【セントラル短資FXで外貨を円へ両替】海外から日本への送金時におすすめ

セントラル短資FXで外貨から円へお得に両替~海外⇒日本へのまとまった送金におすすめ

海外滞在を終えて日本へ帰国するとき、海外不動産などの投資資金を日本へ戻すときには、海外から日本へのまとまった金額の両替&送金になります。

 

送金額が数十万~数百万円の金額レンジであれば、手間とコストのバランスから、多くの場合でトランスファーワイズで海外から日本へ送金でご紹介したトランスファーワイズの利用がおすすめとなりますが、これ以上の金額となるとFX口座を利用して両替することで、トータルでの送金コストを大きく節約することができます。

 

FX口座を利用して両替する方法は、外貨預金にある外貨を為替手数料を節約して円へ戻す方法としても考えられるので、状況に応じて利用を検討するとよいですね。

 

ここでは、セントラル短資FXのFX口座を利用して海外から送金した外貨を円へ両替する方法を、詳しく見ていきましょう。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

海外から日本への送金の手数料比較例

 

海外から日本へ送金する金額が大きくなってくると、両替&送金の合計手数料が大きくなってきます。

 

どのような点に留意すべきかを理解するために、まずひとつの例を見てみましょう。

 

以下は、豪ドル10万ドルをオーストラリアから日本へ送金する場合の手数料比較例です。いろいろな前提のもとに計算しているので、細かい数字よりも、全般的な傾向を知るための参考として捉えてください。また、通貨や金額によっては、傾向の結果が異なる場合もあり得ることにご留意ください。

 

尚、下記で例として利用しているANZ銀行はオーストラリアの四大銀行のひとつです。

 

  • ケース1:豪ドルでANZ銀行からセントラル短資FXへ入金⇒セントラル短資FXの現渡しにより円へ両替⇒円を日本の銀行口座へ出金
  • ケース2:豪ドルでANZ銀行からセントラル短資FXへ入金⇒セントラル短資FXの通貨両替により円へ両替⇒円を日本の銀行口座へ出金
  • ケース3:円でトランスファーワイズで日本の銀行口座へ送金。日本の銀行口座は、被仕向送金手数料のかからないソニー銀行を想定。
  • ケース4:円でANZ銀行で日本の銀行口座へ送金。日本の銀行口座は、被仕向送金手数料のかかる三菱UFJ銀行を想定。

 

【10万豪ドルをオーストラリア⇒日本へ送金する場合の手数料比較例】*1

豪ドルで送金 円で送金
 

ケース1
ANZ銀行
⇒セントラル短資FX(現渡し)
⇒日本の銀行口座

ケース2
ANZ銀行
⇒セントラル短資FX(通貨両替)
⇒日本の銀行口座

ケース3
トランスファー
ワイズ
⇒日本の銀行口座

ケース4
ANZ銀行
⇒日本の銀行口座

送金額 100,000AUD 100,000AUD 100,000AUD 100,000AUD
送金手数料 18AUD *2 18AUD *2 599.42AUD *3 0 *3
送金できる金額(両替額) 99,982AUD 99,982AUD 99,400.58AUD 100,000AUD
両替レート *1 - - 1豪ドル=80.00円 1豪ドル=76.5491円 *4
受取人の受取額 99,982AUD 99,982AUD 7,952,046円 7,654,910円
為替手数料 - - 0 345,090円 *5
両替レート 1豪ドル=79.946円 *6 1豪ドル=79.896円 *7 - -
受取人の受取額 7,993,161円 7,988,162円 - -
為替手数料 5,399円 *9 10,398円 *10 - -
その他の手数料 5,000円 *12 0円 35AUD *13 5,327円 *14
手数料合計 *15 11,839円 11,838円 50.754円 350,417円
詳細ページ セントラル短資FX

