海外利用におすすめのデビットカード6選 | 海外送金ラボ

海外利用におすすめのデビットカード~頼りになる1枚を持っていこう

海外旅行のイメージ画像

 

デビットカードは、「与信審査なし」「シンプルな残高管理」という点から、最近はより一層に注目されるようになりました。

 

特に海外利用という視点では、海外ではデビットカードも広く一般的に利用されており、特にクレジットカードを使うほどでもない少額の決済時に便利です。

 

海外旅行・海外出張・海外留学などの状況に応じて、メインの1枚としてもサブの1枚としても、ぜひ準備したいのがデビットカードと言えるでしょう。

 

  • デビットカードを海外にもっていくメリットは?
  • 海外利用を目的としたデビットカード選びの着眼点は?
  • 海外利用におすすめのデビットカードはどんなカード?

 

ここでは、これらの疑問に対する情報を整理してご紹介いたします。デビットカードを選ぶ際の参考にしてくださいね。

 

 

 

*当記事は、個人を対象にしたデビットカードを対象としています。
*当記事は、2019年6月時点での情報を参考にしています。

 

 

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

 


もう一つの選択肢としてデビットカードを1枚

 

海外へ行くとき、多くの方がクレジットカードまたはプリペイドカードを持っていくでしょう。

 

そのカードに加えて、もう一枚デビットカードを持っていくことを検討しましょう。

 

なぜなら、支払いのタイミングを分けるという点で、複数のクレジットカードやプリペイドカードを持っていくよりも理に叶っているからです。

 

下記の表は、デビットカード、クレジットカード、プリペイドカードについて、支払いの現金が必要となるタイミングを整理した表です。

 

 

デビット
カード

クレジット
カード

プリペイド
カード

チャージ・

引き落としの

タイミング

デビットカードの
利用日

クレジットカードの
引き落とし日

プリペイドカードの
利用日

現金が必要となる

タイミング

利用時のタイミング 利用時より後(引き落とし時) 利用時より前(カードチャージ時)

 

 

デビットカードでは、銀行残高から引き落としされるのはカードを使ったタイミングです。

 

これに対して、クレジットカードでは引き落とし日は利用日よりもかなり先、プリペイドカードではチャージ日は利用日よりもかなり前となっています。つまり、支払いに要する現金が必要となるタイミングについていえば、デビットカードはクレジットカードとプリペイドカードの中間に位置するわけです。

 

海外利用で「もう一枚のカード」を持っていくならば、デビットカードを選択肢として考えましょう。

 

まず最初に、デビットカードに共通する主な特徴を整理しておきましょう。

 

 

【デビットカードの主な特徴】

 

カードの与信審査がない

クレジットカードのような与信審査がないので、銀行口座があれば利用することができます。

 

利用のタイミングで口座引き落とし

上記で説明したように、デビットカードを利用するのと同時のタイミングで口座残高から引き落としがされます。クレジットカードのように、利用と引き落としのタイミングがずれないので、口座にある現金の管理がわかりやすいというメリットがあります。

 

利用限度は残高まで

残高が残っている場合のみ引き落としされます。使いすぎの心配がありません。

 

15歳(または16歳)以上から利用可能

多くのデビットカードで15歳または16歳以上で申し込み可能となっており、高校生でも持つことができます。(ゆうちょ銀行のmijica(ミヂカ)は、12歳から可能です。)

 

利用額に応じた特典がある

デビットカードの利用額に応じて、ポイント付与またはキャッシュバック(現金還元)の特典があります。そのため、現金で購入するよりもお得になっています。

 

 

ひとくちで言えば、「現金を持って行くよりも安全&お得」という点から、お財布代わりの存在となり得るのがデビットカードと言えるでしょう。

 

 

 

デビットカードを海外へもっていくメリット

 

次に、「海外で利用する」という視点にフォーカスしたときのデビットカードのメリットを整理してみましょう。

 

海外での予備の1枚としてのデビットカード

 

