海外送金の仕組み | 海外送金ラボ

海外送金の仕組み

通貨紙幣の写真

 

ここでは、海外送金の仕組みを理解するために、送金の依頼から始まって受取人にたどり着くまでを、ステップごとに見ていきましょう。

 

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

 

海外送金のしくみを理解するには・・・ 


海外送金(外国送金、国際送金とも呼ばれます)のしくみを理解するにあたっては、必要となる送金資金の計算と手数料について、しっかり理解する必要があります。手数用は、送金手数料とひとくくりに表現されてしまう場合もありますが、送金方法によってはいくつもの種類の手数料がかかってきます。

 

銀行送金のプロセスには、送金資金の計算や手数料発生のタイミングを理解する鍵となる3つの手数料(送金手数料、為替手数料、受取手数料)が出てくるので、海外送金のしくみを理解する上での基本といえます。そのため、ここでは銀行送金のしくみについて詳しく見ていくこととします。

 

その他の海外送金サービスや海外プリペイドカードについては、銀行送金の8つのプロセスの一部が違うプロセスで代用となっている、あるいは省略となっている、という視点で捉えることができますので、銀行送金のしくみの応用として理解できるでしょう。

 

 

銀行による海外送金のしくみ


下記の図は、送金銀行から受取銀行への>支払指図が電信にて行われる場合(=電信送金)のプロセスを表しています。大きくわけて、①から⑧の8つのプロセスになります。

 

仕向送金

仕向送金

 

①送金の依頼


海外送金を依頼したい銀行(送金銀行)へ、海外送金の申込みをします。
必ず事前に海外送金に必要な情報・書類を、細心の注意を払って準備するようにしましょう。

 

 

②送金資金の支払い


送金資金を円から支払いをする場合、通常その銀行の送金取組日のTTSレート(銀行が顧客に対して外貨を売るときのレート)によって計算されます。
たとえば、3万ドルを送金する場合でTTSレートが1ドル=101円であれば、

 

   30,000ドル  x @101円  = 3,030,000円

 

と計算されて、送金資金として3,030,000円を準備する必要があります。

 

TTSレートは、米ドルの場合であれば、多くの銀行で仲値の為替レートから1ドルにつき1円が上乗せされています。

 

この上乗せされた為替レートによる追加コストを、為替手数料と捉えることができます。

 

上乗せレートは銀行や送金サービスによって違っているので、送金方法を選ぶ際の重要ポイントになります。

 

 

③送金手数料の支払い


送金資金と共に、送金手数料を支払います。リフティングチャージ、円為替取扱手数料、中継銀行手数料の支払いが必要な場合は、この段階で支払うことになります。

 

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

 

 

④支払指図(電信)


送金銀行から、受取人の取引銀行へ電信にて支払いの指図をします。

 

 

⑤送金資金の決済


送金銀行と受取人の取引銀行間にて、送金資金の決算が行われます。

 

送金銀行の決済口座が受取人の取引銀行にある場合には、そこからの引き落としが行われます。送金銀行の決済口座が受取人の取引銀行にない場合には、中継してくれる銀行(コルレス銀行)の口座を通じて決済が行われます。

 

コルレス銀行とは、Correspondence Bank(コレスポンデンス銀行)のことです。送金銀行がすべての海外の銀行に口座をもつことは現実的に不可能なので、送金銀行が取引のある銀行とコルレス契約(Correspondenc Agreement)を結んで、コルレス契約を結んだ銀行(=コルレス銀行)へ送金指示を出して間接的に送金を行っているのです。

 

 

⑥送金到着の通知


受取人の取引銀行は、送金を受け取ると受取人へ送金資金到着を知らせます。

 

 

⑦受取手数料の支払い


受取人の取引銀行へ支払う手数料を送金人が負担していない場合には、送金資金から受取手数料が差し引かれます。

 

 

⑧送金資金を受取人口座へ入金


受取人の取引銀行は、送金資金を受取人の口座へ振り込みます。

 

 

手数料と為替レートを理解して送金コストをトータルで節約

 

上記でみたように、海外送金の各プロセスで異なる種類の手数料がかかってきます。送金にかかるコストの全体像が見えにくくなり、送金方法による比較が一律にできません。

 

トータルで送金コストを節約するには、送金にかかる各手数料、送金で使われる為替レートをしっかり理解することが重要です。

 


まとめ

いかがでしょうか?

