円高タイミングで有利に両替しよう | 海外送金ラボ

円高のタイミングで両替することで総額コストを抑えよう

為替コントールの重要性のイメージ画像

 

海外送金・外貨両替というと、手数料にばかり目が行きがちですが、総額のコストに大きな影響を及ぼすのは、為替レートそのものです。

 

為替レートが有利なタイミング、円から外貨への両替・海外送金であれば、できるだけ円高のタイミングで両替をすれば、総額のコストを抑えることができます。

 

ここでは、円高のときに両替できるよう準備しておく方法を見ていきましょう。

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

 

 


円高のときに両替するメリットは大きい

為替手数料以上に、総額のコストに大きな影響を及ぼすのは、為替レートそのものです。

 

1万ドルでの2つのケースで比較をしてみましょう。

 

(1)「1ドル105円、手数料4%」
10,000 x (105 x 1.04) = 10,000 x 109.2 = 1,092,000円 必要になります。
(本来の必要額は1,050,000円なので、差額の42,000円が手数料。)

 

(2)「1ドル110円、手数料1%」
10,000 x (110 x 1.01) = 10,000 x 111,1 = 1,111,000円 必要になります。
(本来の必要額は1,100,000円なので、差額の11,000円が手数料の金額。)

 

・手数料の率も金額も、(2)の方が小さい。
・しかし、手数料を含めた合計の必要額では(2)のほうが大きい。⇒それは(2)が(1)より円安だから。

 

つまり、(1)のように円高のときに両替をすることは、手数料の差を吹き飛ばしてしまうくらい総額への影響が大きいのです。

 

できるかぎり円高のときに両替をするメリットはとても大きいのです。

 

 

海外送金を予定している、海外へ長期で行く予定がある、と言う場合には、できるだけ為替の動きをみて、円高になっているときに両替をできる準備をしておくのが、総額を抑える秘訣になります。

 

 

円高になったときに両替できる手段を準備しておく

急ぎでの海外送金や外貨両替の場合には、為替レートの動向に関わらず、その時点での為替レートでの換算になってしまうことは仕方ありません。

 

でも、留学やワーホリ、海外投資や移住など、海外送金や両替が必要となること自体については、だいぶ前から計画をしていることが多いはずです。それならば、送金・両替についても、円高になったときに必要な分を両替できるように、事前準備をしておきたいですね。

 

【為替レートは年間で結構動いている】

 

日々の動きはわずかでも、1年というレンジでみると、為替レートは意外に動いているものです。

 

ひとつの例として、2016年8月~2017年7月の1年間で、米ドルが円に対してどのくらい動いていたかを見てみましょう。

 

USDJPY

 

上記の図でわかるように、この期間で1ドルがおおよそ100円~118円のレンジで動いていました。実に18円も動いていたわけです。

 

 

上記の例のように、為替レートは1年レンジでみるとかなり動いており、主要通貨でも1年間で10%以上動くこともよくあります。

 

1年で一番円高のときを狙って両替するのはむずかしいですが、留学や海外旅行はかなり前から準備をすることがほとんどですから、準備をしている期間で為替レートが数円動くことはよくあります。早めに準備を開始して円高のタイミングで外貨両替をすることで、大切な留学資金、旅行資金を有効に使うことができます。

 

どんな方法を準備しておけばよいのか、いくつかの選択肢を見ていきましょう。

 

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

 

 

外貨チャージできるプリペイドカードを選ぶ

 

外貨チャージできるプリペイドカードは、両替のタイミングを自分で決めることができます。もちろん利用する直前になってからの入金&両替も可能ですが、資金に余裕があれば、少し前に入金をして、円高になったタイミングで外貨へ両替することもできます。

 

留学やワーホリで、必要となる外貨の種類が決まっている、現地で使う金額の目安もついている、という場合に、特におすすめの方法です。

 

 

 

外貨預金で円を外貨へ替えるタイミングを選ぶ

 

銀行による海外送金で、もっている外貨預金にある外貨をそのまま海外送金できるサービスがあります。その場合には、円高のときに円を外貨へ替えて外貨預金をしておけば、結果として総額のコストを抑えることにつながります。