想定外の状況に備える

海外滞在中にクレジットカードががなんらかの理由で使えない場合に備えて、予備のカードとしてデビットカードも持っていくと安心です。

 

 

少額決済に便利なデビットカード

 

ちょっとした支払いに便利

・クレジットカードを使うほどでもない小さな金額の支払いにデビットカードを使うと便利です。
・現金代わりに使えば、お釣りの小銭(コイン)がむやみに増えません。
・Visaタッチ決済などの非接触決済に対応しているものであれば、カードを店員に渡さないで済むのセキュリティ的にも安心です。

 

【すぐに利用を知らせるメールが届く!
ほとんどのデビットカードで、利用と同時に、利用を知らせるメールが登録メールアドレスへ届きます。
少額の支払いの場合には、クレジットカードのように実際の引き落としの確認を数週間も待つ必要なく、すぐに確認できるという点が安心です。

 

 

海外でのメイン1枚としてのデビットカード

 

与信リスクを心配する必要なし

万が一支払いが滞って事故カードとして記録されてしまうリスクがありません。

 

海外滞在中の手間を省力

デビットカードであれば使ったタイミングで引き落としなので、事務処理がシンプルです。

 

利息や返済を気にする必要がない

デビットカードは、海外のATMから引き出す場合に、クレジットカードのキャッシングと違って借り入れ利息は付きません。利用後に利息や返済のことを気にする必要がなく、口座の明細を見れば、いつ何に使ったかがわかる点がシンプルです。

 

 

高校生・大学生の海外旅行・留学にも便利なデビットカード

 

15歳(または16歳)以上ならば利用できる

クレジットカードを持てない年齢層でも、デビットカードなら持つことができます。

 

クレジットカードよりも安心

大学生でクレジットカードが作れる場合でも、慣れない海外での利用であれば、与信リスクを気にする必要のないデビットカードのほうが安心です。

 

プリペイドカードよりも安い手数料率

デビットカードは、円貨チャージの海外プリペイドカードより手数料率が低い設定となっている場合が多くなっています。海外プリペイドカードの代わりにデビットカードを使うという選択肢として考えられます。

 

 

【デビットカードを海外で使うときの留意点】

 

利用対象外の取引

デビットカードは、利用時に銀行の残高から引き落としされます。そのため、ホテルやレンタカーなどの予約ディポジットに利用すると、予約時にディポジット分が引き落としされてしまうので、この目的の利用には向いていません。デビットカードによっては、利用対象外の取引が設定されている場合もあるので、海外へ行く前に必ず確認をしておくようにしましょう。

 

他のカードとは別々に保管

クレジットカードまたはプリペイドカードとは別々に保管することで、万が一ののときにも対応できるようにしておくことが大切です。

 

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

 

 

海外利用が目的のデビットカードは「実質の手数料」と「安心」で選ぼう

 

海外で利用する状況を考えてデビットカードを選ぶのであれば、国内利用がメインの場合とは選択ポイントが違ってきます。

 

デビットカードのポイントまたはキャッシュ還元率

 

多くのデビットカードで、利用した金額の一定率がポイント還元またはキャッシュバックされます。そのため「手数料率-ポイント・キャッシュ還元率」が実質の手数料率になります。

 

デビットカードの手数料率には大きな差がない場合が多いので、結果としてカード選択の決め手になります。

 

 

デビットカードの手数料

 

海外ショッピング利用手数料率

・多くのデビットカードで、海外利用の事務の手数料率が3%前後となっています。
・カードによって、もっと低い手数料率が設定されています。

 

海外ATM利用手数料率

・短期の海外旅行・留学では海外ATMを使う状況はほとんどないので、海外ATM利用手数料を気にする必要は、ほとんどありません。
・一般的に、海外ショッピング利用手数料と同率の手数料体系です。
・クレジットカード(キャッシングとして実質年率は15%~18%程度)よりもかなり実質安い手数料で利用できます。

 

