海外赴任者の資産運用の選択肢と準備についてご紹介

海外赴任者の資産運用の選択肢~事前の準備が大切

海外での資産運用のイメージ写真

 

海外赴任者・海外勤務者にとって、海外にいる間の資産・投資運用については、しっかりとした方針と準備が必要です。

 

なぜなら、日本に残してある資産の運用方法については、いろいろな制限があって選択肢がかなり限られるからです。これだけ経済がボーダーレス化して、人生の一時期を海外で過ごす人が増えているのに、いざ海外に住むとなると、日本での資産運用はかなり限られてしまうのが現状です。

 

その反面、海外滞在中に海外での資産運用をはじめる機会を得て、グローバルな視野での資産形成をスタートすることができるので、長期的な資産運用という視点では、大きなチャンスを得る機会とも言えます。

 

ここでは、海外赴任者が非居住者となって日本での資産運用で留意すべきことと、海外滞在中の資産運用に関する参考アイディアについて記します。

 

 

 

 

尚、記事タイトルの表現は「海外赴任者」とひとくくりに表現していますが、当記事は、「海外に数年以上居住してその後日本へ帰国する」状況を前提としています。そのため、海外赴任者のみならず、海外就職・海外留学・海外ロングステイなどで非居住者として海外に住んだ後、将来は日本に戻る場合も対象となります。

 

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

 


非居住者になるにあたって留意しておくこと


非居住者とは?

 

金融機関の口座において、「海外赴任」「海外勤務「海外転居」「海外在住」などに関して口座解約や取引制限となるのは、多くの場合、「日本の税法上の非居住者」となる場合です。

 

税法上の非居住者は、一般的には、「日本国内に住所(生活の本拠)または1年以上居所を有しない個人、1年以上国外に居住する必要があると推測される個人」が該当します。単純には、海外赴任であれば数年の海外勤務が予定されている場合、海外留学であれば1年以上の留学を予定している場合などが該当すると判断できますが、細かい状況や金融機関による扱いなど、個々のケースで確認する必要があることに留意が必要です。

 

下記の記事で詳述していますので、参考になさってください。
>>税法での居住者・非居住者の区分とは?

 

 

特定口座・NISA口座は廃止となる

 

特定口座、NISA口座は、日本国内に居住する個人向けの制度です。そのため、非居住者となる場合には、出国前の手続きで、特定口座、NISA口座を廃止することになります。

 

マイナンバー手続きに要注意

 

海外送金に関するマイナンバー経過措置についてで見たように、多くの銀行で、経過措置によって、2015年末までに口座を開設していた場合に、マイナンバーを届け出ることなく海外への送金・海外からの送金受領ができていたものが、2018年末に経過措置が終わることになっている点に留意が必要です。

 

特に、海外へ出国する場合、日本から海外への送金はもちろん、将来の帰国時には海外からの送金を日本の口座で受け取れるようにしておくことが大切になりますので、マイナンバーの手続きを怠りなくして、海外へ行ってからも使える銀行口座をきちんと準備しておくことが大切になります。

 

税法(日本国内・海外)の理解は大切

 

日本の税法上の非居住者となっても、日本からの所得があれば確定申告が必要になります。また一般的に、住んでいる海外の国へ、日本の所得も含めて当該国へ税務申告を行なう必要があり、日本の所得について日本で税金を納めていれば、外国税額控除をとることができます。

 

また、投資関係の収入については、日本と当該国で租税条約が交わされている場合があるので、その点の確認も必要になります。

 

このように、税務関係の手続きは、確実に理解をして必要な対応をする必要があるので、必要に応じて専門家のアドバイスを得て、怠りなく対応することが大切になります。

 

 

非居住者への金融機関の対応

 

銀行の非居住者向け口座での扱い

 

海外へ行ってからも使える銀行口座4選において、非居住者となっても継続して使える銀行口座についてご紹介しました。ただし、これらの口座では、日本と同じようにすべての取引ができるわけではなく、非居住者として可能な取引に制限が設けられています。

 

ここでは、非居住者向けの口座でできること・できないことを、具体例で見てみましょう。

 

ソニー銀行

 

ソニー銀行では、海外転勤・留学などをご予定の皆さまへ(ソニー銀行)において、非居住者向け口座でできること、できないことを詳しく掲載しています。

 

