ソニー銀行の海外送金の方法・送金手数料・為替レート・通貨などの特徴をご説明

ソニー銀行の海外送金の特徴と手数料

ソニー銀行の海外送金は、メガバンク等と比較して為替マージンが小さい(為替手数料が小さい)ことが大きな特徴です。

 

さらにネットで取引が完結する点、リフティングチャージの設定がない点など、まとまった金額を銀行送金する場合の有力候補としてぜひ検討しましょう。

 

 

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

 

 

ソニー銀行による海外送金のメリット

 

  • ソニー銀行での為替マージンは、メガバンク等と比較してかなり小さく設定されているので、為替手数料を抑えることができます。
  •  

  • ソニー銀行での海外送金手続は、すべてインターネットで完結します。
  •  

  • 送金限度額が、1回あたり500万円となっています。これはインターネットで手続きできる1回あたりの送金額として、他行と比べて大きい限度額設定となっています。
  •  

  • 外貨で送金する際に、リフティングチャージがかかりません。他の銀行では外貨で送金する際にリフティングチャージがかかってくる場合が多いので、外貨をそのまま外貨のまま送金したいという場合にも、有力な選択肢になります。
  •  

  • 口座残高や取引状況に応じて、優遇プログラムClub Sによって、為替手数料や送金手数料の割引があります。優遇のステージ獲得条件には、外貨預金の積立購入(月間合計額5万円以上)や投資信託積み立てプラン(月間合計額5万円以上)など、金額があまり大きくない条件もあるので、ソニー銀行で海外送金を考えるのであれば、事前に準備をして上手に優遇プログラムを利用するようにしましょう。
  •  

  • ソニー銀行の海外送金では、受取人が受取り銀行にて支払いを受けるときの手数料(受取手数料)を送金人負担にすることも可能です。銀行によっては受取手数料を送金人負担にすることができませんので、受取人との関係で受取額を約束している場合には、受取手数料を送金人負担にできる選択ができるのは便利です。

     

  • ソニー銀行では、非居住者口座の設定があり、海外へ行ってからも口座を継続して利用できます。ただし、非居住者口座では利用できないサービスもあり、非居住者口座で日本から海外への海外送金は利用できなくなります。

 

 

状況に応じてデビットカードも検討しよう

ソニー銀行に口座を開くならば、SONY Bank WALLET の利用もおすすめです。
海外送金する代わりに、留学やワーホリ、ロングステイなどの滞在費支払い、現地ATMからの引出しに、デビットカードを利用できます。

対象の10通貨であれば、海外ショッピング時に手数料無料で外貨預金から引き落としになるので、手数料的にもお得なカードです。

 

 

 

ソニー銀行による海外送金の留意点


ソニー銀行による海外送金を利用するには、事前の口座開設海外送金申込みの手続きが必要になります。スケジュール的に余裕をもって手続きすることが大切です。

 

また、インターネットのみでの対応になるので、窓口や電話での海外送金手続きには対応していません。

 

ソニー銀行による海外送金の基本的事項

1.  為替マージン(USDの例)

通常: 1ドルにつき0.15円
優遇プログラムClub S(シルバー): 1ドルにつき0.12円
優遇プログラムClub S(ゴールド): 1ドルにつき0.10円
優遇プログラムClub S(プラチナ): 1ドルにつき0.08円
(2018年3月31日まで円⇒外貨預金預け入れ時の為替コストが0円となるキャンペーン
>>ソニー銀行の為替レート(公式サイト)
>>ソニー銀行の為替コスト(公式サイト)

 

2.  送金手数料(1件あたり)

3,000円
優遇プログラムClub S ゴールドは月1回無料、プラチナは月3回無料

3.  リフティングチャージ

設定なし

4.  受取手数料

3,000円

5.  受取手数料の送金人負担

可能

6.  中継銀行手数料

送金実行後に関係銀行にかかる手数料、諸費用などの請求があった場合は、追加で請求の場合あり

7.  円送金

8.  取扱い通貨

11通貨 (JPY, USD, EUR, GBP, CHF, CAD, AUD, NZD, HKD, ZAR, SWE)

9.  送金限度額

1回500万円(500万円を超える場合、カストマーセンターへ依頼することにより、一時的に1回あたりの上限額を変更することが可能)

10. 送金可能国

多数

11. 送金日数

送金先による

12. 窓口送金

不可

13. 電話送金

不可

14. インターネット送金

インターネットのみ、口座開設&事前登録が必要

 

*上記は、記事掲載・更新時点での個人による海外他行あて電信送金を前提にしています。ご利用に当たっては、必ず最新の詳細情報をご確認ください。

 