年会費

・多くのデビットカードは年会費無料です。
・年会費のかかるカードは、追加の特典サービスがついています。

 

 

デビットカードのサービス機能

 

海外利用を主な目的として選ぶのであれば、特に以下の2つのサービスを考慮しておきましょう。

 

非接触IC型の決済機能(Visa payWave)への対応

Visaタッチ決済が付いていれば、より安全&便利にデビットカードを使うことができます。
(次のコーナーでは、Visaタッチ決済に対応しているデビットカードをいくつかご紹介します。)

 

不正利用などへの補償

盗難、不正利用で損害が発生した場合に、故意や過失によるものでなければきちんと補償されるカードを選ぶと安心です。

 

 

 

 

海外利用におすすめのデビットカード6選

 

ここでは、主として

  • 非接触IC型決済への対応
  • セキュリティへの配慮
  • ポイント還元・キャッシュバック率が高い

などの点にフォーカスして、海外利用におすすめのデビットカードを厳選しました。

 

それぞれカードの強みが異なるので、自分の状況に合うものを選ぶようにしましょう。

 

 

楽天銀行Visaデビットカード

 

楽天銀行Visaデビットカードは、いつでも100円利用ごとに楽天スーパーポイントが1ポイント、つまりポイント付与率が1%相当というお得に利用できるデビットカードです。

 

国内・海外のどちらにおいても、クレジットカードに代わるメインの1枚としても使える頼もしいデビットカードです。

 

 

 

 

楽天銀行Visaデビットの種類には、以下の3種類があります。

 

いずれも新規発行手数料無料、ポイント還元率1%は共通していますが、下記で詳しく見るように、年会費と特典に違いがあります。

 

  • 楽天銀行ベーシックデビットカード(Visa):基本のカード・年会費無料
  • 楽天銀行シルバーデビットカード(Visa):Visaゴールド特典&ショッピング保険付き・年会費2,160円(税込み)
  • 楽天銀行ゴールドデビットカード(Visa):Visaゴールド特典&国内/国外旅行傷害保険・ショッピング保険付き・年会費5,400円(税込み)

 

 

【楽天銀行Visaデビットの【基本的な情報】

  • 新規発行手数料:無料
  • 年会費:ベーシック無料、シルバー2,160円、5,400円(税込み)
  • 年齢:16歳以上
  • 海外ショッピングの手数料率:3.024%
  • 海外ATM利用手数料:3.024%
  • ポイント付与率:100円あたり楽天スーパーポイント1ポイント(1%相当)、楽天市場では2倍

 

【楽天銀行Visaデビットの主な特徴】

 

業界最高水準のポイント付与率

ポイント付与率1%相当で、デビットカードとしては最高水準です。
さらに、楽天市場でのショッピングでは、ポイント付与率が2倍になります。

 

非接触IC型決済に可能

端末にピッとかざすだけで支払いが完了するVisaタッチ決済に対応しています。

 

利用限度額の変更可能

1,000円単位でデビット利用限度額を変更できます。

 

盗難などによる損害への補償

盗難などにより損害を受けた場合には、100万円まで補償されます(詳細の条件あり)。

 

ショッピング保険(シルバーとゴールド対象)

カードを使って購入した商品に対して、購入日から60日間、偶然の事故による破損などが補償されます(詳細の条件あり)。

 

Visaゴールド優待特典(シルバーとゴールド対象)

さまざまな優待割引やVisaグローバル・カスタマー・アシスタンス・サービスなどの特典があります。

 

国内・国外旅行傷害保険(ゴールド対象)

最高1,000万円までの保険金の旅行傷害保険がついています。カード決済の条件を満たしている必要があります。

 

 

【こんな方におすすめ】

 

楽天銀行Visaデビットは、「お得度」を優先してデビットカードを選びたい方におすすめです。
・他にクレジットカードを持っているのであれば、ベーシックがおすすめです。
・他にクレジットカードを持っていない場合、あるいは海外ではクレジットカードを使いたくないという場合には、シルバー・ゴールドを検討するとよいでしょう。

