セブン銀行の海外送金の特徴と手数料 | 海外送金ラボ

セブン銀行の海外送金の特徴と手数料

セブン銀行は、フィリピンのBDO Unibankと提携したセブン銀行フィリピン送金サービスと、国際送金大手のウェスタンユニオンと提携したセブン銀行海外送金サービを提供しています。

 

フィリピン・中国への送金の利便性と、申込みから海外送金手続きまでスマホのアプリで完了できるところが特徴となっています。

 

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

セブン銀行による海外送金のメリット

    セブン銀行フィリピン送金サービス

     

    • 1回当たり950円~2,000円とリーズナブルな送金手数料です。(キャンペーン中はさらに安い手数料となっています。)
    •  

    • 海外送金アプリの利用で、時間も場所も選ばずに手続きができます。セブンイレブンのATMからの入金も可能です。
    •  

    • フィリピンの約8,000ヶ所の受取り拠点での現金受取り、または銀行口座への送金が可能です。

       

    • フィリピンの受取り拠点での現金受取りの場合、送金から受取りまで最短で数分というはやさです。

 

    セブン銀行海外送金サービス

     

    • 送金額がによって決まるシンプルな手数料体系となっています。
    •  

    • セブン銀行のインターネットまたはモバイルバンキングを利用することで、時間も場所も選ばずに手続きができます。セブンイレブンのATMからの入金も可能です。
    •  

    • ウェスタンユニオンの取扱店での現金受取りであれば、送金手続きから最短数分で受取りが可能となります。
    •  

    • 中国とフィリピン向けには、銀行口座への送金が可能で、送金手数料は金額にかかわらずに一律2,000円です。
    •  

    • 同じ送金先であれば、送金の都度に書類を提出する必要はありません。

 

 

特に、フィリピン・中国向けの送金の場合、SBIレミットと並んでリーズナブルな送金手数料設定となっています。これらの国への定期的な送金であれば便利ですね。

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

セブン銀行による海外送金の留意点

 

  • 事前にセブン銀行での口座開設と海外送金サービスへの申込みが必要です。
  •  

  • フィリピン・中国以外への送金の場合、金額が増えてくると送金手数料もメガバンクと同様レベルになるので注意が必要です。
  •  

  • 為替手数料(上乗せされている為替レートからくる手数料)についてはわかりにくいので、必ず総額の送金コストを確認する必要があります。
  •  

  • 送金限度額は、1回・1日・1ヶ月(毎月1日~末日)に100万円、1年(1月1日~12月31日)で300万円までとなっています。また、受取国や受取り拠点が、これより少ない限度額を設けていることがあります。
  •  

  • 日本⇒海外への送金サービスのみで、海外⇒日本へ送金受取りサービスは提供していません。
  •  

    セブン銀行による海外送金サービスの基本的事項

    1.  為替マージン(USDの例)

    為替マージンとしては公表していないが、セブン銀行海外送金サービスの場合、送金シュミレーションにて送金額・受取額から為替レートを確認できる。
    >>セブン銀行の送金シュミレーション(公式ページ)
    セブン銀行フィリピン送金サービスの場合、海外送金アプリで為替レートを確認できる。

    2.  送金手数料(1件あたり)

    金額により異なる。中国・フィリピンへの銀行口座宛の送金は一律2,000円
    >>セブン銀行の海外送金手数料(公式ページ)

    3.  リフティングチャージ

    該当なし

    4.  受取手数料

    原則なし

    5.  受取手数料の送金人負担

    該当なし

    6.  中継銀行手数料

    該当なし

    7.  円送金

    不可

    8.  取扱い通貨

    多数 

    9.  送金限度額

    1回・1日・1ヶ月100万円、1年300万円
    その他、送金先の国別に限度額あり

    10. 送金可能国

    多数

    11. 送金日数

    最短数分から

    12. 窓口送金

    窓口はないが、セブンイレブン等にあるセブン銀行のATMから送金可能

    13. 電話送金

    口座開設のみオペレーターサポートあり

    14. オンライン送金


    セブン銀行のインターネット・モバイルバンキングに登録が必要、フィリピン送金サービスは海外送金アプリで送金可能

     

    *上記は、個人による送金を前提にしています。ご利用に当たっては、必ず最新の詳細情報をご確認ください。

     

    >>セブン銀行の海外送金の公式サイトはこちら

     

    まとめ

    いかがでしょうか?