トランスファー
ワイズ

ANZ銀行

*1: 1豪ドル=80円の場合の計算例。
*2: $18 if sent in AUD, $0 if sent in foreign currency ANZ BankのInternational Money Transferより。
*3: トランスファーワイズの送金手数料 0.6%の手数料 + $ 3.00 AUD 送金手数料計算ツールより。
*4: トランスファーワイズとANZ銀行の比較例での差を仲値との差として利用。
*5: 100,000 x 76.5491 - 100,000 x 80 = 7,654,910 - 8,000 000 = -345,090
*6: 現渡手数料0.05円 + スプレッド片道0.4銭
*7: 両替手数料0.1円 + スプレッド片道0.4銭
*8: 豪ドル為替コスト0.45円
*9: 99,982 x 79.946 - 99,982 x 80 = 7,993,161 - 7,998,560 = -5,399円
*10: 99,982 x 79.896 - 99,982 x 80 = 7,988,162 - 7,998,560 = -10,398円
*11: 99,982 x 79.55 - 99,982 x 80 = 7,953,568 - 7,998,560 = -44,992円
*12: 10,000通貨あたり500円
*13: 日本円で100万円相当以上の送金の場合、SWIFT送金の追加手数料より 日本の銀行はソニー銀行など被仕向送金手数料がない場合を想定。
*14: 三菱UFJ銀行を想定して被仕向送金手数料1,500円、円為替取扱手数料(送金金額の1/20%)として計算。
*15: 中継銀行手数料は含んでいません。他にも手数料がかかる場合があります。

 

 

上記の例のように、送金する金額が大きくなると、想像以上に手数料合計の差が大きくなります。

 

【海外から日本への送金において留意すべきポイント】

 

外貨で送金か円で送金か?

海外⇒日本への送金において、「外貨のまま送金して日本で外貨⇒円へ両替する」のか、「海外で外貨⇒円に両替して円を送金する」のかによって、両替のタイミングが異なります。上記では、ケース1とケース2は外貨で送金、ケース3とケース4は円で送金となっています。

 

送金手数料

表面的な送金手数料はわかりやすいものですが、ケース4のように、送金手数料が安くても、両替レートに手数料が大きく反映されている場合があることに注意が必要です。

 

両替のレート

両替のレートが仲値からどのくらいずれているかによって、為替手数料が大きく変わり、結果として円での手取額に大きな差が付きます。
・ケース1&ケース2のように、セントラル短資FXなどのFX口座を利用して両替することで、為替手数料を抑えることができます(詳しくは次項で後述)。

 

・FX口座を利用して両替することが、スケジュール的あるいは実務的な面からむずかしい場合にも、多くの場合でケース3のトランスファーワイズを利用することで、ケース4のような銀行送金よりは送金コストを抑えることができるでしょう。詳しくは以下を参照してください。
トランスファーワイズで海外から日本へ送金>>

 

・ケース4のオーストラリアの銀行で豪ドル⇒円に両替して送金する場合に、両替レートが減額によって為替手数料がとても大きくなっています。このケースと同様に、海外から日本へ送金する場合に、海外の銀行を使って円に戻してから送金する場合には、注意が必要です。

 

銀行での受取り時の手数料

銀行によって、被仕向送金手数料などの海外からの送金受取りに手数料がかかります。
・ケース1&ケース2のFX口座からの円資金の出金の場合には、FX口座によって出金の手数料が違ってきます。(セントラル短資FXの場合は、日本の居住者が円を出金する場合は、手数料無料です。)

 

・海外から送金を受け取る場合、可能であれば、(ケース3でのソニー銀行のように)受取り時に被仕向送金手数料・為替取扱手数料がかからない銀行を選ぶことで、手数料を節約できます。

 

・これから海外に滞在して、将来的に海外⇒日本の送金が想定される場合には、ソニー銀行またはSMBC信託銀行プレスティアを持っておくと便利でしょう。
海外へ行ってからも使える銀行口座4選>>

 

中継銀行手数料

事前に確認できない場合も多いですが、中継銀行手数料で数千円がかかる場合があります。

 

 

 

次項では、セントラル短資FXを利用して海外⇒日本へ送った資金を両替する方法を見ていきましょう。

 

 

セントラル短資FXを利用した海外⇒日本への送金&両替

 

上記の例でみたとおり、FX口座を利用して外貨⇒円へ両替することで、両替にかかる為替手数料を大きく節約することができます。

 

セントラル短資FXについては、セントラル短資FXで両替コストを抑える~国際派なら長期でもちたいFX口座において、円⇒外貨への両替でのメリットを詳しく説明しましたが、同じように外貨⇒円への両替においても、銀行等と比較して手数料の少ない為替レートで両替されるので、両替コストを大きく抑えることができます。

 

通貨両替と受渡の両方のサービスを提供している点、さらに海外からも利用ができるという点で、海外⇒日本への送金&両替に使うFX口座として、数少ない選択肢といえるでしょう。

 

節約できる金額が大きくなるので、多少の手間はかかっても、まとまった金額を海外から日本へ送金する場合には、この方法を検討する価値があるといえるでしょう。

 

