忙しい人向けの自動売買【トライオートETF】ビルダー機能で自分ロジックで自動売買!| 海外送金ラボ

インヴァスト証券「トライオートETF」はビルダー機能で自分流の自動売買!

ETFへの投資のイメージ写真

 

忙しい日々のなかの投資運用方法のひとつとして人気を得ているのが、ETF(上場投資信託)の自動売買です。

 

特に、当サイト「海外送金ラボ」を利用される方は国際派ライフスタイルの方が多いので、「1万円から世界のETFへ投資」できるインヴァスト証券のトライオートETFは、ぜひポートフォリオに組み込みたい資産運用サービスです。

 

特に、自分のアイディアで自動売買できる「ビルダー機能」ができたことにより、初心者だけでなく中上級者にも魅力的な投資ツールになっています。

 

ここでは、主として忙しいビジネスパーソンを対象に、以下の情報を整理してお届けします。

 

  • トライオートETFとは?
  • トライオートETFのビルダー機能とは?
  • 忙しいビジネスパーソンにトライオートETFがおすすめの理由
  • トライオートETF利用時の留意点

 

 

慌ただしい日常においても、「少額からETF投資」「自動売買で投資活動」「着実に利確」と考える方は、ぜひ参考にしてくださいね。

 

 

 

*当記事は、2019年8月時点での情報を参考にしています。

 

 

トライオートETF

 

 


インヴァスト証券のトライオートETFとは?

ETFとは?

 

ETFとは、Exchange Traded Fundの略で、「証券取引所に上場している投資信託」を意味します。

 

ETFの特徴

     

  • 特定の指数と同じ値動き:市場全体や特定の銘柄群の動きを示す指数(例としては日経平均株価やNYダウなど)と同じ値動きするように運用される。

     

  • 豊富な種類:日本の株式・債券、外国の株式・債券、商品(コモディティ)、REIT(リート)など、さまざまな種類がある。
  •  

  • 分散投資:ETFの投資対象となる指数はさまざまな銘柄で構成されているので、ひとつのETFをもつことで分散投資が可能となる。
  •  

  • いつでも売買:市場に上場しているので、市場の取引時間中であればいつでも売買することができる。

 

 

アメリカでは個人投資家に非常に人気があり、日本でも国際的な分散投資を考える投資家に広く支持されています。

 

 

トライオートETFとは?

 

このようなETFを自動売買できるサービスが、インヴァスト証券のトライオートETFです。

 

その詳しい特徴と魅力は後述することとして、トライオートETFとはどんなものなのか、インヴァスト証券による短い動画(下記)によってわかりやすく説明されています(クリックすると動画&音声が始まります)。

 

 

 

 

トライオートETFは、ETF自動売買セレクトが搭載されているため、それを選ぶことで簡単に自動売買を開始できます。

 

そのため、投資初心者であっても、ETFの自動売買をスムースに始めることができます。忙しいビジネスパーソンでも取り組みやすい投資方法と言えるでしょう。

 

次のコーナーでは、2019年7月にリリースされた、トライオートETFのビルダー機能の特徴を見ていきましょう。

 

 

トライオートETFのビルダー機能とは?

 

トライオートETFでは、自動売買を選ぶ「自動売買セレクト」だけでなく、自分で自動売買ロジックをつくる「ビルダー機能」が搭載されています。

 

投資の中上級者で「自分の相場観で自動売買したい」という方におすすめです。

 

ビルダー機能の特徴

 

自分のアイディアで自動売買ができる

・自分でオリジナルの自動売買を作成することはもちろん、自動売買セレクトの既存ロジックをアレンジすることも可能です。

 

シングルカスタムとマルチカスタム

・シングルカスタムETFでは、自動売買注文を1本ずつ作成できます。
・マルチカスタムETFでは、複数の自動売買注文を一度に作成できます。

 

シミュレーションが可能

・設定完了後に、バックテストシミュレーション(過去のデータを利用してどのようなパフォーマンスを出すかシミュレーション)が可能です。
・シミュレーション結果に満足できない場合には、設定画面に戻って変更できます。

 

 

インヴァスト証券のホームページでは、ビルダー機能を使って、上昇トレンドでのオリジナル買い追尾の作成例が紹介されています。

 

 

 

 

投資の中上級者で自分なりの相場観は持っているけれども、日常的に多忙で「個々のETFを売買している時間が充分にとれない」という方には、自分のロジックで自動売買を設定できるトライオートETFのビルダー機能は、非常にありがたい機能と言えます。

 

 

シミュレーションでロジックを確認!