     

    セブン銀行の海外送金は、銀行送金と送金サービスの両方の特徴を持っているサービスといえそうです。

     

    フィリピン・中国向け送金のサービスは充実していますので、これらの国への定期的送金の場合にはぜひ検討したいサービスですね。

     

     

    2017/11/23

     

    このエントリーをはてなブックマークに追加

     

    スポンサーリンク


    スポンサーリンク

     

     

    関連ページ一覧

    ゆうちょ銀行の海外送金・国際送金については、2018年1月9日より、従来の窓口での海外送金に加えて、ゆうちょダイレクトでの海外送金が可能になったことにより、いろいろな変更がありました。2018年5月に...

    ゆうちょ銀行の海外送金・国際送金については、2018年1月9日より、従来の窓口での海外送金に加えて、ゆうちょダイレクトでの海外送金が可能になったことにより、いろ...

    三菱UFJ銀行は、インターネット、テレビ窓口、Webサポート、店頭窓口など、さまざまな方法で海外送金サービスを提供しています。外国為替専門銀行であった旧東京銀行時代からの歴史的は背景もあって、メガバン...

    三菱UFJ銀行は、インターネット、テレビ窓口、Webサポート、店頭窓口など、さまざまな方法で海外送金サービスを提供しています。外国為替専門銀行であった旧東京銀行...

    みずほ銀行を利用しての海外送金は、送金手数料も為替手数料も比較的高めの設定になっていますが、みずほ銀行をメインバンクに為ている人にとっては、急ぎの海外送金時の選択肢になってきます。外貨預金を利用して為...

    みずほ銀行を利用しての海外送金は、送金手数料も為替手数料も比較的高めの設定になっていますが、みずほ銀行をメインバンクに為ている人にとっては、急ぎの海外送金時の選...

    三井住友銀行を利用しての海外送金は、すでに三井住友銀行に口座を持っていらっしゃる方にとっては、急ぎのときに海外送金方法を選ぶにあたり便利な選択肢となります。SMBCダイレクトを利用して為替手数料を節約...

    三井住友銀行を利用しての海外送金は、すでに三井住友銀行に口座を持っていらっしゃる方にとっては、急ぎのときに海外送金方法を選ぶにあたり便利な選択肢となります。SM...

    ソニー銀行の海外送金は、メガバンク等と比較して為替マージンが小さい(為替手数料が小さい)ことが大きな特徴です。さらにネットで取引が完結する点、リフティングチャージの設定がない点など、まとまった金額を銀...

    ソニー銀行の海外送金は、メガバンク等と比較して為替マージンが小さい(為替手数料が小さい)ことが大きな特徴です。さらにネットで取引が完結する点、リフティングチャー...

    SMBC信託銀行は、旧シティバンク銀行のリテールバンク事業からの流れを受けて、海外送金では頭ひとつ抜きんでて頼りになるサービスを提供しています。銀行口座プレスティア(以下、記事中では「SMBC信託プレ...

    SMBC信託銀行は、旧シティバンク銀行のリテールバンク事業からの流れを受けて、海外送金では頭ひとつ抜きんでて頼りになるサービスを提供しています。銀行口座プレステ...

    楽天銀行の海外送金は、安い送金手数料とネットですべて完結する点が大きな特徴です。特に、送金手数料は銀行送金としては最安クラスであり、生活費程度の金額レンジの海外送金を定期的にする状況にあれば、口座をも...

    楽天銀行の海外送金は、安い送金手数料とネットですべて完結する点が大きな特徴です。特に、送金手数料は銀行送金としては最安クラスであり、生活費程度の金額レンジの海外...

    セブン銀行は、フィリピンのBDO Unibankと提携したセブン銀行フィリピン送金サービスと、国際送金大手のウェスタンユニオンと提携したセブン銀行海外送金サービを提供しています。フィリピン・中国への送...

    セブン銀行は、フィリピンのBDO Unibankと提携したセブン銀行フィリピン送金サービスと、国際送金大手のウェスタンユニオンと提携したセブン銀行海外送金サービ...

    新生銀行の総合口座パワーフレックス(以下、記事中では「新生パワーフレックス」)は、他の銀行送金と比べて為替マージンが小さい(為替手数料が安い)こと、リフティングサービスがないことなどから、ある程度まと...

    新生銀行の総合口座パワーフレックス(以下、記事中では「新生パワーフレックス」)は、他の銀行送金と比べて為替マージンが小さい(為替手数料が安い)こと、リフティング...