FX口座を利用した通貨両替と受渡し(現受け・現渡し)の特徴と違いを詳しくご説明

FX会社による通貨両替と現受けの違いを理解しよう

通貨表示ボードの写真

 

FX口座を利用して円⇒外貨へ替えるときには、FX会社が提供する「両替」あるいは「現受け」というプロセスによりおこなうことになります。

 

FX会社が提供する有利な為替レートを使って外貨を円へ替えるという点では、両替も受渡しも共通していますが、いくつか重要な違いがあります。

 

このコーナーでは、「両替」と「受渡し」の違いについて、海外送金の視点から考えてみます。

 

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

 

 

 

尚、 「両替」も「現受け」も、、「円を外貨へ替える」という広義の「両替」あるいは「外貨両替」に含まれます。このサイトでは、FX会社の提供する両替のサービスを「通貨両替」と呼んで、広義の「両替」と区別して説明をしています。

 


通貨両替について

円⇒外貨の通貨両替は、FX会社によるリアルタイムの為替レートを使って円を外貨へするもので、FX取引での建玉(ポジション)を持たなくて通貨を替えることができます。通貨両替は、コンバージョンとも呼ばれます。

 

【通貨両替】
通貨両替を説明した図

 

上の図は、円をドルへ両替する場合を表しています。両替に必要となる円貨をFX口座へ入金し、それを両替したい時点でドルへと両替し、ドルのままFX口座から出金をします。

 

FX取引に独特の証拠金・建玉というった専門知識を必要とすることなく、通常の外貨両替の概念で手続きを進めていくことができる点が特徴です。

 

現受けについて

現受けでは、FX取引(外国為替証拠金取引)を行って、円を外貨へ替えていくことになります。

 

通常のFX取引では、円⇒外貨⇒円と決済後には元の通貨である円へ戻ります。これに対して現受けでは、決済時に外貨の現物を受け取ることで取引が完了します。

 

以下に、通常のFX取引と現受けの場合の違いを見ていきましょう。

 

 

FX取引と現受けの違い

 

通常のFX取引

通常のFX取引を説明した図
FX取引では、建玉(たてぎょく)という、「まだ支払い(決済)は終わっていないけれども、将来の売り買いの約束はしている」という状態を経て取引を行っていきます。建玉は、ポジションとも呼ばれ、買建玉は買いポジション、売建玉は売りポジションとも呼ばれます。FX取引に特徴的な点は、実際の売買額よりも金額よりも少ない金額(=証拠金)でポジションを持つことができる点です。

 

通常のFX取引においては、ポジションは反対売買によって決済されます。

 

たとえば、上の図においては、円の証拠金を入金してドルの買いポジションを持ち、その後ドルを売る取引により決済が行われて円に戻ります。ドルの買いの時点と売りの時点での為替レートの差により、為替差益または為替損失が発生します。

 

現受け

現受けを説明した図

 

現受けでは、決済において反対売買を行う代わりに、外貨の現物を受け取ります。

 

たとえば、上の図では円の証拠金を入金してドルの買いポジションを持ち、その後に反対取引であるドルの売却を行う代わりに、決済に必要な円貨額を入金してドルを受け取ります

 

ポジションを持つ時点での為替レートが使われるので、決済の時点で為替差損益は発生しません。ポジションを持つ時点での為替の動向をきちんと把握しておくことが重要になります。

 

また、最初から決済に必要となる円の金額を入金して、買いポジションを持ってすぐに決済をしてドルを受け取るということも可能です。

 

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

 

通貨両替と現受けの違いを理解して状況に合った取引を選ぼう

上記で説明した通貨両替と受渡しの違いを整理してみると、以下のとおりになります。

資金が必要となる

タイミング

為替レートの

タイミング

特徴

通貨両替 両替のとき 両替時点のレート

取引がシンプル
取引単位が小さくフレキシブル

現受け 決済のとき 建玉時点のレート

FX取引の理解が必要
取引単位が大きい
為替ヘッジ的にも利用できる

資金が

必要

となる

タイミング

為替

レートの

タイミング

特徴

通貨

両替

両替のとき

両替時点
のレート

取引がシンプル
取引単位が小さくフレキシブル
 

現受け

決済のとき

建玉時点
のレート

FX取引の理解が
必要
取引単位が大きい
為替ヘッジ的にも利用できる

通貨両替のメリットと留意点

 