 

比較のしやすい送金手数料に目が行きがちですが、海外送金する金額が大きくなればなるほど、上乗せレートによる為替手数料の影響が大きくなります。トータルでの送金コストで比較して、状況に合った送金方法を選ぶようにしましょう。

 

あわせて読みませんか?

送金手数料を計算しているイメージ写真

あわせて読みませんか?

送金手数料を計算しているイメージ写真

為替レートについてはこちらへどうぞ

為替レートのイメージ写真

為替レートについてはこちらへどうぞ

為替レートのイメージ写真

 

 

2016/8/15  2017/10/29

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

スポンサーリンク


スポンサーリンク

 

 

関連ページ一覧

通貨紙幣の写真

ここでは、海外送金の仕組みを理解するために、送金の依頼から始まって受取人にたどり着くまでを、ステップごとに見ていきましょう。Contents:1. 海外送金のしくみを理解するには・・・2. 銀行による...

ここでは、海外送金の仕組みを理解するために、送金の依頼から始まって受取人にたどり着くまでを、ステップごとに見ていきましょう。Contents:1. 海外送金のし...

送金手数料を計算しているイメージ写真

海外送金には、いろいろな手数料がかかります。ここでは、各手数料がどのようなときにかかるか、その内容と特徴について見ていきましょう。Contents:1. 海外送金における6つの手数料1.1 送金手数料...

海外送金には、いろいろな手数料がかかります。ここでは、各手数料がどのようなときにかかるか、その内容と特徴について見ていきましょう。Contents:1. 海外送...

為替レートのイメージ写真

海外送金にかかるコストにおいては、為替レートに含まれる上乗せレートからくる為替手数料が大きな比率を占めます。そのため、送金手数料をトータルで節約するためには、為替レートについてきちんと理解しておくこと...

海外送金にかかるコストにおいては、為替レートに含まれる上乗せレートからくる為替手数料が大きな比率を占めます。そのため、送金手数料をトータルで節約するためには、為...

為替コントールの重要性のイメージ画像

海外送金・外貨両替というと、手数料にばかり目が行きがちですが、総額のコストに大きな影響を及ぼすのは、為替レートそのものです。為替レートが有利なタイミング、円から外貨への両替・海外送金であれば、できるだ...

海外送金・外貨両替というと、手数料にばかり目が行きがちですが、総額のコストに大きな影響を及ぼすのは、為替レートそのものです。為替レートが有利なタイミング、円から...

計算機の画像

クレジットカード、デビットカード、プリペイドカードを海外利用したときの手数料について、今ひとつわからないと感じている方も多いのではないでしょうか?特に、手数料が「換算レートにX%が上乗せされる」という...

クレジットカード、デビットカード、プリペイドカードを海外利用したときの手数料について、今ひとつわからないと感じている方も多いのではないでしょうか?特に、手数料が...

情報のイメージ写真

海外送金の手続きにあたっては、送金資金を用意するほか、送金人に関する情報・書類、受取人に関する情報、送金資金に関する情報が必要となります。英語での用語の意味を正しく理解して、必要な情報を間違いなく揃え...

海外送金の手続きにあたっては、送金資金を用意するほか、送金人に関する情報・書類、受取人に関する情報、送金資金に関する情報が必要となります。英語での用語の意味を正...

Definitionのイメージ写真

このコーナーでは、海外送金方法を正しく選ぶために理解しておきたい基本用語を簡潔に説明しています。サイト管理人の備忘録を兼ねて、適宜追加していきます。Contents:  1. 海外送金の手数料の用語 ...

このコーナーでは、海外送金方法を正しく選ぶために理解しておきたい基本用語を簡潔に説明しています。サイト管理人の備忘録を兼ねて、適宜追加していきます。Conten...