ビルダー機能のシミュレーションは、気に入らなければ、何度でも設定をやり直せます。
過去のデータを利用したシミュレーションなので、やり直して将来の結果を向上させるものではありませんが、シミュレーション結果を充分に検証してから発注できます。

 

シミュレーションの考え方】(参考)
  • 2018年から運用していたらどうなったか?」を計算するものです。将来の投資結果の予測ではない点に留意が必要です。
  • シミュレーションは、ロジックがうまく機能しているかを判断するときの参考情報として捉えます。
  • 「総合損益曲線がなだらかな右肩上がり」「大きな損失がない」「総合損益が大きい」という結果であれば、比較的安心できる投資と判断できるでしょう。
  • リスクリターンが最大DD(最大ドローダウン:運用中の最大損失のこと)が小さいものは、「Excellent」「Very Good」「Good」と表示されます。

 

 

管理人画像

 

当サイトのマリーもよく経験しますが、相場が大きく動いている日でも、会議などが立て込んでいると、取引できなくて残念な体験をする方も多いのではないでしょうか?
そんな状況が多い人は、自分のロジックで売買するビルダー機能を使って設定しておけば、取引チャンスを逃さず取引できますね!


 

 

トライオートETF

 

 

忙しいビジネスパーソンにトライオートETFがおすすめの理由

 

このように、ビルダー機能ができたことで、一層に利用の幅が広がったトライオートETFですが、ここで、忙しいビジネスパーソンにトライオートETFが向いている理由を整理しておきましょう。

 

仕事と投資の両立が可能

・設定した方法で自動で取引が行われるので、仕事中は仕事に集中できます。
・昼休み等にアプリで取引をチェックすることができます。
・実際に、トライオートETFの口座開設者は、59.3%が会社員、8.9%が自営業となっており、7割近くの方は仕事をもちながらトライオートETFを利用しています。

 

取引チャンスを逃さない

・一度設定すれば自動で売買してくれるので、取引チャンスを逃すことなく注文を仕掛けます。
・「今日は忙しくてトレードできなかった」という状況を防げます。

 

ビルダー機能で自分ロジックでの売買も可能

・前項で説明したように、自分のロジックで自動売買をつくれるビルダー機能が便利。投資中上級者におすすめです。
・投資初心者も、自動売買を選ぶセレクト機能を使えば、簡単にトライオートETFの利用を始めることができます。

 

レバレッジ5倍での取引

・トライオートETFのレバレッジは5倍です。少ない投資資金で始めることができます。
・リスクもリターンも現物ETFの5倍になります。

 

元本への為替リスクがない

・海外ETFへ日本円のまま投資できるため、投資元本に対する為替リスクがありません。(通常の海外のETFを購入の際とは大きく違う点です。)

 

取引手数料が無料

・トライオートETFの取引手数料は無料です。
・口座開設も維持費も無料です。
・実質的な費用として、買いと売りの差のスプレッドと、業界最低水準の金利(後述)があります。

 

他社の海外ETFとは違う!

海外ETFは、大手のインターネット証券会社でも扱っていますが、それらは現物取引となるので、一回当たりの手数料や外貨の購入が必要となります。
トライオートETFは差金決済取引のため、一回当たりの実質コストが現物取引よりもぐっと安く、外貨購入の必要もありません。

 

 

決済利益を積み上げる

・自動売買では、決済した実現利益を積み上げていきます。
・未実現利益でなく実現した利益です。必要に応じて再投資&出金が可能です。

 

 

こまめな利確が魅力!

自動売買の魅力は、「持ちっぱなし」ではなく、放置をしていても「こまめに利益確定」される点です。
そして、増えた分を再投資していくことができるので、お金を寝かすことがありません。

 

 

 

トライオートETF

 

 

トライオートETFを利用するときに留意したいこと

 

このように、忙しい人の資産運用方法としておすすめのトライオートETFですが、その利用にあたっては、いくつか留意しておきたい点があります。

 

リスクコントロールに留意する

・推奨証拠金を参考に、しっかりとリスクコントロールする必要があります。
・ロスカットを避けたい場合には、推奨証拠金の2倍程度の余裕をもつなどの対応を考えましょう。

 

短期より比較的長期の投資向き

・自動売買では、相場上昇時だけでなく、値動きが上下する相場時もコツコツと利益を積み重ねます。
・下落時に含み損が大きくなる場合があります。ロスカットされなければ、将来の値上がりを待つことになります。
・ETFは、基本的にインデックス投資であるので、長期にわたっての値上がりを期待する投資スタイルです。

 

金利発生に留意する

・トライオートETFは差金決済取引です。差金決済のため、建玉に対して金利が発生します。
・金利は、年間で0.9%+Liborです。
・特に、含み損でなかなか決済されないポジションが生じている場合には、金利発生に留意が必要です。