 

Visaタッチ決済を利用したい方

 

デビットカードとしては最高水準レベルのポイント還元率1%を利用したい方

 

デビットカードを海外利用時のメインのカードとして考えている方

 

 

楽天銀行Visaデビットカードは、楽天銀行の口座開設(楽天会員の方は「かんたん口座開設」)と同時に申込みできます。

 

 

楽天銀行Visaデビットカード

 

 

GMOあおぞらネット銀行Visaデビット付キャッシュカード

 

GMOあおぞらネット銀行デビットカードは、最先端のセキュリティとカストマーステージに応じた高いポイント還元率が特徴となっており、コストパフォーマンスにすぐれたデビットカードです。

 

 

 

 

GMOあおぞらネット銀行1周年キャンペーン!

 

2019年7月17日~9月30日の期間に、3種類のお得なキャンペーンが実施されています!
期間中にVisaデビット5,000円以上利用、抽選で特典プレゼントがあります。(エントリーが必要)

 

 

【GMOあおぞらネット銀行Visaデビットの基本的情報】

  • 新規発行手数料&年会費:無料
  • 年齢:15歳以上
  • 海外ショッピングの手数料率:3.02%
  • 海外ATM利用手数料:3.02%
  • キャッシュバック還元率:0.6%~1.5%

 

【GMOあおぞらネット銀行Visaデビットの主な特徴】

 

業界最高水準のキャッシュ還元率

利用額の0.6%~1.5%という、デビットカードとしては最高水準の還元率です。一般的なクレジットカードと比べても遜色ありません。さらに、ポイントへの還元ではなくキャッシュへの還元なので便利です。

 

非接触IC型決済に可能

端末にピッとかざすだけで支払いが完了するVisaタッチ決済に対応しています。

 

Visaデビット停止機能あり

ウェブサイトから、Visaデビットの機能を停止したり停止解除したりすることができるます。状況に応じて設定できるので安心です。

 

不正利用時の補償あり

第三者に不正利用された場合に、個人の場合は100万円まで補償されます(詳細の条件あり)。

 

安心の銀行母体

東証一部上場で銀行経営のノウハウが充実しているあおぞら銀行と、同じく東証一部上場でグループ全体でインターネット&金融事業の技術力に定評があるGMOインターネットグループが母体です。

 

ハイセキュリティカードに対応予定

通常のVisaデビットよりもセキュリティが強化されたパスコード入力が必要となるハイセキュリティカードを提供予定です。

 

 

【GMOあおぞらネット銀行のおすすめポイント】

 

GMOあおぞらネット銀行の銀行口座は、銀行口座にも他行にないメリットがあります。ネット専業銀行としては後発組ですが、コストパフォーマンスがとても高い点が注目されます。

 

  • 最安水準の手数料:GMOあおぞらネット銀行の手数料体系は業界最安レベル。他行宛て振込みも誰でも月1回は無料です。
  • ATM出金の無料回数が多い誰でも最低月2回は無料。ステージによって月2回~15回まで無料になります。
  • 便利なつかいわけ口座:最大10口座まで目的別の口座が可能。目的ごとの入金・出金、つかいわけ口座間での定期自動振替も可能です。

 

 

【こんな方におすすめ】

 

GMOあおぞらネット銀行Visaデビットは、コストパフォーマンスにすぐれたデビットカードを使いたい方に特におすすめです。

 

Visaタッチ決済を利用したい方

 

ポイント還元ではなく直接にキャッシュバックされるカードを希望する方

 

業界最高水準のキャッシュ還元率のデビットカードを利用したい方

 

つかいわけ口座を利用して家計管理をしていきたい方

 

 

GMOあおぞらネット銀行
デビットカード

 

 

JNB Visaデビット(ジャパンネット銀行)

 

ジャパンネット銀行 Visaデビットは、「利便性」「安全性」のバランスがとれているという点で、おすすめのデビットカードです。

 

 