ソニー銀行の非居住者向け口座では、非居住者となると「海外への送金はできない」点に留意が必要です。

 

【ソニー銀行の非居住者向け口座で海外からも利用できるサービス】

 

  • 円預金
  • 外貨預金
  • 振り込み(ただし、テレホンバンキング、モバイルバンキングでの振り込みはできない)
  • 国内他行からの振り込み金・国内外からの外貨送金の受け取り

 

【ソニー銀行の非居住者向け口座で制限される取引】

 

  • 投資信託:保有はできるが、新規購入、売却はできない。積み立てプランは停止。
  • 特定口座、NISA口座は廃止。
  • 為替リンク預金:申込みできない。
  • 外国為替証拠金取引(FX):取引できない。「国外への住所変更届」を提出前に取引した建玉は、出国前にサービスサイトから決済する必要あり。
  • Sony Bank Gate:契約中のファンドは継続保有できるが、新規の申し込みはできない。
  • カードローン:申込みできない。すでに契約中の場合は、約定返済あるいはサービスサイトからの繰り上げ返済・金利タイプの変更を利用可能。
  • ソニー銀行からの外貨送金:利用できない。
  • WEB振込決済:利用できない。
  • 株式、債券など:ソニー銀行が金融商品仲介でご案内する有価証券については、委託証券会社のマネックス証券株式会社に確認する。
  • WelthNavi for ソニー銀行:利用できない。

 

 

SMBC信託銀行プレスティア

 

SMBC信託銀行プレスティアでは、海外赴任の滞在中にプレスティアを使うにおいて、非居住者口座で利用できる主なサービスと利用停止になるサービスを掲載しています。

 

SMBC信託銀行プレスティアでは、非居住者向けの口座であっても、投資信託の売却ができる点が特筆されます。

 

【SMBC信託銀行プレスティアの非居住者口座で利用できる主なサービス】

 

  • 外貨預金の取引
  • プレミアム・デポジットの取引*1
  • 登録済送金先への送金*2
  • 送金資金の受取り
  • 投資信託の売却(プレスティア オンラインを除く/特定口座での取引は不可)

*1 米国居住者に該当する場合、取引できない場合あり。
*2 非居住者となった後は、プレスティア オンラインにて送金先の登録はできない。取引に一部制限がある。

 

【SMBC信託銀行プレスティアの非居住者口座で利用停止となるサービス】

 

  • 登録済国内送金先への定額自動送金
  • プレスティア オンラインでの国内の都度振込
  • プレスティア マルチマネークレジットの利用
  • 投資信託総合口座の開設、特定口座の開設、購入取引およびスイッチング取引
  • 証券取引口座の開設、債券の購入・売却取引(証券取引口座保有者の場合)
  • 保険商品の新規申込み

 

 

三菱UFJ銀行

 

三菱UFJ銀行では、グローバルダイレクトにおいて、海外から利用できること、できないことを簡単に記載しています。

 

【海外で利用できる「三菱UFJダイレクト」のサービス】

 

  • 残高照会
  • 明細照会
  • 振り込み・本人名義の口座(サービス指定口座)へお振り替え
  • 外国送金
  • 定期預金の取引
  • 外貨預金の取引
  • 住宅ロ一ンの一部繰上返済のご依頼 等

 

【三菱UFJ銀行で、海外在住者が利用できないサービス】

 

  • 投資信託の取引
  • 住宅ローンの申込 等

 

 

三井住友銀行

三井住友銀行では、SMBCダイレクト・グローバルサービスにおいて、提供サービスについて詳しく記載しています。

 

【三井住友銀行のSMBCダイレクト・グローバルサービスで利用できるサービス】

  • 残高・入出金明細
  • 国内振込・振替
  • 外国送金
  • セキュリティ関連登録
  • 電子メール配信サービス
  • 明細書の送付

 

海外から利用できないサービスについて、ウェブ掲載していないようなので、個別に確認が必要です。

 

 

上記を整理すると、以下の通りになります。

 

  ソニー銀行

SMBC信託
プレスティア

三菱UFJ
銀行

三井住友
銀行

普通預金
外貨預金
振り込み

国内他行からの
受け取り

海外への送金
海外からの受け取り
特定口座
NISA口座
投資信託保有 要確認 要確認
投資信託売却 要確認 要確認

 

 

~上記からわかること~
非居住者向けの銀行口座では、株式や投資信託はの保有のみ可能であって、新たな購入はできない。

 

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

 

 

証券会社の非居住者への扱い

 

非居住者となると、証券会社によって、大きく分けて(1)口座を解約しなければならないケースと、(2)口座を保持できるが取引できないケースがあります。

 

口座解約となるケース

 

このカテゴリには、ネット証券の多くが該当します。

 

以下の楽天証券の例のとおりに、このカテゴリに属する証券会社では、非居住者になる場合には口座を解約することが必要になります。

 

Q: 海外へ転勤することになりました。何か手続きは必要ですか?