 

日本の居住者を対象としたサービス

・トライオートETFは、日本に住んでいる方を対象としたサービスです。
・居住地が日本であれば、海外旅行や出張中に海外からそのまま利用することは可能です。(ただし、取引ツールは海外利用を想定していない点には留意が必要です。)

 

 

自分のポートフォリオに組み込もう

上記の点を留意したうえで、仕事中にも着実に自動売買してくれるトライオートETFは、忙しいビジネスパーソンの資産運用の有力な選択肢となります。
高いリターンを望める一方でリスクもありますから、自分の投資ポートフォリオにおいて、トライオートETFの占める割合を一定割合に抑えつつの運用が大切です。

 

 

 

 

海外赴任などで、居住地が日本でなくなる場合の銀行口座・資産運用については、以下の記事を参考にしてくださいね。

 

 

海外赴任者の資産運用の選択肢と準備

海外での資産運用のイメージ写真

海外赴任者の資産運用の選択肢と準備について

海外での資産運用のイメージ写真

 

 

海外送金ラボ的まとめ

 

日頃忙しい人こそ、1万円の少額から世界のETFへ投資ができるトライオートETFを投資運用のポートフォリオに組み込んで、リスクコントロールしつつ着実に投資活動をしていきたいですね。

 

ビルダー機能ができたことで、投資中上級者にとっては自分のロジックで自動売買することが可能になり、まさに仕事と投資の両立を目指すためには必須の投資ツールと言えるでしょう。

 

時期によっては、お得な入会時のキャンペーンをやっていますから、うまく利用したいですね。

 

当記事が、「忙しくても着実に投資活動をしたい」と考える方の参考になれば幸いです!

 

 

トライオートETF

 

 

 

 

 

インヴァストカードでクレジットカードのポイントでトライオートETFに積立投資ができる!

 

インヴァスト証券では、クレジットカードのインヴァストカードを利用した際に得られるポイントを原資として、トライオートETFへの積み立て投資できるサービス「マネーハッチ」も提供しています。

 

クレジットカードのポイントが毎月キャッシュバックされて、それが投資資金になります。
コストをかけることなく「トライオートETFを体感してみたい」という方におすすめです。
こちらも、入会後のカード利用時のポイントプレゼントをうまく利用したいですね。

 

 

インヴァストカード
  • 初年度年会費無料
  • 次年度以降も前年1回以上のショッピングで年会費無料
  • インヴァストカードのポイント還元率は1%
  • トライオートETF口座の開設後に、Myページにログインしてマネーハッチからカードを申し込みできます。

 

 

 

インヴァストカード

 

 

 

 

2019/8/28

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

スポンサーリンク


スポンサーリンク

 

 

関連ページ一覧

ETFへの投資のイメージ写真

忙しい日々のなかの投資運用方法のひとつとして人気を得ているのが、ETF(上場投資信託)の自動売買です。特に、当サイト「海外送金ラボ」を利用される方は国際派ライフスタイルの方が多いので、「1万円から世界...

忙しい日々のなかの投資運用方法のひとつとして人気を得ているのが、ETF(上場投資信託)の自動売買です。特に、当サイト「海外送金ラボ」を利用される方は国際派ライフ...

海外利用デビットカードのイメージ写真

Visaタッチ決済(ビザペイウェーブ)を使えるところが増えてきて、安心&便利なキャッシュレスの支払い方法として、海外利用はもちろん国内利用にもおすすめできるカードが増えてきました。ひとくちにVisaタ...

Visaタッチ決済(ビザペイウェーブ)を使えるところが増えてきて、安心&便利なキャッシュレスの支払い方法として、海外利用はもちろん国内利用にもおすすめできるカー...

パスポート

トランスファーワイズが、「2019年に新型のデビットカードを発行する」と、日本経済新聞朝刊(2018年11月27日付)の金融経済面に掲載されていました。日経新聞の記事は、日本で新型デビット発行という見...

トランスファーワイズが、「2019年に新型のデビットカードを発行する」と、日本経済新聞朝刊(2018年11月27日付)の金融経済面に掲載されていました。日経新聞...

wifi

留学・ワーホリ・赴任からの帰国直後や一時帰国のには、WIFIルーターを使って存分にインターネットを利用できる環境を準備しておきたいですね。日本滞在中のインターネット環境には、国内WIFIルーターのレン...

留学・ワーホリ・赴任からの帰国直後や一時帰国のには、WIFIルーターを使って存分にインターネットを利用できる環境を準備しておきたいですね。日本滞在中のインターネ...