ジャパンネット銀行

 

 

【JNB Visaデビットの基本的情報】

  • 新規発行手数料&年会費:無料
  • 年齢:15歳以上
  • 海外ショッピングの手数料率:3.02%
  • 海外ATM利用手数料:3.02%
  • ポイント還元率:利用額の0.2%相当(他に還元率1%のキャッシュバックモールあり)

 

【JNB Visaデビットの主な特徴】

 

非接触IC型決済に可能

端末にピッとかざすだけで支払いが完了するVisaタッチ決済に対応しています。

 

セキュリティロック機能

利用限度額の変更に加えて、カードの利用を停止する取引停止機能があります。自分でロック・ロック解除ができるので、カードを利用しないときにロックをしておけば安心です。

 

第三者不正使用の保険付帯

万が一、カードを不正使用された場合にも、年間500万円までの補償がついています。

 

最短5日でキャッシカード一体型のカードが届く

アプリで口座を開設すれば、最短5日でVisaデビット付きのキャッシュカードが届きます。

 

いつでも1%還元率のキャッシュバックモールが充実

クレジットカードのように、お得にポイントがたまるショッピングモールが充実しています。

 

カードレスVisaデビットの利用も可能

ネットショッピング専用の番号を4つまで発行できます。番号の変更・停止・再開も自由なので、ネットショッピングをより安全に利用することができます。

 

3種類のカードデザインから選択

黒・青・ピンク色をベースにした3種類のカードデザインから選ぶことができます。

 

 

【こんな方におすすめ】

 

JNB Visaデビットは、「利便性」と「安全性」のバランスのとれたデビットカードを希望する方に特におすすめです。

 

Visaタッチ決済を利用したい方

 

セキュリティに特に配慮したデビットカードを希望する方

 

急ぎで口座開設&デビットカード発行をしてほしい方

 

 

ジャパンネット銀行 Visaデビット

 

 

住信SBIネット銀行デビットカード

 

住信SBIネット銀行 デビットカードは、海外で米ドルでのショッピング利用時に手数料がお得に利用できるので、米国(アメリカ本土・ハワイ・グアム)への海外旅行や留学におすすめのデビットカードです。

 

 

 

住信SBIネット銀行デビットカードの種類には、以下の3種類があります。
いずれも新規発行手数料無料非接触決済に対応という点は共通していますが、年会費・還元率・特典サービス(旅行保険等)に違いがあります。

 

  • ミライノデビット(Mastercard)
  • ミライノデビットPLATINUM(Mastercard)
  • ミライノデビット(Visa)

 

 

【住信SBIネット銀行デビットカードの基本的情報】

  • 新規発行手数料:無料
  • 年会費:ミライノデビット(Visa)・ミライノデビット(Mastercard)は無料、ミライノデビットPLATINUM(Mastecard)は10,800円(税込み)
  • 年齢:15歳以上
  • 海外ショッピングの手数料率:2.5%、米ドル決済は年間30回までは手数料分がポイントバック
  • 海外ATM利用手数料:2.5%
  • ポイント還元率:ミライノデビット(Mastercard)0.8%、ミライノデビットPLATINUM(Mastercard)1.0%、ミライノデビット(Visa)0.6%

 

【住信SBIネット銀行ミライノデビットの主な特徴】

 

非接触IC型決済に可能

端末にかざすだけで決済できるMastercardⓇコンタクトレスまたはVisaタッチ決済に対応しています。

 

不正利用時の補償あり

第三者に不正利用された場合に、個人の場合は100万円まで補償されます(詳細の条件あり)。

 

Visaデビット停止機能あり

ウェブサイトから、Visaデビットの機能を停止したり停止解除したりすることができるます。状況に応じて設定できるので安心です。

 

3種類のカードデザインから選択(ミライノデビット(Visa)の場合)

黒・青・ピンク色をベースにした3種類のカードデザインから選ぶことができます。

 

充実した特典サービス(ミライノデビットPLATINUM(Mastercard)の場合)

