FX利用の海外送金でおすすめの銀行口座3選 | 海外送金ラボ

FX口座で両替した外貨を海外送金する銀行を賢く選ぼう

FX取引を利用した海外送金のイメージ写真

 

FX口座を利用した海外送金では、FX口座にある外貨を銀行口座へ出金し、その銀行口座から海外へ銀行送金をすることになります。

 

どの銀行を選ぶかによって、外貨を海外へ向けて送金にかかる費用が変わってきます。FX利用の海外送金のトータルコストを抑えるために、状況に合った銀行口座を選ぶようにしたいものです。

 

ここでは、FX利用の海外送金での銀行口座を選ぶポイントと、おすすめの銀行口座について見ていきましょう。

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク


FX利用の海外送金での銀行口座を選ぶポイント

FX利用の海外送金では、FX口座からの外貨の送金を受けて、その後にそれを外貨のまま海外送金する場合にかかる銀行による手数料、具体的には下記の3つの手数料がかかってきます。

 

  • FX会社から銀行に外貨が着金するときの手数料(被仕向送金手数料とリフティングチャージ)
  • 銀行から外貨を外貨のまま海外送金する際のリフティングチャージ
  • 海外送金の送金手数料

 

FX口座を利用して安い為替手数料で両替できた外貨を、できるだけ追加費用を少なく海外送金するためには、この3つの手数料ができるだけ安い銀行を選ぶことがポイントになります。

 

銀行によってこの3つの手数料の扱いにはかなり違いがありますので、3つの手数料の合計できちんと比較するようにしましょう。

外貨の送金を受けて外貨のまま海外送金する際の銀行手数料比較

上記の3つの手数料について、メガバンクを含めた6行で比較をしてものが以下の表です。口座をもっている個人の場合を前提としています。

 

国内からの外貨の送金を受けて、外貨をそのまま海外送金する際の手数料比較

国内からの外貨建て被仕向送金手数料&リフティングチャージ

外貨を外貨のまま海外へ送金するときのリフティングチャージ

送金手数料

三菱

UFJ銀行

外貨預金口座へ入金の場合(新規口座開設を含む)は無料

送金金額の1/20%
(最低2,500円)

窓口(口座引き落とし): 4,500円
窓口(外国送金Webサポート利用): 4,000円
テレビ窓口・電話: 3,500円
三菱UFJダイレクト: 3,000円

みずほ銀行

国内からの外貨建ての被仕向送金を同一名義の外貨預金に入金の場合無料 送金手数料に含んでいると考えられる 5,500円

三井住友

銀行

無料 1/20%(最低2,500円)

窓口: 4,000円
SMBCダイレクト: 3,500円

新生銀行

パワーフレックス

無料 無料 4,000円(新生プラチナは月1回無料)

SMBC信託

プレスティア

無料 無料

窓口・郵送: 4,000円
電話: 4,000円(月平均取引残高が100万円以上の場合2,500円)
インターネット: 3,500円(月平均取引残高が100万円以上の場合2,000円)

ソニー銀行

無料 無料 3,000円(優遇プログラムClub S ゴールドは月1回無料、プラチナは月3回無料)

 国内からの外貨の送金を受けて

外貨をそのまま海外送金する際の手数料比較

 

国内からの外貨建て被仕向送金手数料&リフティングチャージ

外貨を外貨のまま海外へ送金するときのリフティングチャージ

送金手数料

三菱

UFJ銀行

外貨預金口座へ入金の場合(新規口座開設を含む)は無料

送金金額の1/20%
(最低2,500円)

窓口(口座引き落とし): 4,500円
窓口(外国送金Webサポート利用): 4,000円
テレビ窓口・電話: 3,500円
三菱UFJダイレクト: 3,000円

みずほ

銀行

国内からの外貨建ての被仕向送金を同一名義の外貨預金に入金の場合無料 送金手数料に含んでいると考えられる

5,500円
 

三井住友

銀行

無料 1/20%(最低2,500円)

窓口: 4,000円
SMBCダイレクト: 3,500円

新生銀行

パワーフレックス

無料 無料 4,000円(新生プラチナは月1回無料)

SMBC

信託

プレスティア

無料 無料

窓口・郵送: 4,000円
電話: 4,000円(毎月の月平均取引残高が100万円以上の場合、2,500円)
インターネット: 3,500円(毎月の月平均取引残高が100万円以上の場合、2,000円)

ソニー

銀行

無料 無料 3,000円(優遇プログラムClub S ゴールドは月1回無料、プラチナは月3回無料)

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

 

 

 

状況別にみたFX利用の海外送金で利用したい銀行口座

上記の比較からわかるように、三菱UFJ銀行、三井住友銀行ではリフティングチャージがかかってくるので、外貨を外貨のまま送金する際の手数料が大きくなります。(特に、送金額が500万円以上になると、送金額に比例してリフティングチャージが増加します。)、また、みずほ銀行では、金額にかかわらずに送金手数料が5,500円となっており、手数料の優遇や割引サービスがありません。

 

これらに対して、SMBC信託銀行プレスティア新生銀行パワーフレックスソニー銀行の3行は、リフティングチャージがないこと、送金手数料の割引・優遇サービスがあることから、外貨を外貨のまま送金する際の総額での送金コストを低めに抑えることが可能です。これらが海外送金の対象としている通貨であれば、FX利用の海外送金の銀行口座として検討しましょう。

 

では、この3行のどれがおすすめの銀行口座となるか、状況別に検討してみましょう。

 

FX利用の海外送金手続きで、SMBC信託銀行プレスティアがおすすめの状況は?