 

A: 国内非居住者の場合、弊社でお取引を行うことはできません。

 

そのため、国外に転出なさる場合、弊社でお預りしているご資産をなんらかの方法(売却、出金、他社へ移管等)により、すべての残高をなくしていただき、総合取引口座の解約のお手続きをお願いいたします。

 

楽天証券ホームページ「よくある質問」より)

 

 

口座を保持できるが、取引できないケース

 

このカテゴリには、野村證券、SMBC日興証券などの従来型の証券会社や、一部のネット証券会社が該当します。

 

例として、ウェブサイトには、こんな感じの説明が掲載されていますが、あまり詳しい説明はありません。

 

Q:海外勤務のため、出国することになりました。手続きはどうすればよいですか?

 

A:一時的な出国につきましては、引き続き、当社の証券口座で有価証券等をお預けいただけます(※)。「住民票」や「在留証明」など、出国先や出国予定日を記載した書類をご用意の上、お取引店までお問い合わせください(お取引店の検索は、こちら)。

 

※出国後のお取引については制約があります。

 

野村証券ホームページ「よくある質問」より)

 

海外へ転勤等をされる場合の手続きはお取引店へご連絡ください。
SMBC日興証券ホームページ「住所変更」より)

 

SBI証券のホームページには、もう少し詳しい説明が掲載されています。

 

Q: 海外出張になりました。取引は継続できますか?

 

A: 当社に証券総合口座をお持ちのお客様が、海外勤務等の理由により一時的※1に出国「(本邦)非居住者」される場合、出国後のお取引については制限がございますが、
原則、帰国されるまでの間も当社の証券総合口座(お客様名義)にて有価証券等※2をお預けいただくことが可能です。
海外に居住されるお客様につきましては、出国前に「非居住者」となられるお手続きが必要となります。
お手続き方法につきましては、カスタマーサービスセンターへお問い合わせください。

 

なお、出国後に「(本邦)非居住者」に該当することが判明した場合、当社にて速やかにお取引の制限、特定口座やNISA口座(ジュニアNISA口座)の廃止などの手続きをさせていただきますのでご了承ください。

 

※1海外へ「永住」される場合は、証券総合口座の閉鎖が必要となります。
※2「(本邦)非居住者」に該当する場合、特定口座やNISA口座(ジュニアNISA口座)で上場株式等の管理を行うことはできません。

 

SBI証券ホームページ「よくある質問」より)

 

 

~上記からわかること~
非居住者となると、日本の証券会社では、「新たな取引はできない」

 

 

FX口座の非居住者への扱い

 

口座解約となるケース

 

多くのFX口座では、非居住者となると口座解約となります。

 

以下のDMMFXの例のとおりに、このカテゴリに属する証券会社では、非居住者になる場合には、口座を解約することが必要になります。

 

Q: 海外に居住することになった。口座はそのままでいいですか?

 

A: 口座の解約が必要です。当社の口座を開設いただけるのは、日本国内に居住する方という条件がございますので、日本国外に居住されることとなった場合は、口座を閉鎖していただく必要がございます。

 

DMMFXホームページ「よくある質問」より)

 

 

海外からの取引禁止のケース

 

国内居住・海外居住に関わらず、海外からの取引を禁止しているケースも多く見受けられます。

 

Q: 海外からの取引はできますか。
外貨exは国内向けサービスとなっておりますので、海外からのお取引はご遠慮いただいております。

 

なお、海外在住の場合はもちろん、一時的に海外に滞在された場合も含め、海外からのお取引はご遠慮くださいますよう、お願いいたします。

 

YJFXホームページ「よくある質問」より)

 

 

口座維持&取引可能なケース

 

数は多くありませんが、海外在住でも利用できる日本のFX会社もあります。

 