「自動付帯の国内・海外旅行傷害保険」「LoungeKey(ラウンジ・キー)サービス」「ダイニング by 招待日和」など、充実したサービスを利用できます。

 

 

【こんな方におすすめ】

 

住信SBIネット銀行 デビットカードは、米国へ行かれる方にとっては、年間30回まで実質的に手数料が無料で利用できるので、見逃せないデビットカードです。

 

アメリカ・ハワイ・グアムなどへ旅行・出張・留学を予定されている方

 

デビットカードとしては高い水準のポイント還元率0.6%~1%を利用したい方

 

マスターカードの充実した特典サービスを与信審査なく利用したい方(ミライノデビットPLATINUM(Mastercard)の場合)

 

 

住信SBIネット銀行
デビットカード

 

ソニー銀行のSony Bank WALLET

 

ソニー銀行のSony Bank WALLETは、ソニー銀行のキャッシュカードとVisaデビットが1枚になったカードです。

 

外貨預金の対象10通貨であれば外貨預金の外貨をそのまま使えるので、海外利用の手数料がかからずお得に利用できます。

 

【Sony Bank WALLETの基本的情報】

  • 新規発行手数料&年会費:無料
  • 年齢:15歳以上
  • 海外ショッピングの手数料率:1.76%、対象10通貨でその外貨預金口座からの引き落としの場合は、ショッピング時の手数料無料
  • 海外ATM利用手数料:1.76%
  • キャッシュバック還元率:0.5%~2%(ステージによる、国内ショッピングのみ)

 

【Sony Bank WALLETの主な特徴】

 

貯めた外貨を外貨のまま使える

対象の10通貨については、外貨預金として貯めた外貨をそのまま海外ショッピングで利用できます。(ただし、最初に外貨預金に円から外貨へ両替する際には、為替手数料を支払っていたことに留意が必要です。)

 

比較的安い海外手数料率

対象10通貨の外貨口座からの引き落とし以外の場合でも、他と比較して手数料率が低め(1.76%)の設定です。

 

Visaデビット停止機能あり

スマホアプリから、Visaデビットの一時停止や利用限度額の設定による不正利用対策ができます。

 

不正利用時の補償あり

第三者に不正利用された場合に、個人の場合は100万円まで補償されます(詳細の条件あり)。

 

 

留意点としては、Sony Bank WALLETでは、海外ショッピングではキャッシュバック還元がありません。対象10通貨以外の海外利用の場合、比較的安い手数料率1.76%ではありますが、「手数料率-ポイント還元率」で比較すると、見かけほど大きなお得ではないかもしれません。

 

 

【こんな方におすすめ】

 

対象10通貨で、海外ショッピング時に海外利用手数料なしで利用したい方

 

優遇ステージを利用して国内ショッピングで高い還元率を目指したい方

 

 

 

Sony Bank WALLET

 

イオン銀行JCBデビットカード

 

イオン銀行JCBデビットカードは、イオンでのお買い物がお得になることはもちろん、海外利用手数料もクレジットカードと同様のレベルの設定となっており、日々のショッピングでも海外利用でもお得なデビットカードです。

 

 

【イオン銀行JCBデビットカードの基本的な情報】

  • 新規発行手数料&年会費:無料
  • 年齢:15歳以上(中学生を除く)
  • 海外ショッピングの手数料率:1.60%
  • 海外ATM利用手数料:1.60%
  • ポイント還元率:通常のお買い物0.5%相当、イオングループの対象店舗でのお買い物は1.0%相当

 

【イオン銀行JCBデビットカードの主な特徴】

海外手数料率が他のデビットカードより低い設定

海外手数料率の1.6%は、一般的なクレジットカードと同じ水準です。他の多くのデビットカードが、2.5%~3.0%であることを考えると、イオン銀行JCBデビットカードの海外手数料率の低さが注目されます。

 