 

ポイントとしては、外貨をそのまま外貨で送金する際のリフティングチャージがかからない銀行を選ぶことです。

 

 

FX口座で円高になったときに通貨両替または現受け

 

ある程度以上の金額の海外送金または外貨両替であれば、FX口座を使った両替で為替手数料を格段に節約をできます。

 

事前にFX口座を開いておけば、円高になったタイミングで円を外貨へ替える手続きをタイムリーにできますので、結果として総額コストを抑えることができます。

 

 

まとめ

いかがでしょうか?

 

総額コストには、為替レートの影響が大きいのです。

 

大切な資金を有効に使うためにも、できる限り早めに準備をして、為替レートが有利に動いたときにタイムリーに両替できるようにしておければよいですね。

 

 

2017/8/31  2017/11/26

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

スポンサーリンク


スポンサーリンク

 

 

関連ページ一覧

通貨紙幣の写真

海外送金の仕組みは、両替というプロセスがあるために、わかりづらいものになっています。表面的な送金手数料でコストを比較されがちですが、両替レートからくる為替手数料という見えづらいコストの影響が大きい場合...

海外送金の仕組みは、両替というプロセスがあるために、わかりづらいものになっています。表面的な送金手数料でコストを比較されがちですが、両替レートからくる為替手数料...

送金手数料を計算しているイメージ写真

海外送金には、いろいろな手数料がかかります。ここでは、各手数料がどのようなときにかかるか、その内容と特徴について見ていきましょう。Contents:1. 海外送金における6つの手数料1.1 送金手数料...

海外送金には、いろいろな手数料がかかります。ここでは、各手数料がどのようなときにかかるか、その内容と特徴について見ていきましょう。Contents:1. 海外送...

為替レートのイメージ写真

海外送金にかかるコストにおいては、為替レートに含まれる上乗せレートからくる為替手数料が大きな比率を占めます。そのため、送金手数料をトータルで節約するためには、為替レートについてきちんと理解しておくこと...

海外送金にかかるコストにおいては、為替レートに含まれる上乗せレートからくる為替手数料が大きな比率を占めます。そのため、送金手数料をトータルで節約するためには、為...

為替コントールの重要性のイメージ画像

海外送金・外貨両替というと、手数料にばかり目が行きがちですが、総額のコストに大きな影響を及ぼすのは、為替レートそのものです。為替レートが有利なタイミング、円から外貨への両替・海外送金であれば、できるだ...

海外送金・外貨両替というと、手数料にばかり目が行きがちですが、総額のコストに大きな影響を及ぼすのは、為替レートそのものです。為替レートが有利なタイミング、円から...

計算機の画像

クレジットカード、デビットカード、プリペイドカードを海外利用したときの手数料について、今ひとつわからないと感じている方も多いのではないでしょうか?特に、手数料が「換算レートにX%が上乗せされる」という...

クレジットカード、デビットカード、プリペイドカードを海外利用したときの手数料について、今ひとつわからないと感じている方も多いのではないでしょうか?特に、手数料が...

情報のイメージ写真

海外送金の手続きにあたっては、送金資金を用意するほか、送金人に関する情報・書類、受取人に関する情報、送金資金に関する情報が必要となります。英語での用語の意味を正しく理解して、必要な情報を間違いなく揃え...

海外送金の手続きにあたっては、送金資金を用意するほか、送金人に関する情報・書類、受取人に関する情報、送金資金に関する情報が必要となります。英語での用語の意味を正...

Definitionのイメージ写真

このコーナーでは、海外送金方法を正しく選ぶために理解しておきたい基本用語を簡潔に説明しています。サイト管理人の備忘録を兼ねて、適宜追加していきます。Contents:  1. 海外送金の手数料の用語 ...

このコーナーでは、海外送金方法を正しく選ぶために理解しておきたい基本用語を簡潔に説明しています。サイト管理人の備忘録を兼ねて、適宜追加していきます。Conten...