トランスファーワイズがデビットカード発行(2019年)~手数料割安の海外ショッピングが可能 | 海外送金ラボ

トランスファーワイズが海外でクレジットカードより割安なデビットカード発行(2019年)

パスポート

 

トランスファーワイズが、「2019年に新型のデビットカードを発行する」と、日本経済新聞朝刊(2018年11月27日付)の金融経済面に掲載されていました。

 

日経新聞の記事は、日本で新型デビット発行という見出しで、「トランスファーワイズの共同創業者クリスト・カーマン氏のインタビュー」として、カーマン氏の写真とともに掲載されています。

 

日経新聞の有料会員でないと一部しか読めないと思いますので、ここでは、当サイトの参考記事のご紹介を合わせて、概略を整理しておきましょう。

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

 

 

 


日本でも注目されるトランスファーワイズ

 

トランスファーワイズは、英国発のフィンテックベンチャーで、海外送金の手数料を従来の銀行送金等に比べて安く提供しています。

 

インタビュー記事では、「日本在住の外国人が増えていることもあって、トランスファーワイズが注目を集めている」とあります。当サイトでもご紹介しているように、トランスファーワイズは、送金手数料の安さに加えて、送金にかかる時間が短い点も魅力です。

 

 

当サイトの参考記事:

 

トランスファーワイズとその他の方法の送金手数料比較の例について:
主要通貨の送金コストの比較シミュレーション>>

 

海外送金にかかる日数について:
【海外送金にかかる日数】の比較>>

 

 

 

トランスファーワイズの仕組み

 

日経新聞のインタビュー記事では、トランスファーワイズの送金の仕組みにも触れられています。「利用者がトランスファーワイズの口座に振り込む⇒送金先の提携銀行から受取人に届けられる」というプロセスによって、「時間も短い」&「手数料も安い」という仕組みになっています。

 

管理人画像

 

利用者の視点では、トランスファーワイズは「隠れコストがない」という点も魅力です。為替レートに含まれて見えづらい手数料がないので、安心して利用できますね。


 

 

トランスファーワイズを使っての日本から海外への送金については、下記の記事をご参照ください。

 

トランスファーワイズで日本⇒海外への送金はこちらへ

送金サービス比較のイメージ画像

トランスファーワイズで日本⇒海外への送金はこちらへ

送金サービス比較のイメージ画像

 

日本での事業について

 

インタビュー記事によると、「日本での事業は好調」「毎年20%ずつ利用が増えている」とあります。

 

実際に、当サイトに訪問してくださる皆さんも、「送金にかかるコストと時間」のバランスが抜群によいという点で、多くの方がトランスファーワイズに興味を持ち、実際に利用しています。

 

インタビューでカーマン氏は、日本の事業に関して、「資金決済法上の資金移動業者として送金限度額が100万円」であることに触れ、この金額が「法人にとってはこの金額は小さい」こと、「日本の規制が省庁ごとの縦割りベース」である点を指摘しています。

 

 

 

 

法人口座での送金サービスも開始(予定)!

 

日経新聞の記事で、カーマン氏が「100万円は法人にとっては非常に小さな額」と法人について触れていました。

 

トランスファーワイズの日本語のホームページにも、法人口座についての日本語ページでサービスの説明がされています。一部のバナーでは、まだ「法人口座(日本利用不可)」となっていますので、正式アナウンスがあり次第に、当サイトでもご案内する予定です。

 

法人口座が日本でも利用できるようになると、特に中小企業で少額の海外送金を必要とする会社にとっては、利便性が一気に高まりますね。期待して待ちましょう。

 

 

 

新型デビットカードの発行

 

インタビュー記事によると、トランスファーワイズは、日本において2019年にも「新型のデビットカードを発行する」とのことです。

 

これは、海外でクレジットカードよりも手数料が安くショッピングできるもので、世界の40を超える通貨に対応するとのことです。海外旅行はもちろん、留学・赴任・ロングステイなど、多くの状況で便利なデビットカードになりそうです。

 

多通貨対応のカードは日本ではまだ少ない

 

詳細はまだわかりませんが、トランスファーワイズのデビットカードは、たくさんの通貨に対応するという点で画期的なカードになりそうです。

 

というのは、これまでは、デビットカードであればソニー銀行のSony Bank WALLET(外貨は10通貨、事前に外貨預金の開設が必要)、プリペイドカードであればマネパカード(外貨は5通貨、事前にチャージが必要)などが比較的に手数料が安いものですが、いずれも対応する通貨は限られており事前準備が必要だからです。

 

クレジットカードの海外ショッピング手数料よりも安いトランスファーワイズのデビットカードが利用できるようになれば、海外旅行や海外滞在にはとても便利&必携のデビットカードになりそうですね。

 

 

 

管理人画像

 

日本でもトランスファーワイズのサービスが充実してくるのはうれしいですね。さらに、日本在住の個人でもボーダーレス口座が利用できるようになればいいな~と思います。そうすれば、日本にいる国際派のライフスタイルの人が望む多くのサービスが可能になりますから。ホームページを見ると、「日本国内サービス準備中」となっているので期待しています!


 

海外送金ラボ的まとめ

 

トランスファーワイズの海外でも可能はいろいろなサービスが、日本での少しづつ可能になってきています。

 

海外送金に関しては、「手数料の安さと送金にかかる時間」のバランスが取れた隠れコストのない送金サービスとしておすすめです。これまで知る機会がなかった方も、ぜひ海外送金の際にはトランスファーワイズを検討してみるとよいでしょう。

 

詳細は日本語公式ページへ

トランスファーワイズの公式ページ

 

 

 

 

海外へ行くならば、外貨現金の準備も忘れずに・・・

 

多くの現金は必要ないですが、海外渡航が近くなったら、外貨現金の準備も忘れないようにしましょう。ある程度の外貨が手元にあれば安心です。

 

 

トランスファーワイズは海外⇒日本への送金にも便利

 

日本への送金にもトランスファーワイズ

パスポートの写真

日本への送金にもトランスファーワイズ

パスポートの写真

 

2018/11/27

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

スポンサーリンク


スポンサーリンク

 

 

関連ページ一覧

海外利用デビットカードのイメージ写真

Visaタッチ決済(ビザペイウェーブ)を使えるところが増えてきて、安心&便利なキャッシュレスの支払い方法として、国内の現金派にもおすすめできるデビットカードが増えてきました。特に、「クレジットカードの...

Visaタッチ決済(ビザペイウェーブ)を使えるところが増えてきて、安心&便利なキャッシュレスの支払い方法として、国内の現金派にもおすすめできるデビットカードが増...

パスポート

トランスファーワイズが、「2019年に新型のデビットカードを発行する」と、日本経済新聞朝刊(2018年11月27日付)の金融経済面に掲載されていました。日経新聞の記事は、日本で新型デビット発行という見...

トランスファーワイズが、「2019年に新型のデビットカードを発行する」と、日本経済新聞朝刊(2018年11月27日付)の金融経済面に掲載されていました。日経新聞...

wifi

当サイトを利用してくださる方には、現在海外にお住まいの方もかなりいらっしゃいます。一時帰国や帰国直後には、WIFIルーターを使って存分にインターネットを利用できる環境を準備しておきたいですね。日本滞在...

当サイトを利用してくださる方には、現在海外にお住まいの方もかなりいらっしゃいます。一時帰国や帰国直後には、WIFIルーターを使って存分にインターネットを利用でき...