Q: 海外在住ですが、口座開設はできますか

 

A: できます。ただし、国によっては法律で禁止されている場合もございますので、 予め滞在国の領事館等でご確認くださいませ。

 

ヒロセ通商ホームページ「よくある質問」より)

 

Q: 海外に転居してからも取引したいのですが、手続きはどうすればいいですか。

 

A: 海外からお取引いただくこともできますが、住所変更の手続きが必要になります。当社所定の「変更届」に新しい住所を証明する本人確認書を添付して当社宛に郵送いただくこととなります。本人確認書類は、現地日本大使館・領事館が発行する「在留証明書」とさせていただきます。また、出金先としてご登録いただく金融機関の口座は、日本国内の口座のみとさせていただきます。

 

セントラル短資FXホームページ「よくある質問」より)

 

 

~上記からわかること~
非居住者となると、多くのFX口座は解約となるが、なかには「海外居住でも取引できるFX口座もある」

 

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

 

海外赴任中の資産運用に関する参考アイディア

 

前項でみたように、海外赴任者にとっては、日本の銀行・証券会社を使っての金融資産の投資運用は、ほとんどできません。

 

ここでは、現実的にどのような選択肢があるかを考えてみたいと思います。

 

1. 消極的運用

株式投資など

前項で見たように、銀行や証券会社によっては、非居住者として、株式や投資信託を保有し続けることはできる口座があります。SMBC信託銀行プレスティアのように、投資信託の売却が可能な口座もあります。

 

積極的な運用はできませんが、海外赴任や海外居住が予定されている場合には、早めにこのような口座を開設して、「保有株式を移す」「新たな投資信託はその口座で設定する」などの対応をしておくことが考えられます。

 

不動産投資

海外赴任中に、日本での金融資産の運用は難しいですが、不動産投資&運用については、理論上は可能です。

 

しかし、海外在住で日本の現地に行くこともままならない状況では、日本の不動産物件に新たに投資することは、現実的な選択肢とは言えません。

 

現実的には、「すでに不動産投資を行っている場合に継続する」あるいは「新たに自宅を賃貸に出す」という消極的な運用になるでしょう。

 

 

【赴任中に自宅をどうするか?】

 

投資運用とは違いますが、海外赴任者が「自宅の売却」を考えている場合、税務的な視点も含めてしっかり検討することが大切です。

 

特に、いずれ自宅の売却を考えていて譲渡益が出る状況の場合、非居住者でも居住用財産を譲渡した場合の3,000万円の特別控除の特例を利用できるので、売却のタイミングに充分留意する必要があります。この特例が使えるか使えないかで、手元に残るお金が大きく違ってくるので、海外赴任者の資産戦略という視点では、投資運用と同様に重要なポイントになります。

 

 

2. FX取引(外国為替証拠金取引)

 

日本に残していある資金の積極的運用していきたい場合には、現実的にはFX取引になってくるでしょう。セントラル短資FXヒロセ通商など、海外からも取引できるFX口座を利用する選択肢が考えられます。取引をするのであれば、税法や法令をきちんと確認したうえで、取り組んでいくようにしましょう。

 

海外に住んでいることで、為替の動きや世界経済の情勢に敏感になり、住んでいる国の経済や通貨の知識を格段に得やすくなります。為替を理解することで、資産運用の選択肢が広がりますので、長期的&汎用的な投資スキルとして「テクニカル分析」と「ファンダメンタル分析」の知識をしっかり身に着けることをおすすめします。

 

 

行ったり来たりならば日本のFX口座がおすすめ

 

海外のFX口座で取引するという選択肢もありますが、「行ったり来たり」となると、口座維持に気をつかうので、海外のFX口座のレバレッジ倍率の高さを求めるのでなければ、使い慣れた日本のFX口座を継続して利用するのが安心です。

 

セントラル短資FXとヒロセ通商は、それぞれのFX口座の特徴があるので、どちらの特徴もうまく利用しながら取引をしていくことが、日本でも海外でも取引継続してくコツです。

 

 

管理人画像

 

海外赴任などで海外に長期で住む方&住んだ方は、自然に為替の動きを追う体験をしていたこともあって、FX取引と親和性が高いと思います。

 