  • 通貨両替は、為替レートも資金が必要となるのも両替時のタイミングのため、シンプルでわかりやすいです。FX取引に独特の概念を理解する必要なく、FX会社の提供する有利な為替レートで両替したいという場合に向いています。
  •  

  • 通貨両替の取引の最低単位は小さいので、少額の両替にも向いています。
  •  

  • 現受けの手数料と比較すれば、やや高めの手数料となっている場合が多いです。

 

 

現受けのメリットと留意点

  • 現受けでは、資金が必要になるのは決済のときですが、為替レートは建玉をもつ段階での為替レートが利用されます。円⇒外貨への両替時で円安へ動いてくことが予想される場合に、建玉時の有利な為替レートを使って外貨を手に入れることができます。
  •  

  • 現受けの取引の最低単位は通貨両替よりも大きくなっています。少額の取引には向いていません。
  •  

  • 通貨両替よりも手数料が低く設定されている場合が多いです。手数料をより節約したい場合に向いています。
  •  

  • 通常のFX取引と同様に、FX取引でのスワップポイントの受け取りまたは支払いが発生する点、証拠金が必要額を下回らないようにしておく点など、きちんと理解した上で取引きすることが必要です。

 

 

通貨両替と現受けの両方のサービスを提供しているFX会社(セントラル短資FXマネーパートナーズなど)もあります。通貨両替か現受けのどちらを利用するか決め兼ねている場合には、両方を提供しているFX会社の口座をあけておいて、為替の状況や両替する金額によって通貨両替と現受けのどちらを利用するか決める、というのも一案です。

 

 

 

海外へ行ってもFX口座でお得に両替したいならこちらへ

FX口座のイメージ画像

 

 

まとめ

いかがでしょうか?

 

通貨両替も現受けも、どちらもFX口座を利用する点では同じですが、ベースとなる取引の種類が異なっているのですね。

 

現受けを理解しづらければ、シンプルな通貨両替を選べばよいでしょう。

 

通貨両替でも現受けでも、FX口座を開いて手続きする必要がありますので、スケジュール的に余裕をもつことが大切です。

 

 

2016/9/21  2017/7/17

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

スポンサーリンク


スポンサーリンク

 

 

関連ページ一覧

fxのイメージ写真

FX会社が提供する為替レートには高い上乗せレートがのっていないので、銀行送金、各種の海外送金・国際送金サービスと比較して、かなり有利な為替レートとなっています。FX口座を利用した海外送金では、この有利...

FX会社が提供する為替レートには高い上乗せレートがのっていないので、銀行送金、各種の海外送金・国際送金サービスと比較して、かなり有利な為替レートとなっています。...

FX口座のイメージ画像

当サイトの読者の方には、海外就職や海外勤務で海外に長期に住む方、海外移住やロングステイで海外に人生の拠点を移す方がいらっしゃいます。そのような場合、ある程度まとまった金額の海外送金では、当サイトでもご...

当サイトの読者の方には、海外就職や海外勤務で海外に長期に住む方、海外移住やロングステイで海外に人生の拠点を移す方がいらっしゃいます。そのような場合、ある程度まと...

FX取引を利用した海外送金のイメージ写真

FX口座を利用した海外送金では、FX口座にある外貨を銀行口座へ出金し、その銀行口座から海外へ銀行送金をすることになります。どの銀行を選ぶかによって、外貨を海外へ向けて送金にかかる費用が変わってきます。...

FX口座を利用した海外送金では、FX口座にある外貨を銀行口座へ出金し、その銀行口座から海外へ銀行送金をすることになります。どの銀行を選ぶかによって、外貨を海外へ...

通貨表示ボードの写真

FX口座を利用して円⇒外貨へ替えるときには、FX会社が提供する「両替」あるいは「現受け」というプロセスによりおこなうことになります。FX会社が提供する有利な為替レートを使って外貨を円へ替えるという点で...

FX口座を利用して円⇒外貨へ替えるときには、FX会社が提供する「両替」あるいは「現受け」というプロセスによりおこなうことになります。FX会社が提供する有利な為替...