イオン系列での店舗で幅広くお得なキャンペーンを利用可能

・ポイント還元率2倍
・毎付20日・30日のお客様感謝デーはお買い物代金が5%OFF
・55歳以上は毎月15日に5%OFFなど

 

利用限度額の変更可能

ご利用限度額を1回、1日、1ヶ月それぞれの単位で自分で設定できます。

 

ショッピング保険

デビットカードを利用して購入した商品を、購入日から180日間、年間50万円まで補償(詳細の条件あり)。

 

不正利用時の補償あり

第三者に不正利用された場合に、イオン銀行が届け出を受理した日を含めて61日前にさかのぼり、その後に発生した損害額について全額補填されます。

 

 

イオンデビットということで、海外利用よりも日常のお買いものでのお得度に目が行きがちですが、海外でもお得な点に注目です。

 

海外利用の手数料が安い点に加えて、年会費無料ながら不正利用への対応やショッピング保険の内容も充実しています。

 

留意点としては、JCBは、VisaやMastercardⓇにと比較すると、国や地域によっては海外であまり利用できない場合があります。自分の行き先国でJCBが利用しやすいかを事前に調べておくようにするとよいでしょう。ハワイなどJCBが強い場所であれば、安心して持っていくことができますね。

 

 

【こんな方におすすめ】

 

イオン銀行JCBデビットカードは、日常も海外もお得&安心してショッピングしたい方におすすめのデビットカードです。

 

海外手数料の安いデビットカードを利用したい方

 

ハワイなどJCBが強いエリアへの旅行を予定している方

 

イオンでのお買い物をお得に利用した方

 

不正利用やショッピング保険の充実したデビットカードを検討したい方

 

 

イオン銀行JCBデビットカード

 

 

海外送金ラボ的まとめ

 

海外利用という視点にフォーカスしてみると、それぞれのデビットカードの強みが違っていることがよくわかりますね。

 

海外でのデビットカードが自分にとってメインのカードなのかサブのカードなのかを考えて、「お得」だけに目を奪われないで「利便性」「安心」も含めて総合的に選ぶようにしたいですね。

 

当記事が、海外利用でのデビットカードを選ぼうという方の参考になれば幸いです!

 

 

Visaタッチ決済の詳細はこちらへ

海外旅行のイメージ画像

Visaタッチ決済の詳細はこちらへ

海外旅行のイメージ画像

 

 

 

外貨現金の準備も忘れずに・・・

 

出発が近くなったら、外貨現金の準備も忘れないようにしましょう。多くの現金は必要ないですが、外貨現金が手元にあれば安心です。特に「少額支払いでカードを使いたくない」状況では、現金で支払えると便利です。

 

 

2017/7/31  2019/8/10

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

スポンサーリンク


スポンサーリンク

 

 

関連ページ一覧

bankaccount

海外赴任・留学・移住などで、銀行に登録してある住所を国内住所から海外住所へ変更する場合には、細心の注意が必要です。というのは、多くの銀行で、海外へ住所変更すると利用できるサービスに制限が生じるからです...

海外赴任・留学・移住などで、銀行に登録してある住所を国内住所から海外住所へ変更する場合には、細心の注意が必要です。というのは、多くの銀行で、海外へ住所変更すると...

海外での資産運用のイメージ写真

海外赴任者・海外勤務者にとって、海外にいる間の資産・投資運用については、しっかりとした方針と準備が必要です。なぜなら、日本に残してある資産の運用方法については、いろいろな制限があって選択肢がかなり限ら...

海外赴任者・海外勤務者にとって、海外にいる間の資産・投資運用については、しっかりとした方針と準備が必要です。なぜなら、日本に残してある資産の運用方法については、...

海外ライフのイメージ画像

海外に長期滞在する場合、留学・ワーホリ・赴任・ロングステイなど、渡航の目的は違っても、銀行口座やクレジットカードなど、海外へ行ってからのお金周りの準備が必要です。半年くらい前からスケジュールに余裕をも...