当サイト管理人マリは、住んでいた国での通貨の動きに詳しくなったことをきっかけに、FX取引を継続しています。「テクニカル分析」と「ファンダメンタル分析」の両輪をしっかり勉強したことは、「一生もの」のスキルになったと感じています。海外赴任・海外在住の機会は、世界経済や為替の動きを生で感じる機会ですよ~


 

 

 

FXダイレクトプラス

 

 

 

3. 海外で運用する

 

海外居住をきっかけに、海外へ資金を移して、経済成長している海外諸国での運用をすることで、グローバルな資産形成の一歩を踏み出すことができます。

 

特に、赴任国が経済成長している国であるならば、勝ち組経済にのって、株式投資、投資信託、場合によっては不動産投資へまでチャレンジすることが可能です。

 

その場合には、次項で見ていくように、海外からも「日本⇒海外」の送金手配をできるようにしておくこと、日本へ帰国時に「海外⇒日本」の方法を考慮しておくこと、が大切になります。動かす金額が大きくなるので、しっかりとした準備が必要になります。

 

管理人画像

 

赴任をきっかけに、グローバルな視野で資産形成できるチャンスを得ることができます。その際には、きちんと投資の知識・スキルを学ぶことと、いずれ日本に戻る際の出口戦略も考えてのプランが大切です。

 

当サイト管理人マリも、海外居住していた間に、現地通貨でお給料をもらっていたので、自然と外貨での資産も増えました。それをベースに最終的には現地の不動産購入しました。海外へ出たことで可能になった資産形成ができたと感じていますよ~


 

 

「日本⇒海外への送金」を海外で手配する準備

 

海外赴任中に、海外で投資運用するには、日本にある資金を海外へ移すために、海外にいながら「日本⇒海外への送金」を手配することが必要になります。

 

送金サービスを使う方法

 

1回100万円までの送金であれば、各種の送金サービスがありますが、非居住者で利用できるものは限られます。

 

トランスファーワイズは、「日本でも海外でも利用できる」「隠れコストがない」「海外送金の日数が早い」などの点から、海外赴任者に利用しやすい送金サービスです。特に、海外赴任先に落ち着いて現地の銀行口座を開設できたタイミングで、「日本⇒海外」への送金に気軽に利用できるので、口座開設しておくと安心です。

 

詳しくは以下をご参照:
>>トランスファーワイズの海外送金
>>トランスファーワイズで海外から日本へ送金

 

 

FX口座を利用した海外送金

 

それ以上のまとまった資金を海外へ送金する場合には、FX利用の海外送金でご紹介しているように、FX口座を利用して為替手数料を抑えて両替したうえで海外へ送金する方法をとることで、トータルの手数料を抑えることができます。

 

この方法には、両替をするFX口座と、送金をする銀行口座の2つが必要となり、そのどちらも、海外にいながら利用できることが必要になります。

 

FX口座はセントラル短資FXがおすすめ

 

セントラル短資FXは、海外居住でも口座を継続できる貴重なFX口座であり、さらに、「現受け」「通貨両替」という2つの両替方法も提供しています。

 

海外からも口座開設できますが、日本で口座開設するほうが手続き的に楽なので、今後長期的に、日本と海外を行ったり来たりしながら、「FX取引をする」「両替をする」という状況が想定されるのであれば、日本にいる間に口座開設して、FX取引にも慣れておくとよいでしょう。

 

詳しくは以下をご参照:
>>海外へ行ってからも同じFX口座で賢く両替

 

 

銀行口座はSMBC信託銀行プレスティアがおすすめ

 

海外からお金を動かすには、非居住者向けの銀行口座を持って、そこから海外送金の手続きをする必要があります。

 

海外へ行ってからも使える銀行口座4選でご紹介した4つの銀行のうち、SMBC信託銀行プレスティアは、「非居住者でも海外への送金が可能」で、外貨を外貨のまま送金するときに「リフティングチャージがかからない」ので、この目的に一番合っています。

 

取引状況によって、インターネットによる海外送金の手数料が1回2,000円となるので、事前に残高を移して条件を満たすようにしておくようにしましょう。

 

詳しくは以下をご参照:
>>SMBC信託銀行プレスティアの海外送金の特徴と手数料

 

ひとつ懸念としては、インターネットでの海外送金は1回300万円、1日の送金限度額は600万円となっており、1回300万円以上の送金の場合にはプレスティアホン バンキングに相談ということになっています。もっと大きな金額の送金が想定される場合には、追加で三菱UFJ銀行か三井住友銀行の非居住者向けサービスを利用することを検討するとよいでしょう。