     

  • 1回あたり300万円までの送金であれば、インターネットで送金手続きが完結します。特にプレスティア オンラインで前月の月間平均総取引残高が100万円以上であれば、送金手数料が2,000円です。
  •  

  • 1千万円を超えるような大きな金額の送金の場合でも、窓口での送金手続きが可能です。この場合には送金手数料が4,000円となります。
  •  

  • 海外へ行って非居住者となっても、海外送金をすることができます。長期的に国内に残した資金を、海外から自分自身で日本⇒海外への送金を手続きしたい場合に向いています。

 

ただし、SMBC信託プレスティアは、残高等の条件を満たさないと、口座維持管理手数料が毎月2,000円かかってきますので、できる限り口座維持管理手数料がかからないように、口座残高や取引状況をしっかり管理する必要があります。

 

詳細は>>SMBC信託銀行プレスティアの海外送金の特徴と手数料をご参照

 

 

 

 

FX利用の海外送金手続きで、新生銀行パワーフレックスがおすすめの状況は?

     

  • 1千万円を超えるような大きな金額の送金に向いています。窓口の手続きで送金手数料は4,000円ですが、新生ステップアッププログラムで新生プラチナになると月1回無料になります。大きな金額の送金を予定しているのであれば、新生プラチナになるように口座残高や取引状況を管理して、送金手数料無料を利用するとよいでしょう。
  •  

  • SMBC信託プレスティアのような口座管理手数料はかかりません。口座残高を気にすることなしに、長期的に口座を保有して、状況に応じて新生銀行パワーフレックス口座を利用していきたい場合に向いています。

 

ただし、新生銀行パワーフレックスの海外送金の特徴と手数料で詳しく説明したように、送金手続きでは最低一度は窓口へ行く必要があります。また海外転出の場合には、基本的に口座が解約となってしまうことにも留意が必要です。

 

詳細は新生銀行パワーフレックスの海外送金の特徴と手数料をご参照

 

 

FX利用の海外送金手続きで、ソニー銀行がおすすめの状況は?

     

  • インターネットで送金手続きが完結します。送金限度額が1回当たり500万円と、SMBC信託プレスティアより高い設定となっている上に、500万円を超える場合でもカストマーサービスに連絡することにより一時的に上限額を変更できるので、インターネットで大きな金額を送金したい場合に向いています。
  •  

  • 送金手数料が3,000円ですが、優遇プログラムClub Sでゴールドは月1回、プラチナは月3回までが無料となります。大きな金額を予定している場合には、ぜひこの優遇プログラムを利用できるように、口座残高や取引状況を管理しましょう。
  •  

    ただし、送金限度額の上限を変更可能とはなっていますが、いくらまで可能なのかははっきりわかりません。また、非居住者口座の設定はあるものの、非居住者口座では日本⇒海外への送金手続きはできないので、海外転出後にも自身で送金手続きをしたい場合には向いていません。

     

    詳細はソニー銀行の海外送金の特徴と手数料をご参照

まとめ

いかがでしょうか?

 

いずれの場合にも、手数料が割引または無料になるサービスを利用するには、数ヶ月前から口座を開いて残高や取引の条件を満たすことが必要です。FX取引を利用して海外送金する場合には、FX口座の準備と一緒に、送金に利用する銀行口座も準備するようにしましょう。

 

 

2016/9/16  2017/10/29

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

スポンサーリンク


スポンサーリンク

 

 

関連ページ一覧

fxのイメージ写真

FX会社が提供する為替レートには高い上乗せレートがのっていないので、銀行送金、各種の海外送金・国際送金サービスと比較して、かなり有利な為替レートとなっています。FX口座を利用した海外送金では、この有利...

FX会社が提供する為替レートには高い上乗せレートがのっていないので、銀行送金、各種の海外送金・国際送金サービスと比較して、かなり有利な為替レートとなっています。...

FX口座のイメージ画像

当サイトの読者の方には、海外就職や海外勤務で海外に長期に住む方、海外移住やロングステイで海外に人生の拠点を移す方がいらっしゃいます。そのような場合、ある程度まとまった金額の海外送金では、当サイトでもご...

当サイトの読者の方には、海外就職や海外勤務で海外に長期に住む方、海外移住やロングステイで海外に人生の拠点を移す方がいらっしゃいます。そのような場合、ある程度まと...

FX取引を利用した海外送金のイメージ写真

FX口座を利用した海外送金では、FX口座にある外貨を銀行口座へ出金し、その銀行口座から海外へ銀行送金をすることになります。どの銀行を選ぶかによって、外貨を海外へ向けて送金にかかる費用が変わってきます。...

FX口座を利用した海外送金では、FX口座にある外貨を銀行口座へ出金し、その銀行口座から海外へ銀行送金をすることになります。どの銀行を選ぶかによって、外貨を海外へ...

通貨表示ボードの写真

FX口座を利用して円⇒外貨へ替えるときには、FX会社が提供する「両替」あるいは「現受け」というプロセスによりおこなうことになります。FX会社が提供する有利な為替レートを使って外貨を円へ替えるという点で...

FX口座を利用して円⇒外貨へ替えるときには、FX会社が提供する「両替」あるいは「現受け」というプロセスによりおこなうことになります。FX会社が提供する有利な為替...

FXF