海外に長期滞在する場合、留学・ワーホリ・赴任・ロングステイなど、渡航の目的は違っても、銀行口座やクレジットカードなど、海外へ行ってからのお金周りの準備が必要です...

シンプルライフのイメージ画像

海外に長期滞在する場合、留学・ワーホリ・赴任・ロングステイなど、渡航の目的は違っても、海外で暮らす日々は、人生のなかでも貴重なプライスレスな時間です。だからこそ、海外生活へ向けてライフスタイルに関わる...

海外に長期滞在する場合、留学・ワーホリ・赴任・ロングステイなど、渡航の目的は違っても、海外で暮らす日々は、人生のなかでも貴重なプライスレスな時間です。だからこそ...

海外からのオンラインショッピングのイメージ写真

海外赴任などで海外に長期で住んでいて日本製品をほしいとき、ネットでショッピングしたものを日本にいる親や兄弟姉妹の元へ届け、それを海外へ向けて発送してもらえればよいのですが、頼まれる親や兄弟姉妹もちょっ...

海外赴任などで海外に長期で住んでいて日本製品をほしいとき、ネットでショッピングしたものを日本にいる親や兄弟姉妹の元へ届け、それを海外へ向けて発送してもらえればよ...

トランクルーム

海外赴任・留学・ワーホリで、いずれ日本へ戻ってくるという海外滞在の場合、大切な荷物・家財はきちんと保管しておきたいですね。そんな場合に頼りになるのが、トランクルームですが、海外滞在中のトランクルーム選...

海外赴任・留学・ワーホリで、いずれ日本へ戻ってくるという海外滞在の場合、大切な荷物・家財はきちんと保管しておきたいですね。そんな場合に頼りになるのが、トランクル...

クレジットカードを持つ女性の写真

海外旅行や海外滞在にあたって、クレジットカードを見直し、新たにカードを作ろうという場合も多いでしょう。そんな場合におすすめしたいのは、年会費無料のクレジットカードです。ここでは、「海外に持っていく年会...

海外旅行や海外滞在にあたって、クレジットカードを見直し、新たにカードを作ろうという場合も多いでしょう。そんな場合におすすめしたいのは、年会費無料のクレジットカー...

海外旅行のイメージ画像

デビットカードは、「与信審査なし」「シンプルな残高管理」という点から、最近はより一層に注目されるようになりました。特に海外利用という視点では、海外ではデビットカードも広く一般的に利用されており、特にク...

デビットカードは、「与信審査なし」「シンプルな残高管理」という点から、最近はより一層に注目されるようになりました。特に海外利用という視点では、海外ではデビットカ...

海外滞在のイメージ写真・ブリスベンシティの画像

人生100年と言われる時代、長い人生のあいだに何度か日本の税法上の非居住者になりながら、日本と海外を行ったり来たりする人も増えてくるでしょう。海外赴任・海外就職、留学・ワーキングホリデー、海外ボランテ...

人生100年と言われる時代、長い人生のあいだに何度か日本の税法上の非居住者になりながら、日本と海外を行ったり来たりする人も増えてくるでしょう。海外赴任・海外就職...

mynumber

2016年にマイナンバーが導入されて、だんだんといろいろな手続きで個人番号(以下「マイナンバー」)を提示する機会が増えてきたと感じている方も多いかもしれません。海外送金に必要な情報と書類においても説明...

2016年にマイナンバーが導入されて、だんだんといろいろな手続きで個人番号(以下「マイナンバー」)を提示する機会が増えてきたと感じている方も多いかもしれません。...

貸金庫の写真

海外赴任、海外ロングステイなどで、海外に長期で居住・滞在する場合に、日本に残す貴重品の管理に気を遣うこともあるでしょう。そんな場合には、銀行の貸金庫サービスを利用するという選択肢があります。利用料もそ...

海外赴任、海外ロングステイなどで、海外に長期で居住・滞在する場合に、日本に残す貴重品の管理に気を遣うこともあるでしょう。そんな場合には、銀行の貸金庫サービスを利...