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

 

海外から日本へ資金を戻す準備

 

海外赴任へ出発の段階で、「帰国時の日本への送金」へまで頭がまわらないかもしれませんが、帰国時の送金額が出発時の送金額を超える場合もよくあります。

 

海外から日本への送金時もきちんと送金方法を選ぶことで、想定外の高い送金手数料を避けることができ、海外で貯めた大切な資金を無駄にしません。

 

海外からの送金方法の具体的な選択肢については別コーナーにて説明しますので、ここでは、海外赴任への出発段階で留意しておいた方がよい点を掲げます。

 

 

銀行口座の準備

海外からの送金を受け取れる自分名義の銀行口座を準備しておきます。

 

海外へ行ってからも使える銀行口座4選でご紹介している口座であれば、いずれであっても海外からの送金を受け取ることが可能です。

 

海外滞在国での外貨のまま受け取りしたい可能性がある場合には、その通貨の外貨預金口座を準備します。海外からも外貨預金口座を開設できるかもしれませんが、手続きが面倒になりそうであれば、出国前に開設していて少額を入金しておけば安心です。

 

 

FX口座の準備

海外赴任中に海外で資産運用などをする予定で、海外から日本への送金がまとまった金額になると見込まれる場合には、海外⇒日本へ送金する際にもFX口座を利用しての両替がお得になります。この目的の場合には、セントラル短資FXの利用が選択肢となりますが、海外からの口座開設は事務手続きが煩雑になるので、国内で口座開設しておけば安心です。

 

 

海外送金ラボ的まとめ

 

管理人画像

 

海外赴任中の日本での資産運用に制限が多いのは残念ですが、逆にそれを海外へ目を向けるチャンスと捉えたいですね!

 

当サイト管理人マリも、海外に住んだことで、為替や海外不動産など投資の視点・視野が広がりました。海外の滞在国や投資スキルによっても、状況は違ってくると思いますが、当記事の内容が、これから海外へと旅立つ方々の参考になれば嬉しいです~


 

 

 

外貨現金の準備も忘れずに・・・

 

出発が近くなったら、外貨現金の準備も忘れないようにしましょう。多くの現金は必要ないですが、外貨現金が手元にあれば安心です。特に「少額支払いでカードを使いたくない」状況では、現金で支払えると便利です。

 

 

2018/4/16

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

スポンサーリンク


スポンサーリンク

 

 

関連ページ一覧

bankaccount

海外赴任・留学・移住などで、銀行に登録してある住所を国内住所から海外住所へ変更する場合には、細心の注意が必要です。というのは、多くの銀行で、海外へ住所変更すると利用できるサービスに制限が生じるからです...

海外赴任・留学・移住などで、銀行に登録してある住所を国内住所から海外住所へ変更する場合には、細心の注意が必要です。というのは、多くの銀行で、海外へ住所変更すると...

海外ライフのイメージ画像

海外に長期滞在する場合、留学・ワーホリ・赴任・ロングステイなど、渡航の目的は違っても、銀行口座やクレジットカードなど、海外へ行ってからのお金周りの準備が必要です。半年くらい前からスケジュールに余裕をも...

海外に長期滞在する場合、留学・ワーホリ・赴任・ロングステイなど、渡航の目的は違っても、銀行口座やクレジットカードなど、海外へ行ってからのお金周りの準備が必要です...

シンプルライフのイメージ画像

海外に長期滞在する場合、留学・ワーホリ・赴任・ロングステイなど、渡航の目的は違っても、海外生活へ向けてライフスタイルに関わる部分の準備をしておくと、海外生活をスムースに始めることができます。また、留学...

海外に長期滞在する場合、留学・ワーホリ・赴任・ロングステイなど、渡航の目的は違っても、海外生活へ向けてライフスタイルに関わる部分の準備をしておくと、海外生活をス...

クレジットカードを持つ女性の写真

海外旅行や海外滞在にあたって、クレジットカードを見直し、新たにカードを作ろうという場合も多いでしょう。そんな場合におすすめしたいのは、年会費無料のクレジットカードです。ここでは、「海外でも利用する」い...

海外旅行や海外滞在にあたって、クレジットカードを見直し、新たにカードを作ろうという場合も多いでしょう。そんな場合におすすめしたいのは、年会費無料のクレジットカー...