【セントラル短資FXを利用して両替する場合のプロセス】

 

セントラル短資FXでは、海外在住のお客さまと言うコーナーが設けられています。そこに、詳しい注意事項があるので、細かい点を確認することができます。

 

(1)セントラル短資FXへ入金
・海外の銀行からセントラル短資FXへ送金をします。
詳しくは、入出金時の注意事項の入金をご参照ください。

 

(2)を利用して、外貨から円へ両替
・セントラル短資FXの「FXダイレクトプラス」口座において、両替(通貨両替)または受渡(外貨⇒円の場合は現渡し)を使って、外貨を円へ替えます。
詳しくは、両替と受渡をご参照ください。

 

両替と受渡しの違いについては、円⇒外貨への両替についての説明になりますが、以下の記事を参考にしてくださいね。
FX会社による通貨両替と現受渡しの特徴と違い>>

 

 

(3)両替後の円資金を日本の銀行口座宛へ出金
・外貨⇒円へ両替済みの円資金を、自分の銀行口座へ出金します。
詳しくは、出金についての日本円の出金の場合をご参照ください。

 

 

海外からの口座開設にあたっては、スケジュール的な余裕を持って準備をすすめるとよいでしょう。口座開設等の注意事項に気を付けるべき点が説明されています。特に、海外の法令等に違反することのないように気を付けましょう。

 

 

セントラル短資FXの口座開設は「FXダイレクトプラス」口座

セントラル短資FXで、通貨両替や受渡を考えている場合には、口座開設は「FXダイレクトプラス」になります。

 

 

口座開設は公式ページへ

FXダイレクトプラス

 

 

海外送金ラボ的まとめ

 

海外から日本への送金は、状況によっては大きな金額になってくるので、両替&送金方法を慎重に選ぶ視点が大切です。海外での仕事や投資で得た大切な外貨資金であるからこそ、節約できる手数料は抑えて、効率的に円資金へ戻したいですね。

 

ご紹介したとおり、セントラル短資FXのFX口座は、海外からも口座を開設して、外貨⇒円の両替コストを抑えて両替することができるので、大きな金額の両替においては検討に値します。日本にある外貨預金を為替コストを抑えて円へ戻す方法としてもおすすめです。

 

これから海外へ長期滞在するという場合にも、国内での口座開設のほうが手続きが簡便なので、口座開設をしておくと安心ですね。

 

セントラル短資FXの公式ページ >>

 

 

 

 

外貨現金(紙幣)を日本円へ戻すお得な方法

 

帰国の際に空港で外貨を円へ換金すると、手数料が差し引かれた両替レートが利用されるため、手にできる円の金額がぐっと目減りします。外貨から円への両替(外貨売却)は、外貨両替ドルユーロが有利なレートになっていておすすめです。お得なクーポン情報もあります。

 

 

 

 

 

帰国が近づいているならばWIFIレンタル手配を忘れずに♪

 

一時帰国、あるいは海外滞在を終えて日本への帰国の場合には、まずはしばらくの間インターネット環境を安心&確実に確保できるように、WIFIルーターのレンタルが便利です。空港や滞在先のホテルで受け取りができます。海外から手配しておけば、帰国直後の動きに起動力が増すでしょう。下記の記事も参考にしてくださいね。

 

日本への帰国時にはWIFIルーターのレンタルが便利

wifi

日本への帰国時にはWIFIルーターのレンタルが便利

wifi

 

2018/10/18

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

スポンサーリンク


スポンサーリンク

 

 

関連ページ一覧

トランスファーワイズは、海外から日本への送金にも利用できます。トランスファーワイズの海外送金でご紹介したように、両替レートに反映された上乗せ・減額レートからくる為替手数料がないので、隠れコストがない透...

トランスファーワイズは、海外から日本への送金にも利用できます。トランスファーワイズの海外送金でご紹介したように、両替レートに反映された上乗せ・減額レートからくる...

海外滞在を終えて日本へ帰国するとき、海外不動産などの投資資金を日本へ戻すときには、海外から日本へのまとまった金額の両替&送金になります。送金額が数十万~数百万円の金額レンジであれば、手間とコストのバラ...

海外滞在を終えて日本へ帰国するとき、海外不動産などの投資資金を日本へ戻すときには、海外から日本へのまとまった金額の両替&送金になります。送金額が数十万~数百万円...