>>ソニー銀行の海外送金の公式サイトはこちら

まとめ

ソニー銀行の海外送金は、為替マージンの小ささ、ネットで手続きが完結、リフティングチャージがかからないことなどから、ある程度まとまった金額の銀行送金をインターネットでおこないたい場合には、有力候補になってくるはずです。

 

事前に口座を開いて取引実績をつくることで、手数料の割引のある優遇プログラムを利用できれば、さらにお得になりますね。

 

 

2017/7/19

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

スポンサーリンク


スポンサーリンク

 

 

関連ページ一覧

ゆうちょ銀行の海外送金・国際送金については、2018年1月9日より、従来の窓口での海外送金に加えて、ゆうちょダイレクトでの海外送金が可能になったことにより、いろいろな変更がありました。また、2018年...

ゆうちょ銀行の海外送金・国際送金については、2018年1月9日より、従来の窓口での海外送金に加えて、ゆうちょダイレクトでの海外送金が可能になったことにより、いろ...

三菱UFJ銀行は、インターネット、テレビ窓口、Webサポート、店頭窓口など、さまざまな方法で海外送金サービスを提供しています。外国為替専門銀行であった旧東京銀行時代からの歴史的は背景もあって、メガバン...

三菱UFJ銀行は、インターネット、テレビ窓口、Webサポート、店頭窓口など、さまざまな方法で海外送金サービスを提供しています。外国為替専門銀行であった旧東京銀行...

みずほ銀行を利用しての海外送金は、送金手数料も為替手数料も比較的高めの設定になっていますが、みずほ銀行をメインバンクに為ている人にとっては、急ぎの海外送金時の選択肢になってきます。外貨預金を利用して為...

みずほ銀行を利用しての海外送金は、送金手数料も為替手数料も比較的高めの設定になっていますが、みずほ銀行をメインバンクに為ている人にとっては、急ぎの海外送金時の選...

三井住友銀行を利用しての海外送金は、すでに三井住友銀行に口座を持っていらっしゃる方にとっては、急ぎのときに海外送金方法を選ぶにあたり便利な選択肢となります。SMBCダイレクトを利用して為替手数料を節約...

三井住友銀行を利用しての海外送金は、すでに三井住友銀行に口座を持っていらっしゃる方にとっては、急ぎのときに海外送金方法を選ぶにあたり便利な選択肢となります。SM...

ソニー銀行の海外送金は、メガバンク等と比較して為替マージンが小さい(為替手数料が小さい)ことが大きな特徴です。さらにネットで取引が完結する点、リフティングチャージの設定がない点など、まとまった金額を銀...

ソニー銀行の海外送金は、メガバンク等と比較して為替マージンが小さい(為替手数料が小さい)ことが大きな特徴です。さらにネットで取引が完結する点、リフティングチャー...

SMBC信託銀行は、旧シティバンク銀行のリテールバンク事業からの流れを受けて、海外送金では頭ひとつ抜きんでて頼りになるサービスを提供しています。銀行口座プレスティア(以下、記事中では「SMBC信託プレ...

SMBC信託銀行は、旧シティバンク銀行のリテールバンク事業からの流れを受けて、海外送金では頭ひとつ抜きんでて頼りになるサービスを提供しています。銀行口座プレステ...

楽天銀行の海外送金は、安い送金手数料とネットですべて完結する点が大きな特徴です。特に、送金手数料は銀行送金としては最安クラスであり、生活費程度の金額レンジの海外送金を定期的にする状況にあれば、口座をも...

楽天銀行の海外送金は、安い送金手数料とネットですべて完結する点が大きな特徴です。特に、送金手数料は銀行送金としては最安クラスであり、生活費程度の金額レンジの海外...

セブン銀行は、フィリピンのBDO Unibankと提携したセブン銀行フィリピン送金サービスと、国際送金大手のウェスタンユニオンと提携したセブン銀行海外送金サービを提供しています。フィリピン・中国への送...

セブン銀行は、フィリピンのBDO Unibankと提携したセブン銀行フィリピン送金サービスと、国際送金大手のウェスタンユニオンと提携したセブン銀行海外送金サービ...

新生銀行の総合口座パワーフレックス(以下、記事中では「新生パワーフレックス」)は、他の銀行送金と比べて為替マージンが小さい(為替手数料が安い)こと、リフティングサービスがないことなどから、ある程度まと...

新生銀行の総合口座パワーフレックス(以下、記事中では「新生パワーフレックス」)は、他の銀行送金と比べて為替マージンが小さい(為替手数料が安い)こと、リフティング...