、送金コストをトータルでみたときの安さが魅力のサ...

SBIレミット の海外送金サービスは、個人だけでなく法人も利用することができます。銀行口座宛に送金が可能な中国、フィリピンなどへの送金に、個人のと同様に、送金コ...