海外利用デビットカードのイメージ写真

海外旅行・海外出張はもちろん、留学やワーキングホリデー、海外ロングステイなどにおいては、海外での滞在費や生活費は、海外送金の代わりにクレジットカードを利用しようと考えている方も多いと思いますが、海外で...

海外旅行・海外出張はもちろん、留学やワーキングホリデー、海外ロングステイなどにおいては、海外での滞在費や生活費は、海外送金の代わりにクレジットカードを利用しよう...

初めてのクレジットカードイメージ写真

海外での支払い時に、日本での電子マネーのように、ピッと端末にかざすだけで支払いが完了するVisa payWave(ビザペイウェーブ)を使えたら便利です。Visa payWaveが使えるカードとしてはデ...

海外での支払い時に、日本での電子マネーのように、ピッと端末にかざすだけで支払いが完了するVisa payWave(ビザペイウェーブ)を使えたら便利です。Visa...

海外旅行のイメージ画像

海外旅行中、ショッピングの支払い時についついお札を出してしまい、結果としてお釣りで小銭がどんどん増えていってしまった経験をした方も多いかもしれません。そんなとき、海外でも電子マネーが使えたら便利ですね...

海外旅行中、ショッピングの支払い時についついお札を出してしまい、結果としてお釣りで小銭がどんどん増えていってしまった経験をした方も多いかもしれません。そんなとき...

海外での資産運用のイメージ写真

海外赴任者・海外勤務者にとって、海外にいる間の資産・投資運用については、しっかりとした方針と準備が必要です。なぜなら、日本に残してある資産の運用方法については、いろいろな制限があって選択肢がかなり限ら...

海外赴任者・海外勤務者にとって、海外にいる間の資産・投資運用については、しっかりとした方針と準備が必要です。なぜなら、日本に残してある資産の運用方法については、...

海外滞在のイメージ写真・ブリスベンシティの画像

人生100年と言われる時代、長い人生のあいだに何度か日本の税法上の非居住者になりながら、日本と海外を行ったり来たりする人も増えてくるでしょう。海外赴任・海外就職、留学・ワーキングホリデー、海外ボランテ...

人生100年と言われる時代、長い人生のあいだに何度か日本の税法上の非居住者になりながら、日本と海外を行ったり来たりする人も増えてくるでしょう。海外赴任・海外就職...

mynumber

2016年にマイナンバーが導入されて、だんだんといろいろな手続きで個人番号(以下「マイナンバー」)を提示する機会が増えてきたと感じている方も多いかもしれません。海外送金に必要な情報と書類においても説明...

2016年にマイナンバーが導入されて、だんだんといろいろな手続きで個人番号(以下「マイナンバー」)を提示する機会が増えてきたと感じている方も多いかもしれません。...

トランクルーム

留学・ワーホリ・海外赴任で、いずれ日本へ戻ってくるという海外滞在の場合、大切な荷物・家財はきちんと保管しておきたいですね。そんな場合に頼りになるのが、トランクルームです。ここでは、海外滞在中に日本に残...

留学・ワーホリ・海外赴任で、いずれ日本へ戻ってくるという海外滞在の場合、大切な荷物・家財はきちんと保管しておきたいですね。そんな場合に頼りになるのが、トランクル...

貸金庫の写真

海外赴任、海外ロングステイなどで、海外に長期で居住・滞在する場合に、日本に残す貴重品の管理に気を遣うこともあるでしょう。そんな場合には、銀行の貸金庫サービスを利用するという選択肢があります。利用料もそ...

海外赴任、海外ロングステイなどで、海外に長期で居住・滞在する場合に、日本に残す貴重品の管理に気を遣うこともあるでしょう。そんな場合には、銀行の貸金庫サービスを利...

海外からのオンラインショッピングのイメージ写真

海外赴任などで海外に長期で住んでいて日本製品をほしいとき、ネットでショッピングしたものを日本にいる親や兄弟姉妹の元へ届け、それを海外へ向けて発送してもらえればよいのですが、頼まれる親や兄弟姉妹もちょっ...

海外赴任などで海外に長期で住んでいて日本製品をほしいとき、ネットでショッピングしたものを日本にいる親や兄弟姉妹の元へ届け、それを海外へ向けて発送してもらえればよ...